<   2011年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

先日のヘアウィング・ダンの私的タイイング手順で行った、スレッドワークでテールをスプリットする私的方法を少し
私的と言っても本や雑誌で紹介されているもので、長年行っているうちに自分流に変化しているかも知れないので私的をしておきます

先ずテールの取り付け
今回は左右に分けるので、テールとして取り付けるファイバーの数量は偶数本にしてあります
下巻のスレッドをシャンクの1/2くらいまで巻進めたら、テールを取り付けファイバーがフックワイヤーの上面に1列に並ぶ様シャンクの終点まで丁寧に巻き進めます
d0119443_1425383.jpg
爪をテールの付根に軽く押し当てファーバーを扇状開け、軽く癖付けをしておきます
d0119443_14102838.jpg
この時ファイバーが重なり合っている様ならテールを取り付け直してください、そのままでスプリットしてしまうとファイバーの方向がバラツキ綺麗なテールに仕上がりません

ニードルをフックとテールの間に差し込み、ニードルをオーバーラップする様にスレッドを1~2回掛け、静かにニードルを抜き取りながらテールの際にスレッドを締め込みます
d0119443_1416491.jpg
今度はニードルをシャンクと並行にし、先程と同様にニードル越しにスレッドを同回数テール際のスレッドに重ねる様に掛け
ニードルを静かに抜き取りながら、スレッドを重ね締めし小さなコブを作ります
d0119443_14204951.jpg
小さなコブを基点にして左右にテールファイバーを分け、スレッドを手前のファイバーとフックワイヤーの間に滑り込ませ
奥側のファイバーの付根アイ寄りに掛けます
d0119443_14273092.jpg
1回転して手前に来たスレッドを今度は手前のファイバーを押さえ込まない様に、奥のファイバーとワイヤーの間に滑り込ませタスキ掛けにします
d0119443_14331237.jpg
このタスキ掛けを1~2度施す事で、テールを綺麗にスプリットする事が出来ます
d0119443_14335644.jpg
ダビングボディーを作る場合は極薄くダビングを施したスレッドでタスキ掛けを1度しておくと、下巻が隠れて綺麗な仕上がりになります
クイルボディーの様にラッピングボディーにする場合はボディー材がテールを押さえず下巻があまり見えないギリギリに取り付けると綺麗に仕上ります

綺麗にスプリットするコツは、シャンク上面に1列にテール材のファイバーを整列させる事と
タスキ掛けする時にテール材のファイバーに適度なテンションを掛け、スレッドに持って行かれない様にする事でしょう

少し練習すれば出来ると思います、一度お試しあれ
[PR]
by UncleTaku | 2011-01-31 15:13 | Fly Tying

午前6時半、気温は恐らく氷点下
風が強くしかも冷たい
ウォーミングアップにウォーキングもエキササイズウォーク並の速度にしてみたが、5分くらいでは身体は温まらない

今朝のジョギング
ラン:3km/18分(丁度)、全行程:4.2km/28分

低温と強風で3kmのランニング終了間際まで汗が出て来ないコンディション、試している呼吸も乱れっぱなし
寒さは体力を奪うと言われている事を、身を持って感じた30分でした

今朝の東の空
d0119443_12243258.jpg
遠くの朝焼けと真上の雲、グレーの雲が足早に流されていきます

真夜中に開始になったサッカー・アジアカップ決勝戦、0-0のまま延長戦に突入
延長後半に李忠成のボレーシュートが決まり、1-0で日本が優勝を手に・・・
その喜びとは裏腹の今日の天候、しかも今日は大阪国際マラソンの日
ランナーも大変なレースを強いられる事になるのでしょうね、風だけでも弱まってくれれば良いのですが(祈)
[PR]
by UncleTaku | 2011-01-30 12:38 | Sports

手順を・・・

今回は、「ヘアウィング・ダン」のタイイングを、私の手順で紹介します
ヘアウィング・ダンはレネ・ハロップ氏考案のスプリングクリーク・フライですが、フリーストーンの流れでも充分な浮力があり使いやすいフライだと思います

先ずフックに下巻を施し、テールをスプリットにして取り付け、シャンクの真ん中くらいにハックルを取り付けます
d0119443_1303594.jpg
このスプリットテールはスレッドを襷(タスキ)掛けにして左右に分けていますが、ダビング材で小さなコブを作りそこを基部に分ける方法もあります
ハックルは裏が手前を向く(巻けば裏がアイ側を向く)様に取り付け、スレッドを咬ませてストークがフックシャンクに対し直立するようにしておきます

下地を均すように様に縒りを解いたスレッドでテールの付根辺りまで薄く巻進め、ダビング材を薄く施しててハックルの根元まで少しテーパーを漬けて巻く
引き続き、ダビング材を先程よりほんの少し多めに施しソラックス部を仕上げる
d0119443_13133395.jpg
この時ウィングの着け代とヘッドのスペースとして、アイ2個分ほど残しておいて下さい

ソラックス部にハックルを4~5回転ほど巻き止め余分をカットします
d0119443_1323148.jpg
ハックルは密に巻く必要はありません、エルクヘアカディスのボディーハックルほど広くはありませんが少し間隔を空けて巻いてください

ハックルを止めたスレッドを2回転ほどアイ側へ巻進め、そこに先端をスタッカーでそろえたディアヘアをシャンクの真上(ヘアがフックに回り込まない様指で確り固定してください)に、スレッド2回転ほどで確り取り付けます
d0119443_13292373.jpg
この時ディアヘアがシャンクの上に立ち上がり、横から見てメイフライのウィングの様に開いていれば成功です
エルクヘアカディス同様ディアヘアの分量が多くなり過ぎない様、どちらか言うと少なめに取り付けるのが姿良く仕上げるコツです
視認性を意識し過ぎてディアヘアを多めに取り付けるとフライが逆立ちしたり沈み易くなり、使えないフライになりますので少な目を意識してください

ウィングとして取り付けたディアヘアの余分(バット側)を持ち上げ、エルクケアカディスの時の様にヘアとフックの間にスレッドを1~2回転滑り込ませヘアを抜けないように固定し、スレッドをフィニッシュします
余分なヘアはアイの先端くらいの長さを残して切り落とし、残った部分はヘッドに見立て
下部のハックルを逆V字型にカットオフして出来上がり
d0119443_13502341.jpg
スプリットテールは少し練習が必要かも知れませんが、ウィングが後付けなのでハックルも巻き易く
タイイング初心者でも、エルクヘアカディスがタイイング出来ればそんなに難しく無く出来ると思います
ハックルファイバーでスプリットテールを作るのが難しいと感じられる方はムースボディーを使ってみてください、#14以下のフライなら左右1本づつで大丈夫でしょう
では、解禁目指してトライしてみてください

今回のFly Tyingブログは、一寸趣向を変えてみました(笑)
[PR]
by UncleTaku | 2011-01-29 14:53 | Fly Tying

冷た!、雪?・・・

午前6時半、空に雲が多いのか全体に暗い
気温は1度有る無しだが、風が無いお陰でで寒さはあまり感じない
走っていると、時折白い小さな粒が落ちてくる、顔に当るとスッと溶けて冷たい
雪である事は分かるが降ってくると言うのには程遠い、一粒・・・一粒と間隔が永く、陽が当れば空中で蒸発してしまう物が地上まで落ちたと言うところか

今朝のジョギング
ラン:3km/18分(前)、全行程:4.2km/29分

6歩間呼気を意識したが、折り返し手前の上り坂で少し乱れた
コンディションが上がって来ないと、ゆっくりした呼吸で運動を続けるのは難しいと言う事がよく分かった
折り返し以降、身体が温まったお陰で6歩間呼気を持続する事が出来たのだから

午前7時の東の空
d0119443_1363348.jpg
日の出時刻だが雲が多く厚みがあるのか、一部がほんのりピンクに染まっているだけ

明日の夜はサッカー・アジアカップの決勝戦、日本VSオーストラリア
開始時間が0時25分だったかな~
日曜日は早朝ジョギングだし・・・どうしよう・・・
[PR]
by UncleTaku | 2011-01-28 13:17 | Sports

気になる・・・

明け方から暫くボタン雪がチラホラ舞う時間があり寒げでしたが、9時頃には青空が
空に超小型の入道雲
d0119443_1226542.jpg
この雲を入道雲とは言わないでしょうが、北から流れ込んでくる雪雲の切れ端なのかも知れない
一寸気になる雲ですね

朝のTV番組で「やせ願望、30~40代の摂食障害」と言うようなサブ・タイトルでの放送ありました
その中でやせ過ぎと肥満を知る事が出来る係数として
体重÷身長(m)の二乗=係数  (二乗を表現できない・・・情け無い)
係数が18以下はやせ過ぎ
係数が25以上は肥満
と言う物でした
その係数差は7、小さい数字の様に感じますが
我が身長、現在はやや縮んで1.69m(涙)
係数から体重を逆算すると
52kg以下になるとやせ過ぎ、71kg以上になると肥満
なるほど!現在の我が体重は61~62kg辺りをウロウロ、それが52kgを切るとやせ過ぎ・・・確かにガリガリ感満載
71kgを越えると肥満・・・そう言えばタバコを止めた20数年前、一時体重が70kgを越え掛けた事があり確かに肥満状態と言うのは理解出来る
しかし、やせ過ぎでも肥満でも無い体重の範囲はなんと19kg?それって範囲が広過ぎはしません?
個人的に理想的でカッコ良いと思う体形は、男女を問わず肩幅が顔幅の2~2.5倍、ウエストに掛けて逆三角形、ヒップから大腿、脚に掛けて筋肉質な膨らみの凹凸そして足首へと狭くなっていく
フ~ム 形態を言葉で表すのは難しい、手っ取り早く言うと男女ともハリウッドのアクションスターと言ったところでしょうか
個人的な好みの問題ですが、懐かしのトゥイーギー(知らない人が多いでしょうね)や銀河鉄道999のメーテルのように線の細い女性は、チョット・・・
この1年ジョギングをしているのは、落ちた体力を15年くらい前の状況に戻せないかと言う足掻きから(笑)ですが
始めた頃の体重は65~66kgとある意味標準的な体重の範囲で安定してました、でも開始から10ヵ月くらいで今の体重になり、それ以後は大した変化無く今日に至っています
体重を減らす(やせる)事が目的では無かったのですが、このような番組があると・・・多少、気にはなります(笑)

そして昨日試せ無かった事は
d0119443_13154623.jpg
雑誌に掲載されていた記事のこの言葉
バックキャストのあるタイミングで肘を上げるとラインスピードが上がりナローなループが高い軌道で伸びて行くのは体験済み、フォワードキャストでも同様のタイミングで肘を上げる様に腕を動かすとその作用でラインスピードを上げられるのか?
それが掴めればハイスピードラインも可能になるかもと思うと・・・やっぱり気になります
[PR]
by UncleTaku | 2011-01-27 14:24 | Others

今日も強い西風が・・・

午前9時過ぎ、曇り空といっても所々青空が見える程度
厚みのある雲もあり灰色から黒い雲と賑やかな空
南東の空
d0119443_1445088.jpg
一際黒い雲の背後にそんなに高くない太陽
なだらかな天使のはしごと写り込んだ鳥が、朝の雰囲気を醸し出しているように見える
気温は4~5度、西から4~5m程の強い風が吹付け雲の移動が激しい
曇ったと思えば陽が射し、また曇る
サングラスをしなかったので走り終えるまで曇り空が続いて欲しいが、そうも行かないようだ

今朝のジョギング
ラン:7.1km/42分(中)

いつものようにスロージョギングから入り、今日は息を6歩間吐きウォーキングに近い呼吸をするように心掛けてみました
競技なら兎に角、普段のジョギングは話しながら走る事が出来る限界近辺で行なう方が有酸素運動としては良いと言う
どう考えても呼気が4歩間では話しながら走れる限界を超えているように思うし、今の速度なら呼気6歩間でもやれそうな気がする
長い上り坂や最後の5~600m程は乱れ、呼気が5歩間位になってしまったが、ほぼ維持する事は出来たように思う
走り終わった後、平常の呼吸に戻るまでの時間も短く
当面意識さえしていれば何れ身に付くように思う、苦しい時は無理をしなければ良いだけの事
呼吸回数が増えれば増えるだけ疲れが早くなるので、走行距離を延ばすのはこの呼吸が安定して身に付いてからでも遅くは無いでしょう

今日も冬型の気圧配置で風が治まりそうに無い、試してみたい事があるのにキャスティング練習は無理みたいだ
[PR]
by UncleTaku | 2011-01-26 15:06 | Sports

雑誌記事を読みながら、「・・・?どう言う事?」「そんなことしたら・・・」「何か変?」と思う事がよく有ります
皆さんは如何ですか?
例えば人に何かを説明や解説をしている時
話し手にとって当然こうなると思っている事や、どう考えても常識でしょうと言う様な事は表現しない事ってよくありますよね
でも聞き手の経験や知識が浅ければ、或いは違う論点からそのものを考えているとしたら
言葉の意味が、話し手と共有されていないケースもあるではないでしょうか?
ましてインタビュー記事ともなると、もっと複雑な事が起きているかも知れません
話し手は自分の世界で話をし、利き手である記者は自身の世界で理解し紙面に合う記事に仕上げる
場合に因れば、記者が興味を引かれた部分が強調される事もあるでしょう
その記事を読み手は、読み手の世界で内容を把握、理解する
こうなると、話し手の真意は読み手に正しく伝わっているか否か定かでは無いと言う事になります
言葉で自身の考えを表現し人に伝えると言う事は、非常に難しい事では無いかと思います
伝達技術の発達した今日、映像で伝えると言うことも可能になり幾分良くはなっているかも知れません
しかし、映像でも表現しきれない或いは伝えられない事はいくらでも有ると思います
IT技術が発達し情報が氾濫している今日、偽情報に騙されるケースも多く、話題になったりもしますが
正しい情報を正しく伝える、或いは受け取る事が本当に出来ているのでしょうか?

一寸話が大きくなり過ぎましたが、果してこのブログも真意が伝わっているのでしょうか?
まぁ、これに関しては我が文才の無さの方が大きな問題かも知れませんが ^^;

人間は言葉を使える様になって文明を発展させて来たと言われますが、その言葉で何かを伝える(受け取る)難しさと言うものをブログを書く様になってつくづく感じます

それに気付いただけでも、進歩ですか(笑)
[PR]
by UncleTaku | 2011-01-25 15:02 | Others

d0119443_13232225.jpg
このフライを頻繁に使っていたのは18~9年前(いや、それ以上?)にもなるでしょうか、当時は上流部思考でフリーストーンの流れを好んで釣っていました
言い換えると、中流部や本流の餌生物が豊富な流域の魚には手も足も出せなかった頃、恐らくその方が正しい表現でしょう
決してこのフライが下手糞F.F.マン向けという訳ではありません、見るからに浮力に乏しいこのスタイル、ラインからリーダー・ティペットを上手く水面に乗せられなければ直ぐにドラッグが掛かって沈没してしまいます
その当時の私にそんなテクニックが有ったのかって?・・・そんなのある筈が無いでしょう
ただ大部分のスポットが20~30cmもフライを流せば結果が出る領域ですから、フロータントを目一杯利かせて
その後、中流域にデビュー(笑)した時にも使っていました
しかし腕前にも原因はあるのでしょうが、その頃はロングティペットリーダーとこのパターンが流行っていた(多分に漏れず、私も)時期でフライへの反応が思う以上に悪く、充分な結果を得る事が出来なかった訳で
やがてコンパラダンに浮気、いや乗り換えて行ったと言う経緯のあるフライです
CDCダンが流行った時もそうでした、良く釣れると言う噂で皆がCDCダンを流すようになると忽ち効力を失ってしまった
多分その頃から徐々に「他人があまり使わないパターンの方に利がある」と言う考えが頭の中で成長し始め、今に至るのかも知れません

最近このソラックスダンを使っている人をあまり見掛けないので、そろそろ出番かな?と思って・・・

PS:
解禁準備は進んでいますか?
あっと言う間にやって来ますよ、特にフライの準備怠り無く!
[PR]
by UncleTaku | 2011-01-24 14:37 | Fly Tying

大失敗・・・

午前6時半、屋外に出て歩き始めて手袋を忘れた事に気付いた
戻るのも面倒だしと、そのままジョギングに
走り出すとやはり手が冷たい、いや痛いと言う方が近いかも
汗を拭えど拡がるだけでスッキリしない、拭った手は余計に冷たくなる
たかが手袋されど手袋、大失敗です

今朝のジョギング
ラン:3km/17分(前)、全行程:4.2km/28分

日出寸前の東の空
d0119443_12131026.jpg
上層に薄雲が広がって、ボンヤリとした色合いです
ランニング中、西の空に白くおぼろにぼやけた月を見つけた
ランニング終了時に撮ろう考えていたが、この時点で雲の裏に完全に隠れ姿すら確認できなくなり断念
来週もまだ寒さが続くようで、寒が明ける立春まで辛抱が続くのかも?

忘れ物要注意、手が冷たいのも結構辛いものです(苦)
[PR]
by UncleTaku | 2011-01-23 12:23 | Sports

TV漬け・・・

昨夜は、寛平さんのアースマラソン完走ゴールとサッカーアジア杯とでTV漬け
寛平さんは大阪城野音に一旦ゴールその後スタート地点でもあるNGKに、NGKのゴールで真の地球一周が線として閉じられました
地球の陸地を東西に足で走り切るってヤッパリ凄い事ですね、そして凄い事を成し遂げた人が意外に平然としているのも凄いな~と思いました
その1時間半後、サッカー・アジア杯決勝トーナメント「日本VSカタール」
3:2と勝利はしたもののハラハラドキドキのゲーム展開、何とか勝ったという感じです
途中から10人対11人で1点ビハインド、以前の日本代表なら負けていたかも?と思えるようなゲーム
ザッケローニ・ジャパンのサッカーに、今までの代表では見る事の出来なかったゴールへ向かう貪欲さが少し見えた気がします

まくら噺はこれくらいにしておいて、本題へ
一昨日の水面直下のウェットフライへの思考の続き
CDCウィングで沈下速度を遅くする事を狙ったフライ
d0119443_13203758.jpg
同形状でCDCファイバーの量を2~3倍にしたドライフライを以前から使っていて、それはそれなりの実績もあります
水面に浮かべず沈下速度を遅くさせるために、CDCのティップ部分を2枚だけウィングとして取り付けています
流速の強弱でファイバーの量を加減する必要があるでしょう、ファイバーの増減を最低でも3種類くらい用意して、流速と狙う深さに合わせ様と考えてはいます

河川のフライフィッシングと言う物はキャストとドリフトのテクニックで魚を誘いそして釣るゲームですが、時においてはフライその物の力を借りなければならない事もあると思います

他にも比重を軽くする方法を考えたフライを巻く必要もありそうです・・・試行錯誤の繰り返し
[PR]
by UncleTaku | 2011-01-22 14:03 | Fly Tying

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ