元々は・・・

d0119443_15451311.jpg
元々はプールや淵など緩い流れの中で沈み過ぎないフライとして考えたモノ
カラーハックルのみのいわゆるスパイダーパターンは主に瀬
それも流れがそれなりに速い場所で使い、縦ターンに魚が反応するのだと信じていました
ターン終盤のテンションがマックスになったタイミングでのアタックがあまりにも多いので、瀬の魚は表層を意識しているのではと今年は速い流れでもトライ
それなりの成果が
仮説も満更外れてないようです

[PR]
by UncleTaku | 2014-05-30 16:12 | Fly Tying | Comments(0)

d0119443_16311184.jpg
1年魚でしょうね17cm程、成魚の放流モノと違って鰭が大きい

瀬で釣ると、フライの流下終わりにアタックが多いので
中層と表層、沈み方の違うフライを同じ瀬で比べてみました
中層タイプは流下終わり、表層タイプは流下開始から終わりまですべての状況でアタックがある
瀬に入ったアマゴは川底近くに定位していても、表層を意識していることを再確認
災害で壊れた川が回復しつつあるとはいえアベレージサイズが20cmを切る現在、ウェットフライフィッシングではフライセレクトの重要な要素だと思います

[PR]
by UncleTaku | 2014-05-28 17:04 | Fly Fishing | Comments(0)

d0119443_15113253.jpg
ちらほらカゲロウが飛び始めたら突如の夕立
もう何年も遭遇した記憶がないザザ降りの夕立に少年時代を思い出したが
悲しいかな辺りからカゲロウがパタリ居なくなった T^T
d0119443_15114210.jpg
空全体が雲に覆われたり、カーッと日が射したり、突風に土砂降りの雨、盛り沢山の天候でした

[PR]
by UncleTaku | 2014-05-23 15:34 | Fly Fishing | Comments(0)

d0119443_14231522.jpg
ヒメヒラタカゲロウ
d0119443_14232758.jpg
セスジミヤマタニガワカゲロウ
d0119443_14233545.jpg
トビイロカゲロウ
他にもガガンボ、カワゲラ
川に立つと目につくのが飛び交うセスジミドリカワゲラ
全体的に黄色系統の水生昆虫が目立ちます
それらの虫も日中は快晴過ぎて姿を見せず
夕方になって、やっとアマゴが姿を現してくれました
d0119443_14235131.jpg
川面に木陰すらない本流部では、朝早くか夕方、もしくは曇りの日が良いですね

[PR]
by UncleTaku | 2014-05-14 14:45 | Fly Fishing | Comments(0)

d0119443_16062184.jpg
ホームにしている南日裏付近、5/2に追加放流があったのと最終日とは言えゴールデンウィーク、いつもに比べると釣り人が多かった
淵やプールは釣り人に攻め続けられたせいで魚はナーバス
プールの流れ込みでフライを銜えてくれたアマゴ、フッキングは下あごの先端
天気が良かったので日中は不調、曇り空の日が良さそうです
午前と夕方は飽きない程度に遊ばせてもらいました

[PR]
by UncleTaku | 2014-05-07 16:23 | Fly Fishing | Comments(0)

d0119443_14130263.jpg
夕方4時半、大きな蚊柱が何本も
画像では解り難いかも知れませんが、中央の画素が粗いように見えるのが蚊柱です
水面に激しいライズが・・・全くありません^^;
この日アマゴのアタックがあったのは、流れ込みやヒラキ、瀬の流れが緩む場所
午前中と夕方が中心でしたがそこそこ楽しめました
d0119443_14130973.jpg
17cm~20cm位と水害前に比べるとまだまだ小振りですが、肥えてます
河川状況は年々良くなりつつあるようです
本日05/02が九尾ダムより上流部と洞川地区(山上川)の成魚追加放流日なので
にわか渓流餌釣師でごった返す前日の釣行と洒落込んでみました^^y

[PR]
by UncleTaku | 2014-05-02 14:48 | Fly Fishing | Comments(0)

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ