<   2008年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

サクラ

本日2/29、うるう年2月の最終日。
明日から3月・・・春?
三寒四温、四温の2日目、確かに初春の感がある陽射しで日向は暖かい。
天気予報では本日の最高気温は13℃、でも明け方はヤッパリ寒かった。
今朝、自宅近くのサクラにツボミを発見!
かなり前から膨らみ始めていたけど、遠目にもツボミを意識できるようになったと言うのが正しい。
d0119443_15524294.jpg
今のところ西日本から東日本のサクラ開花予想は3月下旬、一月近く先の話だからこんなものかも知れないが小さく堅い。
今年は入学式とサクラの開花が一致するかなぁ?
[PR]
by UncleTaku | 2008-02-29 16:03 | 植物 | Comments(0)

パイロット・フライ

昨年マッチ・ザ・ハッチように作成したパラシュート・パターン、流速の有る無しに関わらず魚の反応が良かった。
ハックルの巻き数を少し増やしてパイロット・フライにしてみようかな?エクステンド・ボディーは少々面倒だけど。
d0119443_16275672.jpg
解禁が近くなって少しだけTyingモード、残念ながら細かな作業に眼が(正確には老眼の眼が)着いてこない、眼が若返る方法って無いの~?
細やかなスレッド・ワークが無く指先の作業で何とかなるこのパターンが案外Tyingし易い、指先の感覚も昔に比べると少し鈍くなってるかなぁ?(苦笑)

エッ、今回で投稿100回目!
もう一寸マシな話題にしたら良かった (^o^;)
[PR]
by UncleTaku | 2008-02-23 16:44 | Fly Tying | Comments(0)

昨夜の月

月に群雲
d0119443_124118100.jpg
空全体が雲に覆われているわけでは有りません、首を90度横に振ると星が見える場所があります、空の2/3が雲くらいの状況です。
月は雲に覆われてはいるのですが、雲が薄いので光が透けて見えます。
1週間前の寒気の指のような濃く細長い雲の集団とは違い、薄い綿を拡げたような柔らかそうな気持ちが緩む雲です。

その雲に覆われた月を・・・続きを読む
[PR]
by UncleTaku | 2008-02-22 13:13 | 季節 | Comments(2)

シロハラコカゲロウ D.D.

フックサイズとマテリアルを変えると、前回のオオクママダラカゲロウから
シロハラコカゲロウへ変身。
d0119443_1361426.jpg
よく考えると、Flyってこんなモノなんですねぇ ^^ヾ

そのFlyを・・・続きを読む
[PR]
by UncleTaku | 2008-02-19 13:33 | Fly Tying | Comments(0)

Fly Casting

2/17(日曜)、春を目指してのCasting Lesson最終回をしてきました。
今シーズンのOffになったら再開しますので、その時は奮ってご参加下さい。

前回は雨そして今回は
d0119443_13263045.jpg
画像にいくつも白いノイズが・・・、ノイズではなくボタン雪です。
空には灰色の重そうな雲。

そんな中・・・続きを読む
[PR]
by UncleTaku | 2008-02-18 15:01 | Fly Casting | Comments(0)

オオクママダラD.D.

3月中旬から4月初旬にかけてハッチする、オオクママダラカゲロウ。
3月を中心にハッチするナミヒラタカゲロウやタニヒラタカゲロウに次いで大きなカゲロウ、春先のミッジFly中心の時期にこれらを見かけるとワクワクします。
ヒラタカゲロウ属の水中羽化に対してオオクママダラは水面羽化、魚達にとってはこの上なく食べ易い存在ではないでしょうか。
ハッチが始まると、流の筋でユッタリとしたライズが見られるようになります。
そこで、もっとユッタリとお食事して頂くために
d0119443_14455547.jpg
ドランク・ダンに仕立てました。
フロータントを施してスペント・ダン、水中に沈めてサンクン・ダンと水面水中のどちらにも対応できます。
週一ペースの釣行では運悪く出会えないときもありますが、今年はどうかなぁ・・・p(^o^)q
[PR]
by UncleTaku | 2008-02-14 14:55 | Fly Tying | Comments(0)

降雪

午前8時頃から降り始めた雨が、11時前に雪に変わりました。
昼前にはこの通り
d0119443_12472220.jpg
子供は喜ぶのでしょうが、雪になれないこの地で交通機関に影響でなければいいのですが。^^;
[PR]
by UncleTaku | 2008-02-09 12:50 | 季節 | Comments(0)

ウスバガガンボ

早春の川でユスリカがハッチの中心と言う時に、川面を転がるように飛んでゆく(飛んでるのか?風に飛ばされてるのか?)ウスバガガンボ。
川面近くを飛んでいるガガンボにライズする魚は見たことは無いが(釣人の少ないプレッシャーの無い川ならあるかも)、水面膜を破れなかったものや水面に捕らわれて流されるガガンボはかなり多く、それにライズする魚は結構多iい。
そこで春先用のFlyとしてウスバガガンボのFly
d0119443_1538110.jpg
イマージャーと言ってしまえば良いのかも知れないが、水面膜に絡ませても、水面直下を流しても結果がでるので今のところ名前を付けてません。
イマージャーにもスティルボンにも通用するので強いて名づけるならば「I.S.ガガンボ(正しくはE.S.でしょうけど)」?、何か「よく釣るフライフィッシャー」のFlyみたいで私にはシックリきませんね ^^ヾ
視認性の良いFlyとは言えませんが、毎春お世話になるFlyです。
[PR]
by UncleTaku | 2008-02-08 15:59 | Fly Tying | Comments(0)

Stillborn Midge 2

昨日が立春、暦の上ではもう春。
今日は昨日までと打って変わって上天気、空気はまだまだヒンヤリしてますが陽射しに暖かさを感じます。
こんな天気の日やったら、日向のプール(渓流の)でポツン、ポツンとユスリカがハッチしてるんやろな。
と言うことで
d0119443_1355896.jpg
今回もスティルボン・ミッジ。
前回は脱皮途中でのスティルボン。
今回は水面膜に捕らわれたまま脱皮が完了してしまったスタイル。
[PR]
by UncleTaku | 2008-02-05 14:09 | Fly Tying | Comments(0)

昨日の夕方から降り始めた雨が夜中に雪に変わり、夜明けには道路が真っ白に。
その雪も午前9時ごろには雨まじりになり、少し融けはじめた。
d0119443_17152072.jpg
天川村の知人に電話で様子を確認、解禁近くなるとこんなことも気になる、バカですね。
五条市まで真っ白に積もっていると移動の車中からの報告、思わず「残りそうか?」と聞いてしまった。
道路事情を心配したわけではない、解禁までまだ一月以上ある。
気になるのは山に雪が残るのかどうか、山に残れば徐々に地中に浸み込み春以降の水量を少しでも安定させてくれる。
雪代を気にするほど積もったことが少ないので、雨が降るよりありがたいからだ。
回答は「明日には消えるよ」、期待と裏腹なのかそれとも道路情報としてなのか?
頭の中で
「解禁まであと何回か降るかなぁ?」
「けど、解禁以降は降らないでいて欲しい」
あまりにも都合良過ぎるかも知れませんが、釣人ってこんなもんですよね。 (^-^ゞ
[PR]
by UncleTaku | 2008-02-03 17:38 | 季節 | Comments(0)

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ