<   2010年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

先日の釣行用にタイイングした、ブラウンハックル・ピーコック風の
d0119443_1433352.jpg
タグをシルバーに変更、リブもプラス
水流に巻き込まれた甲虫のイメージ、平瀬は鮎師に占領されているだろうし、早瀬では抵抗の大きいアントは使い辛いかもと思い

そして前回の反省から
d0119443_14115712.jpg
ボディーにウェイトをタップリと巻き込んだものもタイイング
食気はありそうだが中層に定位する鱒達にプレゼントする為に
こちらはマッチした状況に出会わず、出番はありませんでしたが次回にでも・・・
[PR]
by UncleTaku | 2010-07-31 14:23 | Fly Tying

一昨日2尾のニジマスを掛けたのが
d0119443_1349978.jpg
ヒゲナガをイメージしてタイイングしたソフトハックルフライ
引き波をたたせるだけ無く流速よりやや遅い速度でドリフトすると、全てのハックルがゲイプ側へなびき水中産卵後力尽きて流されるアダルトっぽく見せる事を目論んだフライです

実際に流水中でハックルをなびかせて見ると・・・ヒゲナガだけでなく、小魚に見えなくもありません
ニジマスは何と勘違いして銜えたのでしょう??
釣った時間が午前11時と午後3時、どう考えてもヒゲナガが産卵に戻りそうに無い時間
ゴリや稚魚など小さな魚も彼方此方の緩い流れにいますので流下しなくもありません・・・そちらの方か?

フライフィシングでいつも頭に浮かぶ疑問があります
タイヤー(or Fly Fisherman)が何かをイメージしてタイイングし投じるフライと、魚が餌生物をイメージ(?)してそのフライを銜える、そのイメージは一致しているのだろうか?と言う事です
「イメージが一致しようが無かろうが、釣れれば良いんです」と言ってしまえばそれまでですし、「魚から話を聞けないから、分かりようが無い話」と言えばその通りなんですが・・・

まぁ~、一方的にこちらのイメージでフライはタイイングするんですけどねッ(笑)
[PR]
by UncleTaku | 2010-07-30 14:56 | Fly Tying

虹(ニジ)日和・・・

昨夜から久し振りの雨、猛暑日や熱帯夜の連日から開放されヤレヤレですね
「そんな分かってる話はどうでもエエから、昨日はどうやってん?」ですか?

昨日の天の川
減水はしているものの気温は低く空一面の雲、そこが唯一の救いと思いました
しかし夏の太陽は力があるんですね~、薄っすら地面に影ができます・・・もう少し雲が分厚くなってくれればと言うところです
ドライフライなら良さそうな流速からはウグイが顔を出してくれますし、少し早い流れの瀬(条件的に良さそうな)には鮎師の竿
鮎師の上か下それとも友鮎を入れ難い深い瀬か早瀬を狙うしかありません、後は鮎師が竿をおく夕方以降ですか

釣果はニジマス2尾、どちらも40cmオーバーしかも早瀬での遣り取り、もう充分に楽しめました
1尾が午前11時丁度そして2尾目が午後3時40分頃、そのニジマスが
d0119443_1474444.jpg
鰭ピンで体こうのある48cm
フライを銜えたのは早瀬から淵へ流れ込むカタ辺り
d0119443_14114780.jpg
水面が膨らむや否やゴツン・・ググッグ~、淵は障害物が多いので早瀬の中で遣り取り
5分くらいは掛かったでしょうか?弱らせて浅瀬に寄せてランディング
ランディングネットの長手方向の内径が30cm、体こうもあるので一瞬『無理かな?』とも思いましたが何とか取り込めました

夕方に入る心算の場所は遅くまで青年河童が騒いでおり、他でつまらん思いをするより気分良く帰ろうと早めに納竿しました・・・とさ(笑)
[PR]
by UncleTaku | 2010-07-29 14:44 | Fly Fishing

曇り空ですが・・・

d0119443_8344447.jpg

おはようございます
只今天の川で一流しして、朝飯中
今のところウグイ1尾
曇り空ですが、相変わらずです
渇水とまでは言いませんが、少なくなってます
雨待ちかな?
[PR]
by UncleTaku | 2010-07-28 08:34 | Fly Fishing

午前4時と5時の両方にアラームをセットして、4時のアラームで多少躊躇しましたが思い切って起きて正解でした
d0119443_12541072.jpg
午前5時、もう直ぐ日の出の東の空
西の空には
d0119443_12574196.jpg
沈もうとする月
涼しく気持ちの良い朝です、もう1時間遅かったらこれは無かったでしょう

ランニングを開始して間も無く聞いた事のある足音が迫ってきます・・・
少し速度を落として振り返ると、顔見知りの先輩ジョガー
ジョギングを始めるまでは通勤のウォーキング時に時々すれ違い、やがて挨拶を交わす様になり
ジョギングを始めてからもすれ違う事が多く、相変わらず挨拶程度だったのですが
今日は折り返し地点までの1.5kmを、ご一緒できました!
速度を合わせて走りましたが普段の3kmランと何ら変わりない速度、しかし彼はこの速度で毎日1時間/約10kmを走っているそうです
距離を伸ばすのは慣れてくるに従って少しづつ伸ばし速度が遅くなっても良いから歩かない事、辛くなっても暫くすると楽になり苦楽を繰り返すから目標の距離まで走りきる事・・・云々、色々と続ける秘訣を教わりました
眠気に負けて5時起きしていたら、このチャンスは無かったのですから早起き正解です

今朝のジョギング
ラン:3km/18分、全行程:4.2km/28分

今日まで会話しながら走ると言う経験をした事が無かったので『そんな事、無理違う?』と考えていましたが、以外にも簡単にしかも速度を落とさず走れるものなんですね~・・・楽しかった
「またチャンスが有れば、ご一緒させて下さい!」m(_ _)m

午前5時半の東の空
d0119443_1324116.jpg
雲を割って太陽が顔を出しました
ご来光です!
雲が薄くて、これまた正解
正解続きで、良い朝の一時を過ごせました(全てに感謝)
[PR]
by UncleTaku | 2010-07-27 13:47 | Sports

d0119443_13235748.jpg
をイメージしたフライ
水面羽化なので、サンクンダンやサンクンスピナーをイメージして

個人的偏見かも知れませんが
ドライフライ育ちであるが為、羽化方法の違いに因るフライの使い分けを必要以上に意識していたのかも知れません
その上、ウェットフライフィッシングはフライのターンで魚を誘うと言うイメージも強かったのでしょう
極最近まで『水中羽化の昆虫を模したフライで無いと、ウェットと言えど・・・』と言う思いを強く持っていました
オリジナルフライをタイイングするようになってモンカゲロウやカワゲラをイメージしたフライも作成しましたが、半信半疑で使うものですから結果も出ませんでした

しかし今年「ウェットのナチュラルドリフト中心の釣」を課題に今日まで続けている過程で、これ等のフライの実力を見せ付けられました
所謂、羽化や産卵時に発生するサンクンです
[PR]
by UncleTaku | 2010-07-26 14:17 | Fly Tying

午前4時起床、ダンベル、ストレッチの後水分補給、洗顔、用足しをして午前5時前ジョギング開始
d0119443_1321483.jpg
日の出前の空は快晴とはいかず、やや雲多し
お陰で期待したほど涼しくは無い(期待はずれ)
しかし陽射しがない分、暑さは感じません

今朝のジョギング
ラン:3km/18分、全行程:4.2km/28分

ラン終了しクールダウンウォーキング中にご来光の予定が
d0119443_13104981.jpg
雲で隠されて見る事ができません、目隠しの雲の隙間から上の雲を白く照らし居場所だけは知らせてくれました

予定通ではストレッチの後シャワーを浴び、再び寝ようと目論んだのですが
蝉が鳴き始め、やがて大合唱・・・なかなか寝付けず目論み失敗
クマゼミめ~!

今、簡単に計算してみたのですが、3km/18分と言うのは平均速度約10km/hなんですね~
まぁ同じペースで1時間走れるかどうかは疑問ですが、ジョギングが昔流行った頃の理想速度です(今は違うかも知れません)
速度を上げるより同タイムで楽に走れ、そのまま距離を伸ばせるようにした方が良いのかもしれません
因みに先日の5.2kmランで平均速度約9.5km/hと算出されます、平均速度9km/hで1時間走れたら良いですね~
禁漁期にトライできるよう、コース探しと練習に励みましょうか・・・ホントかな?
『果して僕は、いったい何を目指しているのでしょう~??』(笑)
[PR]
by UncleTaku | 2010-07-25 13:38 | Sports

d0119443_12113496.jpg
アブドメンにレッドワイヤー、ソラックスにブラスビーズ
沈める事に主眼を置いたフライ
好みではありませんが、夕方でもカレントの中層でユラユラ揺れてる鱒を何とか反応させたくて
一見食気が無さそうに見えますが、何も食わずにいられる筈は無いでしょう
それなら近くにフライを送り込まねば・・・と言う魂胆です(笑)
[PR]
by UncleTaku | 2010-07-24 12:22 | Fly Tying

湿度が高いのかな~?

d0119443_13163277.jpg
朝6時の太陽
湿度が高いのか、太陽の周りがほんのり赤く染まっています

相変わらず早寝ができません、昨夜も床に着いたのは0:30am
9時過ぎくらいまでは眠かったのですが、10時を回る頃にはそれが何処かに消えていきます・・・幾つになっても宵っ張り癖が抜けないんですね~(苦笑)

今朝のジョギング
ラン:3km/18分(前)、全行程:4.2km/28分

湿度のせいか走ると蒸し暑く、寝不足と合さってペースが落ちました
昨夜の空には雲が多く、放射冷却が起きず気温が下がりきらなかったようです
もう直ぐ熱帯夜が続く日々が来るのでしょう
夜が快晴で放射冷却が起きれば、この時間でも少しは涼しいのですが

スタート時間を1時間早められれば、もう少しは涼しいのでしょうけど・・・
[PR]
by UncleTaku | 2010-07-23 13:48 | Sports

昨日朝の川は
d0119443_14383422.jpg
平水でクリアー、水量はこの時期にしてはやや多めに思えますが釣には丁度良いくらい
ただ天候が・・・ドピーカン、行楽には持って来いですが釣には・・・(涙)
陽射しが川に入れば、全く釣になりません
九尾ダムは送水しておらず、中学校下の瀬のヒラキからバックウォーター状態
日中の天の川は河童日和、それも本日は飲酒喫煙が法的に認められた20代の河童
メールよりフィメールの比率が高かったので不快感はさほどではありませんが(笑)、天候プラスで釣にはなりません
結局午前中は魚の反応を一切得られず1時過ぎに馴染みのキャンプ所で昼食、木陰のベンチでシエスタと洒落込みました
30分も経ったでしょうか?「あそこで寝てるのTakuさんか?」の声が聞こえて顔を上げると当地のお友達・・・30mは有に離れているのですがよく通る声(大声)だこと
「オ~ッ、この前・・・」と話し始めたところへ「オ~ォ、やっぱり来てた」と同い年の(この時期は)鮎師が・・・
何だかんだと知り合いが集まり出しその中にキャンプ客の一人が加わって、20年来のお仲間からお初まで30代~70代のオッサン6人が管理等の軒下に座り込んで井戸端会議
釣がどうの、酒がどうの、タバコがどうの、取り留めの無い駄話に花が咲きまくり1時間半ほど時間を浪費しました(笑)
一歩引いて見ると、男って可愛い存在ですね~

午後4時半、山陰が川面に伸び始めたところで後半戦開始
フライを銜えるのはウグイ、鱒族の姿は見えるのですが緩流帯の底近くに居て食い気がなさそう
6時を過ぎ空気か夜と入れ替わりヒンヤリとしてきた頃にアマゴらしい魚信が・・・魚が小さいのかフッキングしきれずバラシ
そろそろ食い気も出てきたのだろうと場を瀬に移し探り歩く、と流心部でフライを引っ手繰るよなアタリ
d0119443_15214037.jpg
「何や~、お前か~」・・・オイカワ君でした
その後も魚を探して目ぼしき場所を・・・午後7時半、薄暗い・・・いや?薄明るい?兎に角肉眼ではハッキリ見通せない川面で飛沫、銀色に光る魚の頭
こちらと思えばまたあちら、安定したものではありませんが久々のライズです
キャストで正確に狙えないので、ラインの長さを一定にし流し込んでライズした場所へフライを送る
ゴツン・・・グルグルグル、アマゴらしいアタックと銜え込み
d0119443_1532481.jpg
我コンデジには暗い中でも焦点が合わせられるようにピンスポの機能が着いているのですが、マニュアルを読んだだけで使った事が無く操作を思い出せません
仕方なくポケットライトで代用・・・この程度の画像しか得られませんでした(帰ってマニュアル読み直し!)
アマゴをリリースした後は、真っ暗で釣を続ける気が失せました

暫くは雨でも無い限り、夜明け前と日没後で無いと魚の活性は上がらないかも知れませんね

帰り道、飲み物が底を衝き道の駅に立ち寄り・・・
[PR]
by UncleTaku | 2010-07-22 15:59 | Fly Fishing

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ