1/18 Fly Casting Lesson

♪小~ぬか~雨降る~♪♪(古い?)
では無く小雨の降る中、参加者6名。
気温は9℃近くまで上がったようですが、雨のせいで少々底冷えを感じる状況でスタート。
d0119443_13364737.jpg
風は弱くレッスンに悪影響を及ぼすほど吹く事も無く、午後3時頃にはその雨も一旦あがるなど「結果オーライ(これも古い)」のレッスンでした。
集まってくれた6名のキャリアや技能はマチマチで、其々課題を抱えています。
全員がと言う事ではありませんが、キャスティングがスムーズにできない人の共通点は見えてきました。
その共通点は「投げよう、とする気持ちが強い」のだと思います。
ロッドティップを一直線に加速し続けロッドを曲げ、ロッドの反発力を利用してティップの軌跡の延長線上にラインを伸ばすように心掛けると、上手くラインが飛んで(伸びて)行くのですが。
「ラインを投げよう」とする気持ちが腕の各部の動きを増幅させ、ロッドティップの軌跡が曲線になりスムーズにキャストできなくなっているのです。
説明して修正した時は上手く行くのですが、自分で練習して行くうちに元に戻ってしまう。
気持ちも含め動きを修正するのは時間が掛かる事だと思います、でも個人的にこれからレッスンの時に「Cast」と言う言葉を日本語の「投げる」に置き換えずに「伸ばす」と言う言葉を使うようにしようと思います。(それで良くなるかどうか・・・?)
ともあれ、寒い中参加していただいた皆様「お疲れ様でした!」

そうそう、先月のレッスン後キャスティングの腕やロッドの動きを自分なりに図にして解析し、見えてきた腕の各部の動きの連携とラインの方向と言うものも自分で試す事もできました。
説明すると「何ヤ、当たり前ヤン」みたいな事ですが、意外に意識していなかった事なんです。
しっかりと固まりましたら、何かの機会に発表してみます。
・・・期待しないで下さい(笑)
[PR]
by UncleTaku | 2009-01-19 14:41 | Fly Casting