<   2011年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

先日・・・

A氏とフライキャスティングの話をしておりました
彼のフライフィッシング暦は、かれこれ16年、釣の腕前は結構なものでございます
現場でも何度も出会っており、度々釣をする姿を観察(笑)させて頂き
一昨年、キャスティング・レッスンに誘わせていただきました
初参加の時に腕やリストの使い方をチェック、修正箇所を提案したのですが
それからの彼の取り組み方の凄い事、帰宅後ほぼ毎日の様に短時間でもキャスティングの練習に励んだそうです
そして今やHS/HLに取り組んでいて、本人曰く「まだ習得できたとは言えないが、その感覚は分かって来た」との事ですが
今回のキャスティング・レッスンではロッドティップから15m前後のラインを出して、前後に先の尖ったパワーのある
d0119443_14114563.jpg
こんな感じのループを何度もキャストされていました

良い釣をしたいと加わったレッスンでキャスティングの面白さを感じ、練習すればするほどキャスティングが良くなり、結果として釣果が上がり益々上のテクニックが欲しくなる
上手くなる人って、そ~なんですね~

感心している場合ではありません、私も頑張らなくては・・・って事で、先日も一生懸命に練習方法を聞き出していました(爆)
[PR]
by UncleTaku | 2011-02-28 14:16 | Fly Casting

清々しい・・・

d0119443_15473682.jpg
6時半、朝焼けの空
この位置に朝日が昇るのでしょう
陽の光が神々しいと言うのか、見ていて清々しい気持ちになる空模様
寒くは無く、身が引き締まる程度の気温
眠気が吹き飛びました

今朝のジョギング
ラン:3km/17分(中)、全行程:4.2km/28分

呼吸を、呼気4歩より速くならないようにだけ意識してランニング
やっぱりペースが少し上がりました
ランニングペースと呼吸方は、個人的にですが関係ありそうです
呼気6歩を暫く続けたお陰で、上り坂でも呼気4歩で苦しくならずに済みました
多少なりとも心肺機能がUP下のでしょうか?
これから気候も良くなるので、呼気4歩でランニングペースを少しだけ上げてみようと思います
それが上手く行ったら、そろそろ1時間ランニングにトライしてみようかと・・・
[PR]
by UncleTaku | 2011-02-27 16:06 | Sports

d0119443_1321597.jpg
タニヒラタカゲロウをイメージしたWet fly

我がH.R.では3月中旬から4月初旬に出会う事がありますが、数的に多いとは思えない
ただこの時期はカゲロウの盛期に至っていないので、魚からの注目度はかなり高いと思います

昨年も、時期的にまだ魚が入ってはいないだろうと思える早瀬で
タニヒラタがハッチし水面に飛び出してきた途端それまで気配の無かった水面に、それを追ったであろうと思えるアマゴやニジマスが姿を現したのです
毎年でな無いが今までに何度か遭遇した記憶があり、マッチング・ザ・ハッチのフライとして巻いてみました

最近Wet flyにハックルティップのウィングと言うのがお気に入りなんですが、取り付け方に少し工夫が必要でしょうね ^^
[PR]
by UncleTaku | 2011-02-26 13:52 | Fly Tying

走り易い季節に・・・?

今朝は暖かかったですね、午前6時でも気温は7~8度あったのではないでしょうか
ストレッチで身体をほぐし、6時半に外へ出ると結構明るい
一歩づつ季節は春に向けて進んでいるのでしょう、とは言えまた寒い日もあるんでしょうけど(笑)

今朝のジョギング
ラン:3km/18分(丁度)、全行程:4.2km/28分

暖かいので少しペースが上がったような気がしましたが、1km/6分ペース、何にも変わっていません
呼気5~6歩間を維持して走る速度は、私の場合この辺が限界なのかも知れません
呼気4歩間に戻したらどうなるのか、チャンスがあれば後日試してみましょう

午前7時の東の空
d0119443_13202671.jpg
日の出時刻は30分ほど前に過ぎていますが、雲が多く太陽の姿は見えません
雲底が乱れて尻尾の様になっている部分も・・・降水があるかも知れません

それにしても、朝のランニングが気持ち良い季節になってきましたね
課題の早寝、何とかしなければ・・・^^;
[PR]
by UncleTaku | 2011-02-25 13:35 | Sports

親指より小指・・・

昨日の夕方、雨が降る前にキャスティング練習と公園へ
d0119443_13294713.jpg

やけに低空でトンビが輪を描いて飛んでいる、正確にはトンビの様に見える凧(?)
私がキャスティングの練習に出てくるくらいだから風は弱い、無風と言っても良いくらいの状況でその凧らしき物は一本の糸に引かれて空中で地面と平行の輪を輪を描き続けている
カメラを向けたが『話もした事の無い人を了承も得ず撮影するのも』と、思い止まった
後で話す機会が出来たので、その凧らしき物の事を聞いてみました
中国の凧で、ホィールのような糸巻きに巻き込んだ糸の出し入れで操作し、ほぼ無風状態でも上げる(飛ばす)事が出来るものだと言う事でした
後日チャンスがあれば撮影させていただく事にします、言葉だけでは分かり難いと思いますので
スチール写真でも分かり難いかも知れませんけど(笑)

話はキャスティング練習に戻して
フォワードキャストで伸びきる前にラインがテーリングっぽくなるのは、バックキャストのリストに原因があると感じ修正に取り組みました
親指で確り壁を作りストップまでリストを閉じた状態を維持し、ストップ後親指の力を抜いて(ややリストを開いて)ロッドを静止させます
普通の速度でロッドを振っている分には何の問題も無いのですが、ラインスピードを上げて行くと親指はロッドに物凄い力で押され、やがて力負けしてきます
そうなると、やはりフォワードの後半はテイリング気味に
そこで思い出したのが小指の存在
他人には「ロッドは小指(場合によれば薬指も)で確りホールドしてそれ以外の指は添えるように握る」等と説明していながら、その存在を忘れていました
バックキャストのストップ直前に小指で確りロッドを握ると言うか、グリップに巻き付けた小指をリスト側へ引き付けるように力を入れ、ストップと同時に力を抜くのです
そうする事で親指に掛かる力を軽減出来るばかりか、抜きに掛かるタイミングも良くなる感じがします
フォワードキャストの時もストップ直前に親指でロッドを送り込むと同時に小指をリスト側へ引き付けます、するとロッドに最後の一押しが加わり僅かながらラインスピードが上がります
キャスティングでは、親指より小指の働きの方が重要なのかも知れません

しかしこの感触、シャドーキャスト(パントマイム)では掴み難い ^^;
[PR]
by UncleTaku | 2011-02-24 14:28 | Fly Casting

天気晴朗なれど・・・

d0119443_12591467.jpg
飛行機雲多し
北の空、関空方向にも4本ほど
上空の湿度が高いのでしょうか?
午前9時の地上は爽やか、日向は暖かさを感じます

遊歩道の舗装替え工事で100m程不整地を走らされたり、運悪くスクランブル信号に引っ掛ったり
スムーズには行かなかった
今朝のジョギング
ラン:7.2km/44分

不整地と言っても遊歩道脇の草地なんですが、凸凹あり木の根ありと舗装路を走るより足を高く揚げる必要があり
クロスカントリーランは、きついスポーツだなと実感させられました
颯爽と走るのは無理かもしれませんが、トライしてみたい衝動に駆られます
しかし身近な場所に、そんなに大きな公園はありません
短い距離でも所々に加える程度であるなら出来るかも知れない、そう言うコースを考えてみるのも面白いかも知れません
現在のランニングの実力ではそこまでの余裕はありませんけど(笑)

河原を歩き回る我が趣味から考えると、そっちの方が良いトレーニングになるかも・・・? ^^; ムリムリ
[PR]
by UncleTaku | 2011-02-23 13:34 | Sports

綴じが・・・

秋からショートストロークと言う課題に取り組んでいますが、そこにハイスピードラインと言うテクニックを身に着ければ距離も精度も飛躍的にUPする
ショートストロークでナローループを作り、ラインをハイスピードにする事でベリーの下がりを生じさせず、リーダー&ティペット迄を完璧にターンさせるキャストが出来ると言う訳
知ってはいますが、実に難しいテクニックです

ヒントを探して、何度読み返したか分からないこの教本をまた読み返しています
d0119443_1233222.jpg
練習現場で広げていたりした本だから、綴じがもう・・・

上手く行かない原因の一つは、やはり一昨日のキャスレで見付けて貰ったリストにあるようです
短いストロークでロッドを充分に曲げ込むのですから、緩みの無いリストコントロールが必要と言う事ですね
どのスタイルのキャスティングもリストコントロールは重要ポイントになりますが、その時間が短いほど精度が必要になります
ほんの僅かなズレがループを広げたり、運動エネルギーのロスを招いたり・・・

タイミングですから、練習と反省を繰り返し身に着けていくしかないですね~ ^^
[PR]
by UncleTaku | 2011-02-22 13:12 | Fly Casting

昨日、関西域渓流シーズン突入前の最終キャスティング・レスンを行いました
d0119443_1303296.jpg
この画像だと優雅にノンビリと、の感じですけど
シーズンイン間近と言う事があるのか、皆真剣でした
其々抱えた課題を解決しようと、自身のキャストをチェックし修正に取り組んでいました

後半は実戦への備えと楽しさをプラスする為に、標的を設置
d0119443_1375855.jpg
直径約50cmの標的と10m及び20mの目印を60°の扇状に2ヶ所儲け、思い思いの距離からアキュラシーの練習
理想は、フライ代用のヤーンから標的に着陸です
10mくらいからならかなりの確率で理想通りになるのですが、20m近くなるとなかなか上手くは行きません
ラインから着地してその後フワフワとヤーンが落下、風に吹かれて標的から外れてしまいます
ラインにパワーを乗せリーダー&ティペット(L&T)が綺麗にターンするように、あるいは射出位置を高くしてL&Tをターンさせ易くしようと・・・
皆で最終キャスレを堪能いたしました

私は・・・今後の自習に課題を抱えてしまい・・・ ^^;
[PR]
by UncleTaku | 2011-02-21 13:37 | Fly Casting

78歳!・・・

午前8時40分、薄曇の空
d0119443_10482028.jpg
風は弱く穏やかな天候なれど、陽射しが弱い為温かさは無い
寒くも無いが、冬の朝のイメージ

今朝のジョギング
ラン:7.2km/43分

復路で、朝よくすれ違い挨拶を交わすようになったシニア・ジョガーと出逢い、一緒に走らせてもらいました
すれ違い時はあまり速く感じなかったのですが、併走してみると結構速い
全く同じ速度(合わせてくれたのかも?)、およそ10km/h弱
見た目で70歳前後だろうと踏んでいたが、なんと御歳78歳!・・・恐れ入りました
14~5年前から、寝たきりや車椅子の生活にはなりたくないと、スポーツクラブに入ってランニングを始めたそうです
いや~!凄い

我輩も、頑張らなくては・・・(苦)


午後からキャスレに、行ってきま~す
[PR]
by UncleTaku | 2011-02-20 11:11 | Sports

ダイビング・・・

昨日のフライを水に浮かべてみました
正確には、一辺9cmの立方体プールに60cm程の高さからダイビングしてもらった訳です
d0119443_13221279.jpg
想定通りの形状で浮いています
魚にはシャンクの半分くらいしか見せないので、CDCで水面に吊り下げる#20以下のフライと同サイズに見える訳です

それにしても、この手の撮影は難しいですね
コンデジのオートフォーカスはフォーカシングアイがレンズから離れた位置にあるので、そこが水面より上か下かでピントの合い方が異なります
水中部分は屈折するので実物より手前の虚像の位置、水面より上は実像の位置にピントが合わないとボケてしまいます
これは水面上にピンが来た様です(苦)

ピントは兎に角、思った様なフライに仕上がりました

後は魚が狙い通りに見てくれるかどうかです、そちらの方が大きな問題なんですけど(笑)


PS:
先月のキャスレは強風で中止せざるを得ませんでしたが、明日は大丈夫そうです
参加の皆さん、解禁(関西域)直前の練習です
本番目指して、頑張りましょう
[PR]
by UncleTaku | 2011-02-19 13:57 | Fly Tying

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ