良いお年を m(_ _)m

仕事納めです
4月にこのBlogをスタートして早9ヶ月、今年最後のUPです。
9ヶ月間つたないBlogにお付き合い戴きまして、ありがとうございました。
気が向いたときだけのUPで定期的ではありませんが、来年もお付き合いの程、宜しくお願い致します。
年末年始に寒波が襲来するようですが、風邪など召されぬよう、ご自愛ください。

では皆様、良いお年を、お迎えください。
d0119443_13122398.gif

[PR]
by UncleTaku | 2007-12-30 13:19 | 季節

Fly Tying

アカマダラより早く3月後半から4月前半にかけて羽化するオオクママダラ、結構大型のマダラカゲロウで昼間に水面羽化してくれるとっても有り難いカゲロウです。
オオマダラより羽化期が長いのですが、周一ペースのF.F.マンにとって何週もハッチに出くわす訳では有りません。
で、事前に準備することをお勧めします。
と言うことで今回のFlyは、オオクママダラカゲロウのフローティング・ニンフ。
d0119443_1257827.jpg
C.D.C.でウィングケースからウィング(インジケーター)を作る事が多かったのですが、今回は耐久性重視と言うことでラムズ・ウールでインジケーター(ウィング)を設けました。
Legは揺らめき狙いでWet Flyのように長めにハックリング、バランスは吊下がりではなくホリゾンタルになるようにと考えて。
フロータントを施さなくてもラムズ・ウールで充分な浮力を得ることができますが、どうしてもフロータントを施したいのであればインジケーターの上部にだけにする方がいいでしょう。
いづれにしても本体は水中で揉むか唾液を付ける等、水に馴染むよう工夫をしてメリハリのある浮き方をさせてください。

でも・・・続きを読む
[PR]
by UncleTaku | 2007-12-28 13:38 | Fly Tying

Coffee

Coffeeはお好きですか?
砂糖は入れますか?私は入れません、別にダイエットしてる訳では有りませんがコーヒー紅茶の甘いのはあまり好きではないから(疲れている時は入れますがね)。
昔は一度に何杯でも飲めました、でも歳のせいか緑茶や紅茶なら飲めるのに胃もたれを感じるようになりましたね。
でも好きです、パコレター、サイホン、ネルドリップ、どの入れ方でも、エスプレッソも好きです。
キャンプのときに屋外で飲むのは最高ですね、コーヒーではなくCoffeeって感じしません?私だけかな?
d0119443_13432521.jpg
この臭いを嗅ぐと、妙に落ち着きます。
含まれるカフェインは興奮作用があるのに、何故なんでしょうね。

最近は・・・続きを読む
[PR]
by UncleTaku | 2007-12-26 14:17 | Food & Drink

再び、近くの公園内の池より。
鴨の数が増えました、前回のハシヒロガモ以外に同じ様なサイズのやら、大きいのが。
d0119443_13364675.jpg
大型の鴨は立ち位置から遠く、種の確認ができない。
大型の鳥ほど臆病なのか、近くに寄るのが難しいように思う。(カラスや鳩は別ですが ^^;)

今回のご紹介は・・・続きを読む
[PR]
by UncleTaku | 2007-12-24 14:24 | 鳥類

Fly Tying

春先、まだカゲロウの羽化が多くない頃
クロカワゲラやオナシカワゲラと言った小型のカワゲラが、産卵のため日中に群れになって川面に飛んでいくのをよく目にします。
そんな時、浅い瀬であるにも拘らず、それらにライズする魚を見掛ける事がありますね。
そんなライズに効果的なと言うか、魚を手にすることのできたFlyを紹介します。
d0119443_1530854.jpg
取り立ててオナシカワゲラをとかクロカワゲラを云々意識したFlyでは無く、ただ小型で虫っぽい(?)と言う感じでTyingしただけのFlyです。
マテリアルは3点、スタンダードなハックルフライのハックルを下側から持ち上げ、ダビングファーでThoraxを設けただけ。

このFlyを・・・続きを読む
[PR]
by UncleTaku | 2007-12-19 16:08 | Fly Tying

コンビニ・おでん

「おでん」
関西では、大阪ではかも知れませんが「関東煮」と書いて「かんとうだき」又は「かんとだき」と呼ばれている、オジサンの酒の肴Top10には入る食べ物。
コンビニエンス・ストアーでも、何年も前から販売されていましたが、「ヤッパリ居酒屋か屋台やで」と手を出さなかった代物です。
ふとした切欠、いや魔が差したのか?ある日コンビニで、コレが食べたくなったのですねぇ・・・
d0119443_14501097.jpg
食べてみると結構いけるんです、コレが!「目から鱗」(そんな奴ァ居らんやろゥ)
ロー○ン、7/○、ファ○リー・マートそれぞれ味は異なるんですが、単価的に見ても○か◎をあげられます。
缶ビール片手にコレを・・・(そらぁアル中のオッサンやで!)
「安上がりでエエかも」「あっ、ヨ○レ出てきた」「ほな、今日はこれで失礼します!」m(_ _)m
[PR]
by UncleTaku | 2007-12-13 15:14 | Food & Drink

Fly Tying

Spent Spinner
マダラカゲロウを意識したパターン
春先に羽化するオオクママダラカゲロウの雌のSpinner、Full spentのスタイルで。
H.P.のMy Flyで紹介したパターンです。
先ずは横から見たスタイル
d0119443_13282943.jpg
ジェイソン・ボーガー考案のローライダースタイルのハックル、アイ側を後方へ折り返すので多少厚めにTyingしてもFly Sizeは大きく感じないのですが、コレがSpent Wingを表現するのでそれを考慮した方が良いでしょう。
パラシュートタイプのハックルは本来浮力が大きいので厚巻きしなくても充分な浮力を得られます、Flyがあっという間に沈むのはリーダーやティペットのドラッグが原因になっている事の方が多いのです。
Abdomenの先端が下がり気味でTailをやや上向きにすることで、抱卵した雌をイメージ。
インジケーターは長めにしてありますが、イヴニングでの使用を考慮しているからで。
明るい時間帯に使用する場合は、視認でき得る範囲で短く刈り込んだ方が良いと思います。

このFlyを・・・続きを読む
[PR]
by UncleTaku | 2007-12-11 14:09 | Fly Tying

Fly Casting Lesson

12/08予定通り、Fly Casting Lessonをしてきました。
今回は、Kさん、Namihayaさん、Coronちゃんの3名が参加、賑やかになって寒さを感じませんでした、でも上着を脱いでいたら寒かったです、ハイ。(^^;
風が強い上に、公園は翌日開催されるシクロクロスの試走日でコースが設置されており、
Lesson場所が制限されてしまいました。
幸いなことに防風林の脇に結構広い空き地があり、風を防げるのでそこに陣取ってLesson開始。
d0119443_1404898.jpg
Fly Fishing暦は3年~20年超とバラバラで、当然悩みもバラバラ。
しかし、ラインが上手く延ばせない人の原因は同じところにありました。
言葉にすると「フライロッドを前後に振り、ロッドティップを一直線に、0から加速し続け、最高速でストップし、ラインを前へ後へ直線に延ばす」のですが、ロッドで実現するのはナカナカです。
ロッドティップの軌跡が一直線のはずなのに妙に湾曲したり、振り出し速度が一番速かったり、減速してストップしたり、バックキャストとフォワードキャストが一直線になっていないなど。
遠くへ飛ばそうと思うあまり、身体の各所に妙な力が入ってしまうのです。
私もCasting Schoolで「力が入ってます」「力み過ぎ」等とよく言われました、W先生に見られたら今でも言われるかもしれませんね。
Fly Castingも自転車に乗るのと同じで、始めはどうしても身体に力が入り上手くできません、しかしコツさえつかめば「何のことは無い」と言うようなものです。
懲りずに練習を続けましょう。
[PR]
by UncleTaku | 2007-12-09 14:59 | Fly Casting

Fly Tying

Nymph
コカゲロウのEmerging Nymph・・・
正確にはNo-Weight Nymphなんです、Dly Fly用のHookにTyingしたNymph。
d0119443_1332334.jpg
単純に表層を流して使うこともありますが、水面直下で捕食行動をとっている魚の目の前で浮上させるように使います。
魚のかなり前方から底へ向う流にキャストして沈め、魚の少し前でラインを止め浮上させEmergingを演出。
上手くいくと魚が押さえ込むように襲い掛かります、目で見えるので早合わせは厳禁、むしろ送り込むくらいの方がBest。

横から見た姿は普通のNymphですが・・・続きを読む
[PR]
by UncleTaku | 2007-12-07 13:43 | Fly Tying

Fly Tying (Midge)

昨日から西高東低の冬型の気圧配置で、北風が強く「いよいよ冬だなぁ」という感じです。
「冬が来れば次は春、春になれば渓流の解禁!」渓流釣バカの頭の中は先走ります。
早春パターンと言えば「ミッジ」、解禁の定番フライのように誰もが準備します。
私の場合ミッジ・アダルトはFlyBoxに入っているのですが出番が少ないFlyです、「どのみち小さくてよく見えないのならミッジ・ピューパでやっても大差はないしピューパの方が反応が良い」と言う持論に基づくものかも知れません。
で、前日にでも10本や20本の量産が効くミッジ・ピューパ
d0119443_15262434.jpg
Bodyをピーコッククイルやグースバイオットで巻き上げ、強化のためにバーニッシュや瞬間接着剤で、私の場合はマニキュアを使ってコーティング。
硬化時間を待つのが嫌なので、そこまでの工程の仕掛品を量産、コーティングが硬化したものからThoraxを仕上げていきます。
その量産性から私にとって事前にtyingすることの少ないflyです。
Tyingは簡単ですが、緩やかな流れの中で表層近くを左右に揺れながら何かを喰っている魚には効果絶大のFlyです。

そうするうち・・・続きを読む
[PR]
by UncleTaku | 2007-12-05 16:10 | Fly Tying

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ