3週間ぶり・・・天川釣行

昨日行って来ました、お盆と免許更新で2週間のご無沙汰・・・永かった~
日曜日に寒冷前線が日本列島の西から東へ通り抜けたが期待した雨は無く、週明けの月曜日から朝晩の気温がグ~ンと下がり秋らしく過ごし易くなりました。
このまま涼しくなるのか?そうは行かないのでしょうね(笑)
一方釣行の方は水温14度で気温は22~3度(正確には分かりません)と絶好調のはずが・・・
魚の反応はスコブル悪く、入った場所が悪いのか?それとも運が悪いのか?上流部では魚の姿すら見えません(涙)
漁協監視員のI氏曰く
「一昨日から急に気温が下がり水温も下がったから、魚は沈んでるわ虫は全く出てこんわ、毛鉤には辛い状況やで今日は!ワシもここ数日やる気が起きん」
彼はテンカラ釣師でもあるので的確なアドバイスを貰えるのですが・・・今日は良くない・・・のですね・・・
「御手洗辺りの方がマシやろう」のお勧めをいただき、本流のイヴニングはそちらへ
で、フライを銜えたのは
d0119443_18382515.jpg
15cm程の「パー」
ニジマスの幼魚、パーマークもハッキリ!
オフには管理釣り場を営んでいる場所とは言えこんなに小さなニジマスを放流する事はありませんし、この綺麗な姿からニジマスがこの流域でも再生産(繁殖)している事は間違いありません。
下流になる九十九尾ダムでも再生産と思われる20cm強の綺麗なニジマスが釣れる事を考えると混生域になりつつあると考えられるのでは?
個人的には野生のニジマスなら大歓迎ですが「アマゴの清流」と言う謳い文句が・・・
とは言え、この場合釣人の不法放流では無いのでフライフィッシング天国になったら、万々歳!!
(爆)
[PR]
by UncleTaku | 2009-08-27 18:58 | Fly Fishing

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ