川の色がやや黄色味を帯びアユの川に変身したかの雰囲気
この一週間全く雨が降っていないのと急な気温上昇で珪藻類の成長が早くなったのかも
石の表面が心なしがヌルついて感じ、C&R区間しかわからないが、今日は良い雰囲気を感じさせない
バラシのあとランディングしたアマゴは
d0119443_22332718.jpg
水色を反映したような黄色いオリーブ色がかかっている
一日通して水生昆虫の成虫は姿を見せず
夕方、やっと掛けた一尾もあっけなくフックオフ
ボーズは免れたものの、完全な不完全燃焼で終了
次回からは鮎釣り師に悩ませられる季節になるのですね・・・

[PR]
by UncleTaku | 2018-05-27 22:51 | Fly Fishing

曇天と言っても薄曇り、もう少し日差しが薄いことを期待したのですが・・・
日中は全く鱒族の反応はなく、日が傾きはじめたら日中無反応だった同じ流れで
d0119443_17301885.jpg
ニジマス
d0119443_17302833.jpg
鰭や鰓蓋の形状から越年アマゴと思われますが
斑紋が不規則で数が多い個体
惨敗にはならなかったものの
ハッチもフォールもほぼ無く、ライズも確認できず
シーズンが一気に真夏にジャンプした雰囲気
釣行のタイミングだけだとは思いますが、異常な天候の影響もあるのでは

[PR]
by UncleTaku | 2018-05-19 17:54 | Fly Fishing

G.W.後半は雨の日が多く05/03に実施された追加放流の魚も散った事だろうし、連休からほぼ一週間、川の中も落ち着いたろうと二週間ぶりの釣行
ドピーカンの晴天で、夕方川面に山影が落ちるまでほぼほぼ河原の散歩状態
d0119443_16291256.jpg
結構速い瀬の流心部で果敢にアタックしてきたアマゴ
d0119443_16292295.jpg
鰭が大きく流石瀬に潜む魚という魚体
よく観ると鰓と鰓蓋の間にすき間
今年の成魚放流のアマゴ
状態の良い魚であれば成魚放流でも二か月ほどでこんな瀬に入って餌を摂るようになるんですね
解禁当初、一部の餌釣り師は「魚が小さい」とかなんとか文句を言っていたようですが
来年まで残っていてくれることを祈りながらリリース

[PR]
by UncleTaku | 2018-05-13 16:56 | Fly Fishing