<   2010年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

d0119443_14295245.jpg
最近までキャスティングのリストコントロールは出来ていると思っていたが、ショートストロークのキャスティングを練習し始めてその甘さを痛感させられた

画像の所蔵教書には、リストに関して写真含みで見開き二頁に渡って記されている
もっともこの教書は見開き二頁で一単元と言う構成だが、項目として掲げていると言う事は、それだけ重要視されていると言う訳です
他の二冊にも表現とスペースは多少異なるが同様の内容が記されている上に、どの本も至る所で「リスト云々・・・」の文字が出てきます
長年フライキャスティングをしてきた人間には周知の事、何を今更と思われるかも知れません
そう、これまでのキャスティングでは気にするほどの現象として捕える事が出来ず、気にしていなかっただけの事で
パワーの乗ったナローループを射出(表現は正しくないが)し、ラインを直線的に伸ばすにはリストのコントロールが肝になると言う事は当たり前の事

ショートストロークでキャストすると、それが際立って目立ち
「フォワードキャストのストップではリストを完全に閉じ、バックキャストはストップまでリストを閉じたまま、ドリフトで始めてストレート・リストまで開いても構わない」と言うくらい厳密にコントロールしないと、パワーの乗ったナローループは出来ないのです
ショートストロークのキャスティングだけがそうなのでは無く全てのキャスティングでも必要な事なんですが、ストロークが長い分ループ幅が広くなり気付き難かったと言うだけの事なんですね

フライキャスティングは練習でフォームが出来上がるまで力みが出てスムーズには動けませんが、フォームが出来上がると自然に且つ確実に動作が出来る様になる、所謂身に着くと言う物です
ショートストロークのフォームが出来上がった時には、正確なリストコントロールが身に着き他のキャストも今より良くなっている事でしょう
それを願って、練習に励みます
[PR]
by UncleTaku | 2010-11-30 16:12 | Fly Casting | Comments(0)

穴埋め・・・

昨日出来なかった序銀の穴埋め、頑張って今朝は早起きです
午前6時半、空気はヒンヤリと冬の早朝感タップリ
ウォーミングアップのウォーキングも早足に・・・(笑)

今朝のジョギング
ラン:3km/17分(中)、全行程:4.2km/28分

折り返し点に着く頃やっと身体が温まり、ラン終了の3km程走った頃に汗が出始めました
金曜日と同じ様なペースで走ったのですが、今日は身体が少し重い
体調を一定に保つ事は非常に大切なのでしょうが、睡眠時間とか食事とかを自己管理する事って結構難しいものです
特に睡眠、元々夜行性(笑)だからツイツイ夜更かししてしまう

今朝の朝日スポット・・・もう朝日スポットでも無いか?
d0119443_12305044.jpg
日出時刻の東の空ですが、未だ太陽は見えていません
もっとも太陽が出ていても画面よりもっと右、南よりですがね(爆)
[PR]
by UncleTaku | 2010-11-29 12:36 | Sports | Comments(0)

シャドーキャスト・・・

今朝はアラームのセットを忘れて朝寝坊、ジョギングする時間がなくなりました

さて、
昨日はキャスティングのイメージを絵にしましたが、今度はその動きを身体に覚えさせなければなりません
キャスティング練習をするのが一番なんですが、ちょいと表でとか裏でと言う恵まれた環境ではないのですね現実は(笑)
そこでよくやるのがシャドーキャスト、要するにパントマイム練習です
これなら畳半畳程の広さがあれば何処でも、それに20cm程の握りやすい棒状の物があればもう最高です
一寸短いですが私は3色ボールペンをよく用います、これが有ると無いとでは大違いで
何も握らないとリストの開閉が曖昧になり、フォームを全体として掴み難い感じがします

今回のショートストロークはストップ後のドリフトが大きく、ラインの負荷を感じる事の出来ないパントマイムでは再現が難しい
しかしそのドリフトがパワーゾーンのストロークを稼ぐ大きな役割を演じているので、これを曖昧にするとストローク自体が曖昧になってしまう・・・さて?・・・

いくら考えてもドリフトを上手く再現する方法が思いつかないので、一番大事なのは何か角度を変えて考えます
浮かんだ答は、パワーゾーン最後のストップです
この位置が倒れ込む事でループがワイドになったりラインの落下が早くなったりと、このキャスティングに都合の悪い事が発生します
まして正確でないドリフトのイメージを身体に染み付かせてしまうと、実際のキャストでラインに緩みや乱れが出る可能性もあります
バック&フォワードのストップ位置とリストに重点を置いて、スロースピードで行うのが良いように思いました

シャドーキャスト(パントマイム)はキャスティングに役立ち且つ欠く事の出来ない手法ですが、確りイメージできない部分を適当に行ってしまうと逆効果を招く事にも繋がります
闇雲にシャドーキャストを繰り返すよりは、動作の重要要素を絞り込んでそのイメージを身体に焼き付ける事の方が大切だと思います
[PR]
by UncleTaku | 2010-11-28 14:39 | Fly Casting | Comments(0)

先日のショートストロークで掴んだイメージを図にしてみました
d0119443_151990.gif
フォルスキャストの一回分のイメージです
図中のフォワードキャストでラインが伸びるのを待つポーズ位置がバックキャストのスタート位置になり、同様にバックキャストのポーズ位置がフォワードキャストのスタート位置になります

先ずはバックキャスト
ラインが緩まず直線に伸びきれば、その負荷でロッドにはラインの方向に向かって既に少し曲がりが生じているはずです
その状態からバックキャストを開始、顔の手前で加速を停止します
この短いストロークで充分にロッドを曲げなければならないので、スタートとほぼ同タイミングでホールも開始します
スタート時点でロッドには既に負荷が掛かっているので、同時にホールを開始してもロッドティップの軌跡に凹みは発生しません(ホールの仕方にも因りますが)
ロッドの加速を停止するストップ時点ではロッドは曲がり大きな反発力を蓄積しており、その反発力で力強く後方へラインを放出します
しかし、同時に大きな煽りも発生させラインを乱します
煽りを押さえロッドを静止させるにはスムーズな抜きと大きなドリフトが必要です、そしてそのドリフトがフォワードキャストのストロークを稼ぐ事にも繋がります
ドリフトを終えた位置でポーズを取りラインが後方へ伸びるのを待ちます、この時ラインは落下せず高い位置に直線を描いていなければなりません
ラインが伸びきると同時にフォワードキャストの開始です
バックキャストのドリフトでストレートリスト近くまで開いたリストはフォワードキャスト開始と同時に閉じ始め、加速を停止する顔の少し前方、ストップ位置では完全に閉じてしまいます
フォワードキャストのホールもバックキャストと同様、スタートと同時に加えロッドに充分な反発力を蓄積させなければなりません
前方へライン放出後はロッドを静止させるドリフト、そしてラインが直線に伸びるのをポーズで待つと言う訳です

この様にキャスティングのイメージだけを表現すると簡単なように思えますが
ラインの長さやそれに見合うパワーの加え方、ラインに乱れや緩みを与えないドリフト等、私にとっては手強い課題が山積みです(笑)
[PR]
by UncleTaku | 2010-11-27 16:50 | Fly Casting | Comments(0)

夜中に・・・

夜明けも遅くなったので、起床時間を午前5時30分に本日より変更
6時20分外に出ると路面が濡れている、夜中に雨が振ったのか?気温はそんなに低く無いし空気もしっとりと気持ちが良い
日出前でも充分明るいので、路面が濡れていても足元が確認し易く安心です

今朝のジョギング
ラン:3km/17分(後)、全行程:4.2km/29分

二連続7kmコースを走ったせいかランニング・ペースが少しユッタリ、疲れもそんなにありません
自惚れて言えば余裕が出てきたのかも知れませんが、朝のジョギングだからこの位が丁度良いのでしょうね

今朝の朝日ポイント
d0119443_13175076.jpg
午前6時50分、もう既に太陽は出ているのでしょうが空は一面の雲
雲の隙間か厚みが無いのか?薄紅に染まっている部分もあります、もっとも画像より遥か右側に太陽はあるのですが(笑)

今朝は気持ちの良いジョギングでした、睡眠時間が充分に取れるのであれば毎日でも良いなと思えます
多分やらないでしょうね(爆)
[PR]
by UncleTaku | 2010-11-26 13:30 | Sports | Comments(0)

昨夕、4時前
d0119443_13135812.jpg
近所の公園へ、キャスティングの練習
紅葉が一段と進み公園も艶やかな彩り、日中の陽射しならもっと綺麗だったのでしょうね
少し寒くなり始めた時間帯で公園の人でも少ない、練習には丁度良い感じ

正直言ってショートストロークをよく理解していないのが現状、今頃の教本ならストロークの細かな分解写真とそれに則した文章書きなんでしょうけど
何せ24年前の教本、4コマ漫画的なカット写真と動きをイメージで説明しているような物で
その動作をマスターすれば「なるほど」となるのでしょうけど、まだ頭の中で写真と文章の整合性が取れません
ショートストロークと言うと4~5m程のラインを出してショートレンジを狙う時のキャスティングストロークが頭に浮かびますが、これは10m以上もラインを出してのキャスティング
写真から想像する姿は、そのショートストロークでは到底有り得ない普通のストローク
ただストップ位置はバックが顔の直前、フォワードは顔の少し前方
こう聞くとよく分からないでしょうが、バック&フォワードのストップ位置だけを見ればショートレンジのそれとよく似ています
違いはストップ後のドリフト、ロッドの加速を急激に行うので曲がりが大きく、それを吸収するのに大きなドリフトが必要だと言うところ

動きを想像しながらキャスティングしてみる
10分もあれやこれやとロッドを振っていると汗が出てきた、フォームが掴めず力が入っている証拠

20分ほど繰り返しているうち、徐々に飲み込めて来た
従来自身が行っているキャスティング比べると言うところのパワーゾーンが狭くドリフトゾーンが広いだけの事、その狭いパワーゾーンで広いドリフトゾーンを取れるくらいのラインスピードを得るのが課題、普通に振るとラインが失速して落下してくる
リストコントロールを完全に行いバック&フォワードともリストを固く保ちティップスピードを上げ、速いスピードで振られたロッドを静止させるためにストップ後は滑らかにドリフトに移る
言葉で言うと簡単に出来そうだが、実際はその豪柔を滑らかに繋ぐのはかなり難しい

何とか動きが分かってきたので、100本キャストで練習
70本辺りから力が抜け(疲れ)動きが滑らかになってくるが、メリハリも欠けループが少し広くなる
グリップに入れる力の強弱でメリハリを付ける事でループ幅は少し改善するが、その事により折角抜けた体の力がまた入る(泣)

インターバルを取って100本キャストを3回繰り返し、フォームのマスターを試みる
未だ未だ力が抜けきらないしループも安定しないが、何と無くフォームが出来つつある

ショートストロークのショートは長いラインをキャストする一般的なロングストロークに相対してのショートであって、ショートレンジ・キャストの様に実質的なショートでは無いと言う事ですね
間違っているかも知れませんが、今はそう理解しました(笑)
[PR]
by UncleTaku | 2010-11-25 14:59 | Fly Casting | Comments(0)

曇り空で無風・・・

思ったより寒くない朝です
午前8時50分
d0119443_14384865.jpg
ご覧の通り空一面の雲、薄くなった所から太陽の光が漏れては来るが姿は確認できない

今朝のジョギング
ラン:7.1km/43分

7kmコースの場合スタートから1km位はどうしても身体が重い、その理由がウォーミングアップ不足
スタート地点までの距離がおよそ150m、ウォーキング時間にして1分30秒ほど
3km及び5kmコースの場合はその距離5~600m、時間にして5~6分
この差でエンジンが温まるか温まらないか、車ではないけど冷えたエンジンが温まるまで燃費が悪い(笑)
1km走るのにかかる時間がおよそ6分、ここでエンジンが本調子になると言う訳ですね~
そう考えて今日はランニングスタートから約1kmをウォーミングアップ区間として、ゆっくりとスロージョギング、その後はいつも通り速度でランニングしてみました
結果43分、前回までの全体速度を落とそうと考えても落とせなかった時のタイムと比べても大差ない
しかも疲労感が少ない
ジョギングとは言え普段よりハードに身体を動かすスポーツなんですね、準備をせずにいきなり始めたのでは身体がついて来なかったんと言う事ですか
距離を伸ばすことだけを考えたコース設定が原因でした
しかしランニングに適した施設が近くにある訳ではないので、最初の1kmをウォーミングアップ区間にしてスロースピードでランニングする今回の方法がベターなんでしょうね
[PR]
by UncleTaku | 2010-11-24 15:14 | Sports | Comments(0)

挑戦・・・

最近はあまり言われなくなったハイスピードラインに挑戦してみます

フライキャスティングの目的の一つに、遠くへ正確にフライを届けると言う事が上げられると思います
キャスティングレッスンの時にA氏と話していて、彼はその為にハイスピードラインを練習していると言うのです

「ハイスピード・ライン」懐かしい言葉を耳にしたなぁと思いました
20年以上前、フライフィッシングが上手くなるにはキャスティング技術が不可欠と、本を片手に独学で練習していた時に目にした言葉

このハイスピードラインをキャストする基礎となるショートストロークと言うキャスティング技術があります、実はその時にこのショートストロークで躓いた訳です(涙)
フライキャスティングが多少は理解出来てきた今ならと、久し振りにそのページを
d0119443_13514680.jpg
開いてみました
どうしても理解出来ず何度も何度も開いたページは痛んで装丁から外れ、悩みに悩んだ痕跡が
今度は大丈夫だろうと、先ずはショートストロークから再挑戦開始です

このようなキャスティングが出来なくても十二分にフライキャスティングは楽しめます、必要かと聞かれたら答える事は出来ません
しかし他人が出来るようになったとなれば、素通りは出来ません(笑)
[PR]
by UncleTaku | 2010-11-23 14:08 | Fly Casting | Comments(0)

今日は朝から雨がパラつき、昨日の小春日和が嘘みたいです
その昨日の暖かく風も無い好天の中、キャスティング・レッスンとE&E Outdoorsさんのご協力で実現したTFOロッド試投会を行いました
通例通りキャスティング・レッスンのスタートを切ったのですが、1時間も経たない間に皆さん試投に御執心
d0119443_13231661.jpg
試投用に準備されたロッドを片っ端から思い思いのキャストで、人数もいつの間にか増えています(笑)
こうなる事は初めから覚悟はしていましたが、皆さん楽しそうです
普段殆ど手にする事の無いダブルハンドや
ソルトウォーターの何を釣るねんと言う様な高番手のがちがちのロッドまで
アクションや固さの全く違うロッドを体験するのも良いレッスンにるなるだろうし、普段のレッスンでは体験できない事なので今日は口出しせず自然な流れに任そうと考えました
中にはお気に入りのロッドを見出した人もいたようです、使った事のないロッドにラインを通してキャストできる機会なんてそうそうあるものでは無いので良い機会だったのかも知れません


話は全く変わりますが
そのキャスティング・レッスンに向かう途中、信号で止められた時に視界の右隅をかすめて止まった車
d0119443_1343882.jpg
大好きなミニクーパー、新型が発売され見掛ける機会も随分減りましたが
ヤッパリ新型よりはこれ!色合いもブリティッシュグリーンにホワイトトップ
思わずパチリしちゃいました(笑)
[PR]
by UncleTaku | 2010-11-22 13:51 | Fly Casting | Comments(0)

温かい・・・

午前8時20分の空
d0119443_11242111.jpg
時間も違うが、太陽が出ているので温かい
薄手のトレーニングウェアーで、ジョギング

今朝のジョギング
ラン:7.1km/42分

速度を落としてスタートしたのですが、後半ややバテが出てきた
ランニング終了時間を見たら、所要時間がなんと42分
どこで速度が上がったのか?全くわかりません、絶えずスローを心掛けたつもりだったんですけど
まだペースコントロールが上手く行きません、まだまだ距離を伸ばすのは先のようです

今日はキャスレの日、そろそろ会場へ出発します、では
[PR]
by UncleTaku | 2010-11-21 11:33 | Sports | Comments(0)

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ