あるかどうかと言った矢先に、Vol.2
解禁が近付いた今、「もう一寸キャストが上手くなるポイントないの?」とおっしゃる方も・・・えっ!居ません(笑)
まー気が着いた事なんで、少々お付き合いを。
キャスティングが上手く行かない人に多いのが、バックキャストで良いラインの形ができない事です。
前にも少し触れましたが、人間は後方目掛けて行動しやすい構造になってないのです。
ボールを前に投げるのは容易いでしょうが、後に上手くは投げられません。
前向きに走れますが、後ろ向きに走ったり歩いたりは難しいですよね。
同じように、バックキャストは確かに難しいと思います。
フォワードキャストはロッドを引くようにスタートし曲げて押し出すようにフィニッシュし易い構造になっていますが、バックキャストはロッドを曲げるようにスタートしティップを押し出すようにフィニッシュする構造になっていませんか?
d0119443_18243675.gif
フライキャスティングの基本は
ロッドティップをゆっくり動かし始め、ドンドン腕で加速を加え、急激に腕の動きを停止ししロッドの反発力でラインを弾き出す。
と言う事ですが、バックキャストは見ての通りロッドを曲げ方向にスタートするために、普通にロッドを振ったのではティップの初速は全体の動きから見て早くなります。
意図的に低速度でスタートさせないと、フォワードキャストのようなラインを後方に弾き出せません。
残念ながら上手くキャストができない人は勢い良くラインを投げようと思っているので、なかなか低速でキャスティングをスタートできないのが実情です。
そこでスタート速度を遅くするためにキャスティングのイメージを変えて、キャストしてみては如何でしょうか。
「ロッドを振ってラインを投げる」のでは無く、「ロッドの先でラインを引っ張り、逆方向へ弾き出す。」
誰しも振るのと引っ張るのでは、力の掛け具合や動かす早さのなどのイメージは異なると思います。
振るのは「早く」、引っ張るのは「力強く」と言うように。
引きを意識する事で、動き出しがゆっくりになるはずです。
バックキャストもフォワードキャストも同じ事ですが、バックキャストの時にそれを強く意識する事でバックキャストの初速を抑える事が出来ると思います。
一度試してみて下さい。
[PR]
by UncleTaku | 2009-01-31 18:56 | Fly Casting

Vol.2や3が有るのかどうかは、分かりませんが。 (笑)
初心者の人とキャスティングレッスンをしていて、1~2回のレッスンで何とかキャスティングらしくなる人とそうでない人を見かけます。
また、ソコソコの経験者でも10mを越えるキャストになると上手くできないと言う人も居ます。
フライキャスティングが上手く行かない人を見ていると、殆どの人がロッドの倒れ過ぎ傾向と言う共通点が有るように思います。
初めてフライキャスティングを教えてもらった時に「ロッドティップを一直線に加速して止める」とか「ゆっくり降り始めて、ドンドン加速していって止める」など、言葉は色々でしょうがそのようにキャスティングの基本を教わった覚えが有りませんか。
最近、初心者の人とレッスンする機会が多くなって、上手く行かない理由がこの『止める』のところにある事に気付きました。
本来は『腕の動きをゆっくりとスタートし、ロッドティップを加速し続け、加速が最高潮に達したら急激に腕の動きを止める』のですが、投げようと言う意識が先行し過ぎて『止める』がおろそかになってしまっているように思います。
どういう訳か『止める』が『止まる』になっています・・・ニュアンス的に表現が難しいのですが、『強制的に動きを止める』のではなく『自然に止まる』、言い換えれば『減速して止まる』のです。
『止める』なら弾力で曲がりの生じたロッドの反発力でラインが弾き出され、勢い良くナローなループが飛び出すのですが、『止まる』のせいでワイドな力の無いループがヘナヘナ~と飛んで行きます。
ラインの番手にもよりますが10m未満の距離ならなんとか届くかも知れませんが、それ以上になるとどうにもなりません。
「キャストが上手くできない」「ラインにパワーが無い」と悩まれているのなら、この『止める』をもう一度見直してください。
ロッドが曲がり(ロード)から開放され復元する(アンロード)まで、グリップを握っている手に力を入れてでも完全に腕を止めてみて下さい(僅かな時間です)、力強いラインが飛び出して行くと思います。
エキスパートのキャスティングを見ると、この『止める』の後ロッドが跳ね返りで踊るのを防ぐ為にドリフトと言うかホロースルーと言うか、ロッドを進行方向に少し送り込みます。
その動きが淀みなくスムーズなものですから、ロッドをかなり倒しているように見えるかも知れません、しかし良く見ると倒れたロッドより遥か上を直進していくラインが見えると思います。
「倒れすぎ」とか「振り過ぎ」と注意されたら、この『止める』とチェックしてみて下さい。

「振り過ぎ」と言われる場合は別の問題があるかも知れませんが・・・それはまた後日
[PR]
by UncleTaku | 2009-01-29 16:58 | Fly Casting

久しぶりに朝からスッキリ晴れ渡る青空、「ア~ァ、気持ちええなぁ~」
窓から外を眺めると、近所の公園にある梅の木が見えた
日当たりの良い枝は、ほんのり濃いピンクに
「おぉ~っ、咲いとる!」・・・カメラを持って早速撮影。
d0119443_12525472.jpg
青空をバックにピンクの花、全体を見ればせいぜい3部咲き
気温は8℃くらい、風が弱く日向で花と青空のコラボを眺めていたら身も心も暖かくなる気がする・・・似合わんな~、オッサンには(笑)
「もう春も近いんかなぁ~?」

が!・・・続きが・・・
[PR]
by UncleTaku | 2009-01-27 13:52 | 季節

いきなり変な質問で始めましたが、貴方は?・・・多分できると思いますが、できない人に上手く説明できますか?
フライキャスティングがマスターできていない人に「バックキャストが下がってますよ」と言う、前後に伸びるラインが180°になっていないと言う事ではなく。
通常のキャスティングをマスターしている人でも、意図的にフォワードを下げてバックを上げるとなると上手くできない人は居ます。
私は今までそういう人に、例えばバックキャストを高くする代表格の「タワーキャスト」の仕方を上手く説明するのは難しいと思っていました。
自分ができる事をできない人に上手く説明するには、自分の動きを充分理解していなければ言葉にできないものです。
今回ビジュアルで理解して貰うために図を作成していて自分の腕の動きが解析でき、それが正しいのがテストする事ができましたので一部ご紹介。
「そんなの当たり前だよ、今更要らないよ」とおっしゃるベテランには、パスしていただくしか無い話ですので悪しからず。
d0119443_17595567.gif
(図をクリックすると拡大できます)

図の黒はバックキャスト、赤はフォワードキャストを示しています。
左端は所謂ショートキャストでそのアークを拡げストロークを稼ぐ事で右のミディアムレンジのキャストになります。
ミディアムレンジ・キャストのアーク角度を80°と仮定した上下二組の図は、上段は上腕の動き角度を大きくし前腕の動き角度を小さくしてあり、下段は逆に上腕の動き角度を小さく前腕の動き角度を大きくしてあります。
グリーンのボックスは上段バックキャストのティップが動くエリアを示し、同じボックスを下段のバックキャストに重ねて比べました。
始点を揃えたのでティップの移動高さが低く終点が低い下段は上段に比べて低い弾道でラインを射出した事になります。
即ち上腕の動き角度を大きくし前腕の動き角度を小さくすると、バックキャストを高くフォワードキャストを低くできると言うことになり、逆にするとバックキャストを下げフォワードキャストを上げる事がでくると言う事になります。
実際のロッドの動きは曲がりも加わり、図の通りでは無いでしょうが・・・
但し、超遠投をする為にフォワードキャストを高くする動きはこれと異なります。
[PR]
by UncleTaku | 2009-01-22 18:54 | Fly Casting

1/18 Fly Casting Lesson

♪小~ぬか~雨降る~♪♪(古い?)
では無く小雨の降る中、参加者6名。
気温は9℃近くまで上がったようですが、雨のせいで少々底冷えを感じる状況でスタート。
d0119443_13364737.jpg
風は弱くレッスンに悪影響を及ぼすほど吹く事も無く、午後3時頃にはその雨も一旦あがるなど「結果オーライ(これも古い)」のレッスンでした。
集まってくれた6名のキャリアや技能はマチマチで、其々課題を抱えています。
全員がと言う事ではありませんが、キャスティングがスムーズにできない人の共通点は見えてきました。
その共通点は「投げよう、とする気持ちが強い」のだと思います。
ロッドティップを一直線に加速し続けロッドを曲げ、ロッドの反発力を利用してティップの軌跡の延長線上にラインを伸ばすように心掛けると、上手くラインが飛んで(伸びて)行くのですが。
「ラインを投げよう」とする気持ちが腕の各部の動きを増幅させ、ロッドティップの軌跡が曲線になりスムーズにキャストできなくなっているのです。
説明して修正した時は上手く行くのですが、自分で練習して行くうちに元に戻ってしまう。
気持ちも含め動きを修正するのは時間が掛かる事だと思います、でも個人的にこれからレッスンの時に「Cast」と言う言葉を日本語の「投げる」に置き換えずに「伸ばす」と言う言葉を使うようにしようと思います。(それで良くなるかどうか・・・?)
ともあれ、寒い中参加していただいた皆様「お疲れ様でした!」

そうそう、先月のレッスン後キャスティングの腕やロッドの動きを自分なりに図にして解析し、見えてきた腕の各部の動きの連携とラインの方向と言うものも自分で試す事もできました。
説明すると「何ヤ、当たり前ヤン」みたいな事ですが、意外に意識していなかった事なんです。
しっかりと固まりましたら、何かの機会に発表してみます。
・・・期待しないで下さい(笑)
[PR]
by UncleTaku | 2009-01-19 14:41 | Fly Casting

今日は1/16、1月ど真ん中の日。
去年レポした桜の木に1月初め頃から小枝が伸び始め、その先端が徐々に膨らみ始めました。
d0119443_1315547.jpg
ツボミと言うには、あまりにも小さい花芽。
寒気による冷え込みも今朝で峠越え、暫くは暖かな日が続くようですが、一番寒い2月(今年はどうなるか?)が控えてます。
花が咲くには耐えて越えなければならない時期があるんですね・・・何事にも・・・
[PR]
by UncleTaku | 2009-01-16 13:16 | 植物

バックキャスト・・・

キャスティング・レッスンで見ていると、肘から先(前腕と手)の動きがメインまたは肘から先の動きだけでフライキャスティングしている人を良く見かけます。
ビデオ等を見てもインストラクターが完全なオーバーヘッドキャストをして見せているケースが少なく、スリークウォーターと言われる腕を外側に傾けたキャストで見本を見せているのが多いように思います。
その上インストラクターの真横からと言うより顔が入る方向にカメラを構えているようで、上腕の動きがあまり映っていないケースが多いようです。
そこで腕全体を使ったキャスティングフォームと肘から先を使ったキャスティングフォームでのロッドティップの軌道の違いを図で見せようと色々工夫を凝らしてみました。

と、此処までは前置ですが(長~ぁ)
フォワードキャストで対比を表すために線画を作った時に、ふと『バックキャストも作って、フォワードとバックの違いを対比するのも面白いかな?』と作ってみました。
d0119443_1434685.gif
実際のキャスティングを多重露光で撮影するのが良いのでしょうが、そんな設備は持ってませんので(当たり前やがな~)各部の稼動角度を30°に仮定して作成。
上腕から動き出し前腕そして手の順に動きを追加し実際のキャストに近い動きに、当初から対象になるとは思っていませんでしたがバックキャスト(黒)とフォワードキャスト(赤)の違いに驚きました(スタートからの各部の動き出しタイミングと角度は全く同条件です)。
始点と終点の図は両者が重なって同じなのですが、赤黒全く異なる動きをしています。
実際のロッドはこのように直線ではなく負荷で曲がりが生じティップの軌跡は直線に近くなるのでしょうし図が実際の動きを100%再現しているとはいえませんが、バックとフォワードのスタート直後にロッドに加える力の方向が全く異なり実際にもこのように。
フォワードはリールシート側へ曳く様に動き出すのに対し、バックはロッドの垂直方向に動き出そうとしています。
同じ速度で各向きに腕が動き出すとしたら、ロッドティップを通してラインに掛る力(速度)はバックキャストの方が大きくなり、ゼロからスムーズに加速することが難しいと言う事になります。
「バックキャストを綺麗にする事を意識してキャストした方が良い」とよく言われますが、これがその理由なのかも知れません。
人間の構造は前方に行為を行うようにできているとつくづく思います、歩くのも走るのも視界が前方に開けている事(目が前方にある事)を抜きにしても前方の方がスムーズですし物を投げるのも。
「バックキャストを制する者は、フライキャスティングを制す」は言いすぎかもしれませんが、
「バックキャストを綺麗にする事を意識してキャストする」と言うのはフライキャスティングにとって大切な事だと言えるでしょう。
[PR]
by UncleTaku | 2009-01-11 15:31 | Fly Casting

フライの水中ルックス第2弾(チョット、オーバー)
Soft Hackle With Chikabouをメインに使った水面下のフライ
d0119443_13134634.jpg
チカブーのモアモアがボディーにまとわり着いたシャックや脱ぎ掛けのレッグのように見え、想像していた通り。
水中から引き出したフライが凄くリアルな容姿なのに水中では「何、これ?」って事がたまに有ります、サカナは水中で見ているのでこのような姿をチェックする事は大切だと思います。
特にモアモア系のフライは・・・

有り合せのティペット使ったけど・・・太過ぎたなぁ~ (笑&汗)
[PR]
by UncleTaku | 2009-01-08 13:29 | Fly Tying

正確に言うなら、水中からフライがどう見えるかの話なんですが・・・
昨年末のウィング角度を少し変えたトラップド・ダンが使用時、水中からどのように見えるか自分でも興味が有ったと言うか、思い通りのルックスになるのか知りたかったのです。
先ずは、ウィングとテールを水面に張り付かせた状態
d0119443_14273954.jpg
上が正面、下が側面。
そして、テールが沈みウィングのみ水面に貼り付いた状態
d0119443_14471151.jpg
同じく上が正面、下が側面。
使用開始間無しと数度ドリフトした状態と考えていただいても、意図的にフロータントの施し方を変えたと考えていただいても問題はありません。
水面のミラー現象とあいまって、同じフライが異なるものに見えますね~。
両方ともライズしている魚が、フライを見つけた状況に近い角度。

捕食直前は
d0119443_14582034.jpg
トラウトウインドーの境界に位置するとウィングが見えるだけでなくミラー現象の虚像も見え、妙にリアルな感じがするのは私だけでしょうか?

ハッキリ言って視認性は良くありません、このタイプのフライはライズに向ってプレゼントするので視認性はさほど気にする必要は無いと思います。
[PR]
by UncleTaku | 2009-01-06 15:18 | Fly Tying

初詣

初詣に近くの神社へ
と言っても住居の西と東に、どちらも2kmほど離れて2社。
その1社「桜井神社」へ
d0119443_1557282.jpg
「国宝」と書かれてあります・・・が、云われは知りません (苦笑)
[PR]
by UncleTaku | 2009-01-02 16:11 | Others

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ