<   2008年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Walking

金曜日の雨が上がってから一気に秋の空気に様変わり、朝夕がめっきり涼しくなり肌寒ささえ感じるようになりました。
近くの小学校では今日が運動会なのか、大勢の父兄がマットやイスを持って入っていく姿が。
観戦には多少肌寒いかも知れないですが、演技をする生徒達には丁度良い感じではないでしょうか。
私は只今、Walking中
d0119443_1255457.jpg
今は薄手の上着を羽織っていますが、10分もすれば荷物の一つになっているでしょう。
自宅から最寄駅まで約3.5kmを30分少々、雨天で無い限り毎日歩いています。
「なぜ?」って・・・
メタボ予防ではありません・・・断じて(汗)
近年、シーズン中の渓流で(年齢のせいか?)足腰の衰えを感じるようになったからです・・・こっちの方が情けない(苦笑)
このWalkingを始めて約2年、今シーズンは早い時間から川原の石に腰掛けてライズ待ちするような無様な姿を曝さずにすみました。
まだ昔のように颯爽とは行きません、川原でふらついたり土手を下るときに屁っ放り腰になってしまったり・・・バランス感覚の特訓方法と言うのは無いのでしょうか?
[PR]
by UncleTaku | 2008-09-28 13:25 | Sports | Comments(0)

自己責任

昨日TVで、こんな話しを耳にしました。
「大阪市が、大阪港の護岸(防波堤を含む)の立ち入り禁止を法令化する動きが・・・」
釣公園以外の護岸には以前から「立ち入り禁止」とか「釣禁止」と言う看板が掛かっている、危険な場所だから入らないようにと言う注意書きだ。
法的規制では無いし、釣りを含むアウトドア・スポーツは危険を承知で自己責任で行動しているのだからと注意を促すだけで黙認されているのが現状だ。
だから休日に大阪港の彼方此方で釣りを楽しむ事ができると言う訳だ、が、今になって何故?
その番組によると、
大阪港で釣をしていて転落し死亡した釣人の家族が、「安全管理不行届き」と市を相手に裁判所に訴え出た事が原因らしい。
有料施設で遊んでいて事故に遭ったのなら施設管理に問題がと言う事もあるかもしれないが、登山や釣等のようなアウトドア・スポーツは殆どの場合そのような施設を利用している訳ではない。
当然、利用規則も無いので行動は全て自己責任、危険は自分で回避しなければならないはず。
それをこのように責任転嫁されたのでは、法令化してでも規制しようとする動きも当然の事かもしれない。
内容は報道によるものだから事実は正確には分からないが、自己の責任を云々せずに他者の責任追及のみを行う事がまかり通るのも如何なるものか?
このケースの場合、釣人側の責任逃れや無責任さが際立って見えてしまうかも知れないが、一方市の方は護岸をもっと安全な形状にし市民に自然と触れ合う場所を提供する事も公の責任ではないのでしょうか?単純に法令化して規制をかける事も一つの責任逃れなのかも知れません。
今後どのような進展を見せるのか分かりませんが、ある意味楽しみです。
全ての人が自己の責任を見据えて行動して行かないと利己主義者の集団になってしまいますよね、この国は現在多少その傾向に傾いている様に感じますが・・・(イジメ、モンスターペアレント、自殺サイト、云々)

因みに、渓流や河川や湖等で漁協に遊魚料を支払うのは漁協が維持管理している魚を釣ると言う事で支払っているのであって、河川や湖の入場料(施設料)ではありません。
河川や湖の権利者は国であって漁業協同組合(漁協)は国から漁業権を与えられているだけなのです、言い換えると漁業権のある漁協が管理している魚(天然魚も含まれる)に対し遊魚料を払わず(漁協と契約を結ばず)に釣と言う行為を行う事は窃盗と言う列記とした犯罪行為になると言う訳です。

自己責任・・・もう一度自分を振り返ってみる必要がありますね~。
[PR]
by UncleTaku | 2008-09-25 17:56 | Others | Comments(0)

CDC Spent Spinner

随分以前になりますが、mattwalker氏から教わったCDCスペントスピナー。
私家アレンジを加え、何度かの変身の果てに落ち着いたスタイルが
d0119443_1416671.jpg
テールがバイスに被ってよく分かりませんが、スプリットでは無く扇型にやや開きめにしてあります。

前方から見ると
[PR]
by UncleTaku | 2008-09-23 15:19 | Fly Tying | Comments(0)

Fly Casting Lesson

今年の鱒族の釣りも、関西域殆どの渓流では今月末で禁漁となります。
「海や管釣、俺にはOffは無い!」と言う諸兄も居られるとは思いますが、渓流Offのこの時期にキャスティングのレッスン(練習)をされると言うのは如何でしょうか。
魚の居ない場所でロッドを振ると言うのも何か寂しい気がするかも知れませんが、魚の居る所でキャスティングに熱中できるF.F.マンがいるでしょうか?それはもっと寂しい事でしょう、きっと!
私はよくある事ですが、日々釣行を続けているうちに思うようにラインが伸びないとか、ラインコントロールが上手く行かないと言う経験をしませんか?
実釣では頭上や背後の木、崖や岩と言った障害物を回避しながらキャストしていて妙な癖が着いたりするものです。
プロ・スポーツ選手も練習無しには素晴らしいプレーをする事ができないのと同様に、フライ・キャスティングも練習しないとヘンになって仕舞います。
Off Seasonに練習する事は大切な事です、とは言うもののフライ・キャスティングの練習は一人では難しいもの。
顔より前は自然な形で自分の目で確認できますが顔より後は中々上手く確認できません、「振り返れば良い」と言うものでしょうが振り返れば腕や肩の位置が変化する事が多く上手く行きません(これができる人は相当な腕前だと思います)、ここはやはり誰かに見てもらうと言うのが得策です。
そこで提案・・・キャスティング・レッスンしませんか?
d0119443_16134537.gif

[PR]
by UncleTaku | 2008-09-22 16:18 | Fly Casting | Comments(0)

只今増殖中

今回はShopネタで恐縮ですが、只今Commercial Flyが増殖中
d0119443_16573869.jpg
少しづつですが、実績のあるフライを追加しております。
[PR]
by UncleTaku | 2008-09-18 17:01 | Information | Comments(0)

9/14 中秋の名月

満月には少し足りないらしいのですが、暦の上で中秋。
昼間は結構暑いのですが、秋も半ば。
空にはポッカリ名月が
d0119443_12224963.jpg
・・・、台風13号から流れ込む湿った空気で霞んでます。
ススキもまだまだ青く、月見の飾りには程遠い。

・・・団子だけ、いただきま~す ^^;
[PR]
by UncleTaku | 2008-09-15 12:31 | 季節 | Comments(0)

ガガイマ

ガガンボのイマージャー
d0119443_15342414.jpg
一種のソフトハックルフライと言ってしまえば、それまでだが。
春先まだカゲロウの羽化量が少なくユスリカやウスバガガンボが少量水面近くをフワフワ、水面にライズが殆ど無く水中で時折魚がギラつく、そんな時のお助けフライ。
従来、自分の中ではそう言う位置づけでしかなかったフライです。
しかしガガンボはシーズンを通して見かける水生昆虫です、量や種類の差はあれ盛夏のカゲロウやカワゲラ、トビケラといったF.F.馴染みの昆虫が少なくなったときにも見かけます。
今シーズンこのフライに対して認識を改めました、盛夏の渓流でテレストリアルパターンのフライにナーバスになり瀬の底付近で身構える魚にも有効であると。

テレストリアルのドライフライに反応が渋くアント・ウェットやガバナーといったウェットフライにも反応が悪かった魚に、岸近くを飛んだり蜘蛛の巣に掛かったガガンボを見つけて一か八かでフライチェンジ。
沈み石の前方へ流速よりやや遅い速度で流し込んだフライに「ゴツン」・・・、何度かこのフライに救われました。
テレストリアルを模したフライにいじめ抜かれた魚にとっては、数少ない水生昆虫の方が安全な餌に見えたのでしょう、多分?
[PR]
by UncleTaku | 2008-09-14 16:33 | Fly Tying | Comments(0)

9/16から翌年3月の解禁日まで禁漁に入る天川へ、9/10今期最終(管理釣場は除く)釣行してきました。
タイトル通り「撃沈」』・・・木っ端アマゴは遊んでくれましたが、大人のアマゴには無視され(号泣)シーズンを閉じました。
秋晴れの空を映したかのようなJ谷の澄んだ流れ
d0119443_16405269.jpg
これでカゲロウが水面を流れたらと、心だけはトキメキましたが・・・水面には虫も魚も・・・(泣)

明るい時間帯は姿を見せなかった虫達・・・
[PR]
by UncleTaku | 2008-09-11 17:10 | Fly Fishing | Comments(2)

ゲリラ雷雨

今年流行の(?)ゲリラ雷雨、積乱雲が急発達し雷を伴い豪雨降らせる。
今日午後3時前に空が暗くなりやがて雷の音、途端に大粒の雨が降り出し道路を水が流れ出した。
3時から4時までに19mm、4時から5時までの1時間に89mmと2時間で100mmの大雨。
大阪府泉州地方に大雨洪水警報が発令、近くのJRの駅が浸水してダイヤが乱れたらしい。
d0119443_18242180.jpg
窓ガラスに吹き付けられた雨がガラス面を流れ、外の景色が歪んでいます。
5時には、まるで嘘のように止んでしましました。
午後6時には警報解除、今度は奈良県五條市から奈良県北部に大雨洪水警報が発せられました。
もし、この雷雨に渓流で釣りをしている時遭遇したらと考えたらゾーッとします。
雷が鳴って雨が降り出したら5分も経たない間に水が濁り増水、進路も退路も絶たれてしまいかねない。
気象予報でも今のところ発生する可能性があるくらいの発表で、実際は発生してみないと分からない。
こんな気象って数年前にはあったでしょうか?何か変ですね。
もし渓流へ行かれる時は雷音には注意を払い、少しでも聞こえたら(気がしたとしても)直ちに脱渓できるところに移動して直ぐ様変化に対応できる体制をとった方が良いですね。(怖や、怖や、)
[PR]
by UncleTaku | 2008-09-05 18:42 | 季節 | Comments(2)

土砂降り

9/3残り少ない天川釣行(禁漁まで後12日)
前日の雨にも濁らず(大降りでは無かったから)、逆に水位が少し下がった上流部
d0119443_16563914.jpg
魚の姿が・・・(泣)
日影の多い流れに入れば良かった(後悔)
降ったり止んだりの釣日和・・・遠くで(川の音の中でも聞こえる・・・そんなに遠くない)雷。
ヤバッ!最近流行のゲリラ雷雨、積乱雲が急発達して大雨を降らすアレ。
そそくさ退散
漁協事務所で雨宿りを決め込む
事務所に入るや否や本降りに・・・そして土砂降り。
雨が止むまで2時間一寸、色んな話をしました。
その中で禁漁日のはなし・・・なんで、天川はもうチョイで良くなる中旬で禁漁にするの?
9月後半になったらアマゴもイワナも産卵の準備に掛かるからな~・・・禁漁前になったら餌釣のお客さん(日券での)多なるの知ってるやろ・・・昔からできるだけ天然物残したい言うて9/15を禁漁にしてるネン・・・分かるやろ
多くは語りません・・・

さて本流は
[PR]
by UncleTaku | 2008-09-04 17:32 | Fly Fishing | Comments(2)

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ