<   2010年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

大晦日

風が強く、時折雪の舞う大晦日です
今年一年、弊ブログにお付き合い頂きまして、ありがとうございました
来年も色々気になる事や身の回りの出来事など、折に触れ投稿してまいるつもりでい居ります
宜しく、お付き合いを願います
寒波の襲来で年末年始かなり冷え込むらしいのですが、風邪など召されぬ様、お身体を大切にお過ごし下さい

では
良い御歳を、お迎え下さい
[PR]
by UncleTaku | 2010-12-31 17:42 | 季節

フリーノットと言われるフライの首振りが自由になる結び方
先ずティペットに結びの輪を作り(A)、フライのアイを通したティペットで最初に作った輪を潜らせる(B)
d0119443_1524740.jpg
最初に作った結びの輪を確りと締めこんで、輪を潜らせたティペットを一結び(C)
ティペットの両端を引いて確り締めこむと、二つの結びの間に出来た弛みの分だけアイを締めたティペットにゆとりが出て(D)フライの首振りが自由になるというもの
d0119443_15424081.jpg
結びの為に4~5cmのティペットを消費するのであれば然程難しくないが、ティペット長が直ぐに短くなってしまい頻繁にティペットを繋ぎ替える必要性が出てくる
そこで、輪を潜らせたティペットでティペットの基部にハーフヒッチを1度行って(E)締め付けてみました(F)
d0119443_15462057.jpg
アイに出来るゆとりの輪が小型に出来るので見た目のノットが小さくなるのですが、30cmを越える魚とファイトをしていると時によって結びが抜けてしまう失態が発生
そこでハーフヒッチをもう1度追加(G)、言う処の「徳利結び」にして締めこんでみました(H)
d0119443_15534524.jpg
ハーフヒッチを2度する事でファイト中に結びが抜け無くなり、今年の48cmニジマスをランディングした時もこの結びで全く問題はありませんでした
フライ交換に因るティペットの消耗を軽減出来る上に結び目を一つ作るより凍えた指先でも割と簡単で、老眼の目でも充分に対応できます
結びのコブが少し大き目になるので好き嫌いは有ると思いますし、これがベストとは言えませんが私家的フリーノットとして紹介いたします

どの結び方でも言える事ですが、結び目は確り強く締め付けて下さい
強く締め付けて切れる様な結び目は釣の最中に切れてしまう事は明白です、中途半端な締め方の結びは失敗を招きます
[PR]
by UncleTaku | 2010-12-30 16:22 | Fly Fishing

西風強し・・・

昨日の低気圧や前線の影響がまだ残るのか?今日も西風が強い
今朝の南の空は
d0119443_1213155.jpg
和歌山方面に雲が多いものの、上空は晴れ
煙突から出た煙が東へ流され、時々真横に流れる
ジョギングコースは南北方向だが、東西に蛇行していて
地形のせいで西風なのに殆どっが向かい風、追い風になる事は少ないと言うか全く無かった

今朝のジョギング
7.1km/44分(丁度)

スロージョギングでスタートし自然に速度が上がるまで成り行きに任せたが、気温が低い為か中々速度が上がらない
陽射しがあるので風さえなければ温かいのだろうが、風の止み間は殆ど無くそれなりに寒い

昨日で仕事納めだった所が多いのか?ジョギングする人がいつもより多い様に感じる
年末年始はグ~ンと冷え込むようなのだが、状況を見てジョギングしようかな?と考えています
徐々にジョギング親父へ変身して行くのかな?(笑)
[PR]
by UncleTaku | 2010-12-29 12:53 | Sports

食料調達を目的とする釣を除く釣は全てゲームだと言っても過言では無いと思います
今やゲームの代名詞とも成っているP.C.ゲーム同様、色んなタイプのゲームが存在する中
20数年間趣味として取り組んできた渓流のフライフィッシングは、その中の推理ゲームにあたるのでは無いかと思います
当然大きな魚を釣るだの釣果数量だの、掛けた魚を如何に上手く取り込む(ランディング)等も他の釣と同様の面白さはありますが
私が一番面白いと思うのが、この推理の部分

先ず入渓時は
水温や周辺及び水面付近の観察し、今日の餌生物になりそうな生物を推理しパイロットフライを選択
可能性のありそうな流れの筋にフライを流して探査、反応のあったエリアの傾向から推理しその日のフライ及び攻めるエリアの絞込みをする

時間に因り刻々と変化する魚の反応を見て
捕食される餌生物の現状況を推理し、その状況下で最も可能性の高いフライや流し方及び攻めるポイントを選定

ライズを発見すれば
ライズの形態を観察し、捕食ステージを推測
水面を含む周辺を観察し、可能性のある餌生物を探査
両者を組み合わせ推理し、攻めるフライと流し方を選定する

フライを見に来てスクープする魚を見れば
その反応の仕方から推理し、原因はフライなのかティペットなのか、はたまたドラッグかを導き出す

言い出せば、ケースbyケースで色々出て来てキリの無い推理ネタ
そんな推理、推測の果に一尾の魚を手にする、それこそがこの釣の面白さであり醍醐味とも言えるのでは無いでしょうか
何尾釣ったも良いですが、「この様にして、この1尾を釣った」とプロセスを楽しめるのがフライフィッシングの魅力では無いかと思います
[PR]
by UncleTaku | 2010-12-28 15:20 | Fly Fishing

寒いと・・・

昨日雨で順延のジョギング
5時半にアラームが鳴り『何事?』と寝ぼけていましたが何とか起きました、今朝も寒いです
ウォーミングアップを済ませて6時半、外へ出ましたが気温は2~3℃でしょうか?
トレーニングウェアーを重ね着しているので寒くはありませんが、暖かくもありません
日出時刻も遅くなり薄暗い、どちらか言うと暗いに近い遊歩道を外灯頼りにジョギング開始です

今朝のジョギング
ラン:3km/18分、全行程:4.1km/29分

2kmを過ぎた頃から汗が出始めたのですが、アウターを脱ごうとはと言う気のもなれず、冬を充分感じる気温です

空には
d0119443_13275345.jpg
怪しげな雲が・・・雪でも舞ってきそう

無理はしないように走っているとは言う物の、寒いとヤッパリ速度は上がりません
18分がアベレージになって来ています、夏から秋頃は16分に迫ろうとしていたのですがね~

そうそう、この後 通勤時に雪に降られました(サブ~ッ)


PS:
ショップの年末年始お知らせ
勝手ではありますが
年末12/31~年始1/5までお休みをいただき
1/6より通常営業いたします

尚、当ブログはその間も(ネタ次第ですが)投稿する予定です
お暇な時は覗いてみてください(是非!笑)
[PR]
by UncleTaku | 2010-12-27 13:50 | Sports

今朝6時半過ぎ、ジョギングに出ると雨が降り始めました
夏場なら強行する程度の雨ですが、この寒空に身体を濡らすのは嫌なのでジョギングを中止、順延の予定です

と言う事で本日はフライの話です

パラシュートパターンを使って釣をしている、とやがてテール側から水没しハックルだけで水面に張り付いている状況に陥ります
沈んだボディーがフォローティング・ニンフっぽいと言う人がいます、ダビングボディーの様にそれっぽく見えるパターンならそう思えるのですが
クイルボディーの場合(巻き方にも因りますが)ギルらしい存在が無く、精々産卵後のスピナー程度では無いかな?
そう考えて私の場合、ベンド側をあまり沈まないように工夫しています
私も一般的なカゲロウのパラシュートパターンは、テールをトラディッショナルパターンの様に拡がらないようにまとめて留めます
しかしクイルボディーの場合は
テールをベンドの所で水平に30°程度開いた扇状に留めます
d0119443_13304271.jpg
そしてグースもしくはターキー・バイオットをフックシャンクの側面に、巻き始めがシャンクの上側になる様に巻き留め
テール材を押さえ込まない様、下巻が出ない様にバイオットを巻進めます
d0119443_13361394.jpg
そして、完成時
d0119443_13383542.jpg
テールが水平よりやや上向きに伸びるように意識しています
そうする事でやや上向きのテールが浮力を稼ぎベンド側の沈下を抑制し、沈んでしまったとしても力尽きたスピナーが水面に身を委ねた状態に見えると考えています

サンクンやドラウンを演出する場合は、水面下に没するよう初めからフライをウェットタイプに仕立てています
私は中途半端沈んだドライフライで水中をカバーしようとしても所詮中途半端、フライ自体にメリハリを着けないと魚の反応も中途半端になり、状況把握の妨げになると考えています
ですからドライ(水面)ウェット(水中)の使分けは、ケジメをはっきりさせて行います
あくまでも個人的に、ですが(笑)
[PR]
by UncleTaku | 2010-12-26 14:18 | Fly Tying

d0119443_1233976.jpg
気温が低く、強い西風が寒さを強調
顔に冷たい物が
白い物がチラホラと舞ってます
急いでカメラを取り出しシャッターを切ったのですが、ウ~ム・・・写ってません

今日はクリスマス、雪がチラつき、その上に土曜日
お子様にとっては、楽しい一日になるかも知れませんね

それにしても、寒い!
風邪など召されませぬよう

Merry Christmas
[PR]
by UncleTaku | 2010-12-25 12:19 | 季節

風さえ無ければ・・・

午前6時半、空一面に雲が広がり厚みがあるのかこの時間にしては暗く冷たい西風が吹いています
風さえ無ければ、そんなに寒くはありません

今朝のジョギング
ラン:3km/17分(後)、全行程:4.2km/28分

気温は7~8度くらいなんでしょうが、時折強めの風が吹き付け体温を奪うのか汗はあまり出てきません
身体はしっとり感があるくらいの汗は出ているのですが、一番汗かきの顔は伝うほどの汗には成らない
午前7時の東の空
d0119443_1237201.jpg
日出少し前ですが、この雲では朝焼けを望んでも無理でしょう

強い寒気が日本列島を覆う様で、この後気温はあまり上がらないようです
北日本では大雪が降るようですし、日本海側では近畿でも雪が降る可能性有りとか
そう言えば、今日はクリスマス・イヴですね

良いクリスマスをお迎え下さい
[PR]
by UncleTaku | 2010-12-24 12:58 | Sports

ナローとワイド・・・

先日のキャスティングレッスンの的当てで、ループ幅を変えて正確度を試してみました
ナローループの方が正確に的に届く事は、試すまでの無く分かってはいるのですが、どれ程の違いがあるのかを試してみたかったまでです
ナローループ、ワイドループと言っても、ループ幅にも因りますし、ラインを長く出せば出すほど必然的にループ幅は広がりますが
相対的にと言う事でご勘弁を
10m程の距離で標的を狙う場合は、風の影響が強くなければ極端な差は無いように感じます
しかしこれが20m程の距離になると、話は全く異なります
ラインが長くなればなるだけ伝わる力の減衰が多くなるので、リーダー及びティペットをターンさせる力も弱り、ワイドループでの的中率が凄く低下したのです
風の影響云々と言うより、ナローループの方が力の減衰が少ないようにも感じました

川で釣をする場合20mも距離を取って魚を狙う様な事はかなり少ないと思いますが、風の影響は平地の野原より遥かに強い事は確実です
そう考えると、ナローループを作るキャスティングを身に着ける必要性は高くなります
空気抵抗の大きいフライや重いフライをキャストする場合、トラブルを少なくする為にワイドループに意識的にしますが
その場合でも可能な限りループ幅を狭くする事で、正確に攻める事が出来るわけです

よく曲がるロッドほどループがワイドに成るのは当然ですが、同じロッドでもそのループ幅を広くも狭くも出来るのも事実です
その代表がキャスティング・ストローク
ストロークを狭くすればする程ナローループになり、狭くし過ぎるとテイリングが発生
広くすればする程ワイドループになり、やがてはオープンループ、即ちループが出来なくなります
投げようと思うあまりにロッドを大振りしている姿をよく見かけますが、距離が出ないばかりか実釣では良い結果を得難い事になるわけです
的当てゲームをやっていると「当てよう」と言う意識が強くなり、大振りになってしまう人が結構いました
今までゲームとしてしか考えてなかったのですが、アキュラシーキャストとしての的当てはループ作りの良い練習になりそうですね
[PR]
by UncleTaku | 2010-12-23 18:18 | Fly Casting

冬至・・・

今日は24節気のうち冬至に当たるらしい、昨日夕刻からの雨で放射冷却も無く冬至と言えど寒くない
ただ雨が残っている為、ジョギングの開始が遅くなった
雨上がりの
d0119443_14403290.jpg
路面は、まだ濡れているし
空は
d0119443_14415550.jpg
ドンヨリと雲が低い
足元が滑りやすいので速度を落とし、路面を気遣いながらのジョギングです

今日のジョギング
ラン:7.1km/44分(後)

風は吹いてはいたが湿度が高い為か、今日はよく汗をかいた

キャスティング練習するには地面は濡れてコンディション良くないし、年賀状も取り掛からないといけないし
さ~ぁ、この後・・・どっちにしよう???
少し、眠いし~ (ファ~)
[PR]
by UncleTaku | 2010-12-22 15:08 | Sports

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ