怠け癖?・・・

d0119443_2273935.jpg
夏バテにかまけて週一ペースに身体が馴染んでしまったのでしょうか?
中1日では身体が重い

今日のランニング
ラン:10.6km/1時間03分00秒

速度を落としてでも身体を馴染ませる必要があるのでは?
[PR]
by UncleTaku | 2013-09-19 22:13 | Sports

d0119443_22152888.jpg
来季の解禁までは真面目にランニングに取り組もうかなと
週3回のスタートは守ってみた
色んな事情でそれを完徹することは無理だと思うし、そこまでストイックになると続かないでしょうね
従来通り、理想は週3回と言う事で ^^;

今日のランニング
ラン:10.6km/1時間03分44秒

それなりに頑張ろう~っと
[PR]
by UncleTaku | 2013-09-17 22:26 | Sports

速度控えめ・・・

d0119443_2051784.jpg
速いことが全てではない体力づくりのランニング
速度控えめで少しでも余裕を持ちたいと考え
スタートから速度を控えめで
下り坂でどうしても速度が上がってしまうが、無理に抑えると踵着地になってしまうので、そこは成り行き任せ
そのあとの速度をできるだけコントロール

今日のランニング
ラン:10.6km/1時間04分38秒

相変わらず給水は歩きでないと上手く取れない、走りながらだとむせてしまう
練習すればできるようになるのか?歳のせいか? ^^;

明日は今年の天川村アマゴ漁最終日、台風で大雨の予想
天候を見て出撃の有無を決めます
間近で見た鉄砲水の速度、遭遇したら多分逃げ切れないでしょう
自分だけは大丈夫と言う考えは捨てた方が良いと思いますよ!
[PR]
by UncleTaku | 2013-09-14 20:59 | Sports

d0119443_2138069.jpg
1週間ぶりです
暑さや夏バテ等言い訳材料は山ほどありますが、この夏はサボリ過ぎました ^^;

今日のランニング
ラン:10.6km/1時間02分43秒

コアトレの成果が出てきているのか、フォームはかなり安定してきてきました
如何せん、夏バテのせいか心肺機能の方が少々力不足
9/16から天川村はアマゴ禁漁期間に突入
来春までランニング、真面目に取り組もうと今考えています
[PR]
by UncleTaku | 2013-09-12 21:51 | Sports

09/09 天川本流にて・・・

人間が都合に合わせて造形しても、自然と言うものは自身が心地よい状態を形作ってしまうものです
鉄砲水がもたらしたものは
d0119443_1461276.jpg
水害前の川の姿
全部が完全に戻ったのかと言うと、不完全
しかし流れ全体の動線は20年前に近い形状、如何せん深さがまだまだ
九尾ダムが砂利で満杯なので、それより深くなることは難しい様だ
全面禁漁になる来月からアマゴ解禁前の翌年3月まで、九尾ダムの砂利取りが行われるらしい
川底はまだまだ不安定で、底石で動くものもあったり砂地は足が沈むほど柔らかい場所もある
瀬や流れで反応は出るが、フライがターンし終わった時に「ガツン」
再度のトレースには全く反応が出ない
表層に興味ありと
リード、ドロッパー共抵抗が大きく浅い層を流せるタイプに変更
今度はターン終了前に食わせる事に成功
d0119443_14365735.jpg
d0119443_1437836.jpg
無邪気な、おチビばかり
大人はまだその気にならないようです
アマゴ禁漁まであと6日、その気になってくれるか否か ^^;
[PR]
by UncleTaku | 2013-09-10 14:44 | Fly Fishing

少し楽かな?・・・

d0119443_2115011.jpg
コアトレーニングを取り入れて10日余り、どの程度効果があるのか楽しみです

今日のランニング
ラン:10.6km/1時間02分56秒

雨で延び延び、1週間空いたランニング
下り坂の気になるフォームの乱れも少なくなり、タイムの割に疲れが少ない様な
感覚で言うなら「少し楽・・・かな?」
体幹が確りしてきたのなら嬉しいのですが
腰痛防止のためにコアトレは、これからも続けて行くつもりですけど
[PR]
by UncleTaku | 2013-09-05 21:30 | Sports

午前8時、曇り空のもと南日浦の河原に立つ
釣歩くこと約2時間、雨が強く降ってきたので中断
いつもの溜まり場、キャンプ場の管理棟で地元知人と雨宿りを兼ねて雑談
2時間余り時間を潰したころ、さっきまでのザーザー降りの雨も治まり太陽が雲間に顏を出した
2度目のダム放水放送から3時間、20~30cm程水位は上がったであろう、水の色はクリアー
「次の降り出しまで、ちょっと遊ぶわ」と竿を取るため川に背を向けた
次の瞬間、ドォ~ともゴォ~ともつかない聞きなれない音に振り向くと
クリアーで穏やかな水の上に高さ50~60cm、イヤもっとあるかも知れない濁流が覆いかぶさるように流れ下ってきた
慌ててカメラを取り出し川に向けた
d0119443_16191656.jpg
あっという間に濁流が川面を覆った尽くした
25分後には
d0119443_16194938.jpg
川幅全部が濁流
河畔に茂っていたであろうヤナギも混じったカフェオレ色の水
上流部で鉄砲水が出たのかも?イヤ?目の前の現象が正に鉄砲水ではないか
雨が10分早く上がっていたら、あの水に呑まれていたかも
危うし危うし ^^;A
顔見知りの友釣り師達は無事だったようだが、突然の事だったので犠牲者が出てなければ良いのですが
[PR]
by UncleTaku | 2013-09-04 16:38 | Fly Fishing

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ