ラビリンスⅡ

昨日、天川へ釣行
カワゲラやモンカゲロウが飛び、ハイシーズンの気配。
緩い流にいる魚は警戒心が強く、ライズをしていてもフライを見破るかのごとく見送ってくれる。
流速のある流の魚は、やる気満々。
だがフライをくわえさせられたのはイヴニング、明るい間は魚を見つけてもうまく食わせられなかった。
まだ脱出できてないのか、ラビリンスを  (-_-")
[PR]
# by UncleTaku | 2007-05-06 17:20 | Fly Fishing | Comments(0)

初夏

このBlogを始める2週間前は、サクラでモァと赤味をおびた薄い灰色の遊歩道。
今日は空も青く(少々白っぽいですが ^^; )新緑の風景に
d0119443_12104153.jpg
サクラも緑の木に
d0119443_12125263.jpg
歩道脇にはツツジの花が(大丈夫です名板に「ドウザンツツジ」と書いてました)
d0119443_12172530.jpg
これらも30年くらい前に宅地開発で造られた(一部は自然のままでしょうが)環境だが、今となってはこれも自然な感じ
日差しは暖かく、木陰を吹き抜けてくる風がヒンヤリと心地良い ^^
川で風が吹くと腹がたつのに.....
[PR]
# by UncleTaku | 2007-05-03 12:29 | 季節 | Comments(0)

ラビリンス

4/28,風の強い一日でした。
そんな風のなか川原で、こんなのを見つけました。
d0119443_16524590.jpg
そう、タンポポです。
そして
d0119443_16532592.jpg
スミレ
正式な名前は分かりません、植物は苦手なものでねっ。
背は低いのですが石の隙間にシッカリ根を張って、
えぇ、釣の話じゃないのって。
スミマセン、m(_ _)m
どうも「釣れないラビリンス」に迷い込んだみたいです (TへT
[PR]
# by UncleTaku | 2007-04-29 17:01 | Fly Fishing | Comments(4)

顔を出さないライズ

3週連続悩まされている、あの顔を出さないライズ。
流速のそこそこある流れなら問題ないのだが、緩やかな流れのなかでのライズはなかなか手強い。
ドライフライや水面下に完全に張り付くタイプのフライは完全に無視。
浮力の無いイマージャーパターンでは流が緩く、ドリフトしていくとフライが彼らの層より下へ沈下してしまう。
で、こんなフライで挑戦してみようかな。
d0119443_18362177.jpg
ウィングに浮力を持たせ、かつその浮力も水面下にサスペンドするのがやっとくらいの。
[PR]
# by UncleTaku | 2007-04-26 18:57 | Fly Tying | Comments(2)

Winston Boron Ⅱt

Winston Boron Ⅱt #3/8ft ロッドで釣行してきました。
釣行記はおってH.P.にUPしますが、ここではこの新ロッドのインプレッションを
d0119443_1451367.jpg

ミディアムアクションロッドと言うこともあって、キャスチングの感覚はかなりバンブーロッドにちかく。
ストロークを早くすると確実にテーリングループが生まれ、飛距離も短くなってしまう。
ゆっくりとそしてロッドを曲げるようにストロークすると、想像以上に力強いループが転回していく。
ラインを5mくらいしか出さないショートレンジでも、リストだけで振るような感じでキャストすれば正確にフライをターンさせられ狙ったスポットに入れることができる。
遠投もさすがにグラファイトロッドだ、ホールをくわえると2~3ストロークで15~18mくらいのDTラインを楽々飛ばすことができた。
今回、釣果が伴わなかったのが.... (T^T
[PR]
# by UncleTaku | 2007-04-23 15:27 | Fly Fishing | Comments(2)

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ