早春のパターン?

解禁の声が聞こえだすと『フライの準備』が頭を過ぎります。
早春の虫の種類の少ない時期に、そう昨シーズンも活躍してくれた
d0119443_135532.jpg
Hook : DAIICHI1550 or TMC760SP
Rib : Flashabou or Flat Tinsel
Abdomen : Silk Floss
Thorax : Dubbing Fur
Hackle : Hen


ガガンボイマージャー
春だけではなく夏の時期にも、水生昆虫の少ない時に活躍が期待できる一本。
平ったく言えばソフトハックルフライの一種、とは言え個人的に使用時期は限定しています。
緩い流で使うのでハックルの動きが大きくなるようにと、従来より毛足を長くしてみました。




ナミヒラタ
水質の変化か気温の変化か?最近ハッチを見ることが少なくなりましたが、タニヒラタと並び早春の大型メイフライ。
d0119443_13435960.jpg
Hook : TMC104SP
Tail : C.D.L.
Rib : Flashabou or Flat Tinsel
Body : Dubbing Fur
Hackle : Coot


外見はソフトハックル(ウェットフライ)ですがファインワイヤーのフックに巻いてあるので水面に浮かす事もでき、沈んでも水面近くを流れるのでトラップドダンやイマージャーとしてナチュラルドリフトで使用します。
アタックが有れば水飛沫が上ったり水面が盛り上がったりと、水面上に目で捉える事ができドライフライの釣として楽しめます。
そろそろ本腰を入れて巻き巻きしなくては008.gif
[PR]
by UncleTaku | 2009-02-10 14:08 | Fly Tying