メンテナンス

シーズン中ほぼフル活動の愛竿、Nakamura Rod/Spring Creek。
オイルフィニッシュの仕上げなので、十二分に乾燥させてオイルで拭き上げます。
荏油と言ってしそ科の荏胡麻と言う植物の種子から搾り出した油、昔の明かり取り用の油(燈油)として用いられた物の一種。
薄く塗りこんで1~2時間置いて空拭き、また数日乾燥させて布で磨きます。
木製品の表面を保護し乾燥させた樹脂表面は防水性も高く良い艶が出る、自然な艶で輝くのでテカテカにならず落ち着いた光を放ちます。
d0119443_1351496.jpg
来シーズン気持ちよく使うために後1~2回作業を繰り返します、本当は1回で十分らしいのですがロッドに『ありがとう』の気持ちをこめて。
東急ハンズで聞いた話ですが、樹脂系の天然植物油でワックスアップをすると木材の繊維が活性化し持ちも良くなるそうです。(あまり意識せずに今までやってました)

「表面に薄い擦り傷が付いてるなぁ、来期も頑張って魚引っ張り出してや」、ほぼ1ヵ月仕事です、おっと!もう一本あった(汗)
[PR]
by UncleTaku | 2008-11-27 14:10 | Fly Fishing