遅アワセ・・・?

「アワセのタイミングが上手く行かない」とか「アワセが遅かった」と、嘆かれる諸兄が結構多くないですか?
特にドライフライで釣られている方から、「アワセって難しいですね?」や「上手くフッキングできないんですけど、どのタイミングで合せたら・・・?」と尋ねられる事が多々あります。
話を聞いても現場で見ていても、大体の場合アワセが早すぎるように思います。
昔に渓流釣の本や某局のテレビで「ヤマメやイワナは俊敏で、0.2秒で餌か否かを見極める」と報じられ、定説になっていた頃があります。
そんな事が未だに信じられているとは思えませんが・・・
ドライフライに鱒が襲い掛かった水飛沫を見ると気が逸るのでしょうか?水飛沫が上がるや否や竿を煽る姿を目にします。
水飛沫が、もし水面を割って餌を喰おうと魚が顔を出した瞬間に上ったとしたら?
魚はまだ餌(フライ)を口にしていませんよね、その時に竿を煽ったらどうでしょう・・・魚は咥える前にフライが移動し咥え損ねます、当然フッキングしないわけですね。
理想的なアワセは「魚が水を割ってフライに出たら、水面にフライの姿がない事を確認してからアワセる」・・・と当り前の事になります。
実戦的な表現をするなら「水飛沫が上ったら一呼吸待ってアワセる」と言う事でしょうか、ルアー経験者ならトップウォーターの釣と同じと言う方が分かり易いでしょうね。
そう言う風に説明すると「ドライフライではラインからティペットに至る全てにタルミがあるから、それでは遅すぎるのでは」と問い返されます、そのタルミがあるから遅くても良いのですけどね。
例えば鱒が食べる生餌の全ては咥えられて暴れる事は在るかも知れませんが、引っ張る事は在りせんよね。
餌釣やテンカラ釣りを考えてみて下さい、釣針から竿までの間にタルミがあまりありません、タルミが多ければコントロールできないので最低限に留めています。
魚が釣針を咥えればたちまち釣り糸がピンと張って魚の口は竿の方向に引かれ、違和感を感じた魚は釣針を吐き出そうとします、その為早アワセが必要になる訳です。
それに引き換えドライフライでは、ドラッグを防ぐ為に水面に在る糸には十二分にタルミが作り出されています。
テンションの掛らないフライを咥えた魚が「偽者?」と思うまでには、釣人が考える以上に時間が掛る筈です。
そうそう、こんな経験した事はありませんか?
魚がフライを静かに吸い込んだ為に気付かず(あるいは見失って)、フライを探していたら竿が引っ張られ勝手に釣れてしまった事。
アワセをしなくても魚が釣れる可能性が有ると言うだけでなく、魚が「罠?」と気付くまでには随分時間が掛かると言う証です。
アワセのタイミングが難しいと悩まれているのなら、一度この「遅アワセ」と実践してみて下さい。
多分「意外に上手くいく」と思われる事でしょう、そうでない場合は他に原因(ドラッグとか)があるのかも知れません(笑)
[PR]
by UncleTaku | 2009-02-05 17:28 | Fly Fishing