<   2007年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

快晴!

昨日は明け方の雷鳴と土砂降りの雨、一気に目が覚めてしまいました。
H.R.のある天川村では、午前11時ごろの落雷で登山者が負傷する事故が有りました。
幸い生命に係わるような事態に至らなかったようです、大学の山岳部の方達だったようでそれなりの対処ができていたからかも知れません。
自然の力は絶大です、釣に出かけるときも「これくらいなら大丈夫だろう」と安易に考えず、充分に注意して行動しなければ。(自戒)
一夜明けて今日は快晴の朝を迎えました、湿度が低いためか空には雲一つありません。
d0119443_12342674.jpg
日向は暑いですが木陰はさわやか、流れる汗も直ぐ乾き汗びっしょりになる事無く、気持ちよく駅まで歩けました。
^ ^ v
[PR]
by UncleTaku | 2007-07-31 12:41 | 季節 | Comments(0)

「五月蝿」と書いて「うるさい」と読みます、「七月蝉」と書いて「やかましい」と読めないのですかね?
昨日、気象庁の梅雨明け宣言(「明けた見込み」が宣言なのかは疑問)。
そのせいか蝉の鳴き声が一段と大きくなった気が、並木道を歩くと頭上から「蝉時雨」、いや蝉の鳴き声の「土砂降り」が、もううるさいの何のって。
子供の頃「ミ~ン、ミンミンミンミ~ン」(ミンミンゼミ)の声で「もう直ぐ夏休み」、「ジャンジャンジャンジャン」(アブラゼミ)で「夏休み」、「ツクツクホーシ、ツクツクホーシ、ツイ~オツクイ~オ」(ツクツクホウシ)で「まだ宿題終わってない」と時間の経過を教えてくれたものでした。
最近その「ミ~ン、ミンミン」の声を聞かなくなった気がします。
その代わり「グゥワン、グゥワン、グィワ~ン」とクマゼミの声を聞くことが多くなりました、子供の頃は希少種のクマゼミを取ったら自慢だったのですが。
何でも温暖化現象にせいで日本の生物勢力分布図が少し北上したとかで、大阪にクマゼミが増え、変わりにミンミンゼミが少なくなったとか。
温暖化防止のために「グループ、マイナス6%」とか政府の肝いりでうたわれていますが、我が庵の付近を見ても未だに宅地開発だとか言って木を切って山を削ってますが。
緑を減らし土をアスファルトのすることが、温暖化を食い止めることに繋がるのでしょうか?
いずれ、こんな光景も見られなくなるのではないでしょうか?
d0119443_1254722.jpg

[PR]
by UncleTaku | 2007-07-25 12:55 | 昆虫 | Comments(0)

増水、そして

昨日H.R.へ2週間ぶりの釣行
しかし川は濁流
d0119443_1910213.jpg
支流も同様
止む無く帰宅
自宅の駐車場に車を止めたら、トリップメーターが
d0119443_19121214.jpg
次週の期待せよのお告げ?
それとも一から出直せとの戒め?
[PR]
by UncleTaku | 2007-07-22 19:14 | Fly Fishing | Comments(0)

キノコ

昨日の続きになってしまいますが、キノコ。
今日は、やたらと目に付きます。
木立の影や日当たりの悪い草むら・・・
d0119443_15222234.jpg
石のように見えますが、キノコです。
名前は知りませんが、柔らかです。
d0119443_15235834.jpg
見るからに、キノコ。

そして草むらにも
d0119443_1525272.jpg
キノコって、どこにでも生えるんでね・・・
秋のマツ○○もこんなに生えてくれたら・・・ ^^v ですよねぇ~
[PR]
by UncleTaku | 2007-07-18 15:33 | 植物 | Comments(0)

豪雨

昨夜と言うより今日午前0時ごろ大阪南部で雨脚が強くなり、何と1時間の降雨量が100ミリ以上の豪雨となり大雨洪水警報が。
今朝方通りかかった中学校のプールは満水、1時間で10cm以上も水かさが増えるわけだから当然と言えば当然。
プールの場合は上面にフローが着いているから満水で、無ければ溢れていたのでしょう。
これが渓流で起こったら・・・
当然渓流は谷底を流れている(当たり前)、雨水は谷へ、川へ流れ込む。
定面積で何センチの雨が降ったかを示す値が降雨量(ご存知の通り)、と言うことは川に流れ込む水で水位は10センチ高くなるではすまない。
急激な増水、場合によると鉄砲水と言うようなことになる。
川をなめて掛かったら大変なことになりますよ、その場で雨が降ってなくとも山上付近で大雨が降ることは山では目面しく無いこと。
天気予報や山に掛かる雲の観察等行い無理に川へは近づかない、地元民の意見は聞いたほうが良いですよ。
で、話は変わりますが。
昨日まで何も無かったところにキノコが
d0119443_15355396.jpg
あの下で昨夜、妖精たちが雨宿り・・・て、そんなロマンチストではありません。
皆さんの周りは何も被害は有りませんでしたか?
[PR]
by UncleTaku | 2007-07-17 15:42 | 季節 | Comments(0)

台風一過?

本当なら台風が通りすぎた昨日が台風一過のはずですが、梅雨前線のせいか曇り空。
今日になって青空がひろがりました。
しかし今年の梅雨明けは、もう少し先になると言う話。
と言うことは、もう少しだけ良い釣が楽しめると言うことですね!
d0119443_14225159.jpg
夏らしい雲が浮かんでいます。
[PR]
by UncleTaku | 2007-07-16 14:24 | 季節 | Comments(0)

梅雨前線と台風

気象情報では、明日の夜から日曜日の朝ごろに台風4号(マンニィ)が近畿に最接近とのこと。
昨日の夕方からその台風が梅雨前線を刺激し、一時的に土砂降り状態になったりと、かなりの降雨量になっている。
水曜日に我がH.R.へ釣に行った知人からは、本流は増水してカフェオレ色、その上バケツをひっくり返したような雨と言う報告もあった。
明日から3連休と言う方も居られるでしょうが、川の釣には不向きかもしれませんね。
明日のH.R.出撃は見合わせる心算です、後になって「先週末は大物が出た」などと言う話も耳にするかもしれません。
でも無理をしないことが、この趣味(Fly Fishing)を長く続けるコツかも知れません!
[PR]
by UncleTaku | 2007-07-13 12:10 | Fly Fishing | Comments(0)

現在の我がH.R.は複合ハッチ状態。
カゲロウの大はフタスジモンカゲロウ、ウエノヒラタカゲロウ、エルモンヒラタカゲロウ。
中はシロタニガワカゲロウ、ミドリタ二ガワカゲロウ。
小はヒメタニガワカゲロウ、アカマダラカゲロウ、コカゲロウ各種。
それにオオヤマカワゲラやフタメカワゲラ等。
フックサイズは何番でも良いような気がするくらい。
d0119443_1222037.jpg
こちらは、アカマダラカゲロウのスピナー、ダンもいました。
しかし川面に明るさがある間には、何一つハッチしてきません。
気温と水温の差が小さくなった時に羽化することが多いので、今頃は真夜中か明け方なんでしょうか?
せめてカディスが産卵にでも戻ってくれない限り、イヴニングライズは望めない状況です。
ヒゲナガトビケラは少ない時期だが、ウルマーシマトビケラは最盛期のはず。
せめてウルマー・・・
[PR]
by UncleTaku | 2007-07-09 12:37 | Fly Fishing | Comments(0)

タマムシ

遊歩道を歩くタマムシを発見!
カメラを向けると、翅をひろげて飛ぶしぐさをする。
d0119443_12391399.jpg
何枚か撮り続けて、やっと翅を閉じた姿で撮影できました。
d0119443_12411764.jpg
タマムシを見たなんて久しぶり・・・
40数年ぶりです。
触角が1本欠損してますが、綺麗な色合いを見てチョット感激!
[PR]
by UncleTaku | 2007-07-04 12:49 | 昆虫 | Comments(0)

久々の支流

6年ぶりにH.R.の支流へ行ってきました。
クリアーな水、大きな底石は以前と変わりません。
しかし砂利や砂が多くなり、浅く狭くなった感じです。
大きなイワナが居た淵もチャラ瀬に。
d0119443_1514294.jpg
次回は別の支流に行ってみます。
[PR]
by UncleTaku | 2007-07-02 15:03 | Fly Fishing | Comments(0)

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ