アユの塊が大きいのは1m x 2mくらいの楕円形で、ガイドさんがいるのか緩い平瀬を一斉移動
水中の雰囲気が落ち着かないのか、アマゴはかなりナーバス
ゆっくりしたフッキングでもフックは口先
d0119443_16422241.jpg
もっとひどい時は先端に掛かって、きわどいランディング
アユが縄張りを持つまで暫くはこの状態が続くのでしょう
30年前には見かけなかった
d0119443_16423265.jpg
パーマークの多いアマゴ
地元の養殖業が衰退し、他河川の稚魚や成魚を放流し始めてからアマゴのボディデザインも多様化して
こんな派手好きさんも見られるように

[PR]
by UncleTaku | 2018-04-28 17:03 | Fly Fishing

稚アユ放流後に降った雨で放流場所からアユが散ったと言う監視員の話だが、緩い流れには各所にアユボールが見受けられる
平瀬の緩い部分にも入っているようで、ゴンと派手な魚信が伝わってくるがアマゴのそれとはまったく異種、しかし紛らわしい
水中の雰囲気が騒がしくなっているのか、アマゴもナーバスな感じで鉤掛が良くない
d0119443_17170184.jpg
夕方、川面に山影が落ち始め状況が少し改善したが終始落ち着きのない状況は続いた
安定するまで時間が掛かることは間違いないが、天候を見極めて釣行する事も大事な時期になってきました

[PR]
by UncleTaku | 2018-04-21 17:33 | Fly Fishing

天気図では高気圧に覆われ等高線の間隔もゆったりとしている、しかも翌日から低気圧及び前線が接近し天候が荒れるとの予報
d0119443_17181240.jpg
暫く雨がないのでこの時期としては異例の減水、20~30cmは水位が低い感じ
そこにきて想定外に強い風が吹き続く状況
瀬や淵の流心で反応がある、しかし水位のせいで少々神経質
夕方ヒラタカゲロウやコカゲロウ、ミドリカワゲラが多くはないが川面に現れた
d0119443_17180047.jpg
これぞ越年と言えるグラマラスなアマゴもキャッチ
とは言え同等のアタリを数回外しているのが悔やまれる
「風のバカヤロウ~‼」

[PR]
by UncleTaku | 2018-04-14 17:37 | Fly Fishing

04/01には蕾だった桜が満開、でも気温は低い
d0119443_17573404.jpg
午前10時半現在の気温は6℃
それでも11時半、水温は10.5℃
瀬や流れ込みの流心付近でもアタックが
d0119443_17580228.jpg
放流魚だけではなく、年越しのアマゴもぽつぽつと混じる
川は盛期に歩を進めているようです
時折風が強まり天候は曇り
d0119443_17581418.jpg
雨かと思いきや、雪交じり
釣果は良かったものの
午後6時、帰宅時の気温は4℃、解禁日より寒い一日でした

[PR]
by UncleTaku | 2018-04-08 18:14 | Fly Fishing

水温がやや上昇し、魚の活性が上がり始めてきた
平瀬で
d0119443_18074235.jpg
投入直後のフライにアマゴが飛びつく
d0119443_18075400.jpg
本日2尾目のホウライマス
d0119443_18080659.jpg
チョッとデカ目
9尾掛けて外見が少しぼやけ始めた#10のフライ
d0119443_18082368.jpg
終日この1本のフライで釣りが出来、老眼鏡の出番なし
渓流のフライフィッシングも面白い季節に入ってきました

[PR]
by UncleTaku | 2018-04-02 18:31 | Fly Fishing