<   2007年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

梅雨空?

今朝10時の空
午後からの降雨確率が高いのに、綺麗な青空!
d0119443_12431425.jpg
雲一つ無いという訳ではないけど、カラッとした感じの空。
地上は蒸し暑いのに。
でもこの雲、梅雨空の雲ではないけど夏の雲でもない。
秋の空みたい???
[PR]
by UncleTaku | 2007-06-29 12:48 | 季節 | Comments(0)

水生昆虫とフライ

今まで前日のハッチをチェックするだけに、自動販売機で眺めていた水生昆虫。
デジカメで撮影するようになり、画像でじっくり固体をチェックし始めて気付いた。
特にカゲロウの場合、テールやレッグを欠損している固体が多い。
ニンフ時代の欠損であれば(特にレッグの場合)、流に捕われ易くなるので魚の胃袋に収まるハメになるだろうから生存率が低く成虫になる可能性が低い(あくまでも想像だが)。
羽化時であれば成虫になれる率は高くなる、魚に食われ易いかも知れないが。
d0119443_15495585.jpg
このフタスジモンカゲロウは前肢が1本少なく、センターテールがやや短い。
d0119443_15513739.jpg
そしてこちらのヒメタニガワカゲロウはテールが1本しかない。
当然水面に立った時はバランスが取りづらくなるはず、魚にも食われ易くならないのか?
フライをタイイングする際、浮き方、沈み方、水面への絡み方を完全に仕上げようとしているけど真実はどうなんだろうか?
不完全なほうが魚が捕食するトリガーにならないのだろうか?
[PR]
by UncleTaku | 2007-06-24 16:07 | Fly Fishing | Comments(0)

アジサイ

花が密集して咲く植物はあまり好きではありません
アジサイもその一つ
でもこのアジサイは別です
d0119443_13251562.jpg
ガクアジサイと言うらしいです(植物は詳しくありませんので)
アジサイの花のように見えるのは花ではなく、ガクだというのは以前から知っていました
先日のテレビで「アジサイの開花宣言、云々」のなかで、「アジサイの花はこれなんです」と小さな青い花が映し出されました
今朝、ガクアジサイを見ていて初めて本物の花を目にしました
d0119443_13321049.jpg
この青い小さな花、オシベが飛び出しているので確かに花だと確信できました

こちらは普通に良く見るアジサイ
d0119443_13355077.jpg
このガクの下にも花が咲いているのでしょうね、手でのけて覗く事はしまっせんが
でもこのアジサイ、ブーケみたいに綺麗ですね
最近花を見ると心がなんだか和みます、歳のせいでしょうか?
[PR]
by UncleTaku | 2007-06-19 13:45 | 植物 | Comments(0)

支流にでも...

先週の土曜日、H.R.出かけました。
入梅宣言の途端に梅雨の中休み、例年のことですが。
しかもドピーカン
その上鮎釣師が多く、川を覗くと一目で7~8本の竿が見えるくらいの数。
例年のことながらマス達は異様にプレッシャーが高く、良さそうな瀬には鮎釣師が立ち込んでいて釣りづらい。
しばらくの間イブニングまでは、鮎の放流されていない支流にでも行こうかなぁ...
[PR]
by UncleTaku | 2007-06-18 13:30 | Fly Fishing | Comments(0)

この虫の名前?

前日の羽化情報を探るために、いつも観察する自販機。
川沿いの日陰に有るので、前夜羽化した水生昆虫がたむろしています。
誰に聞いても分からない情報が簡単に手に入るので、欠かさず覗きます。
残念ながらこの自販機での購入は、記憶にありません m(_ _)m
そこでこんな虫を見つけました。
見た感じカディスのような蛾のような、
d0119443_16103054.jpg
写真では分かりにくいですが、アンテナは頭部から眉のように目の上を通りウィングの下に隠されています。
この虫ご存知の方居られましたら、教えていただけませんか?
[PR]
by UncleTaku | 2007-06-12 16:18 | Fly Fishing | Comments(0)

テレストリアル

渓流はテレストリアルシーズンに入り、イヴニング以外に水生昆虫のアダルトを(カワゲラ以外の)見かけることが少なくなりました。
で、ピーコックを使ったテレストリアル パターンを3点巻いて見ました。
d0119443_18431541.jpg
ビートル以外はピーコックの持っている雰囲気が、テレストリアルっぽいかな?と言う感じですが。
この時期ピーコックを巻いたパターンが魚を引き出してくれる事が多いです、やっぱりテレストリアルなのかな魚にとっては?
[PR]
by UncleTaku | 2007-06-08 18:52 | Fly Tying | Comments(0)

綺麗な魚

渓流へ通い始めた頃(20年以上も前の話ですが)は発眼卵や稚魚放流は当たり前で、成魚放流も15cm前後の1年魚を放流している漁協が多かった。
近年は客寄せなのか?お客の要望なのか?分かりませんが、2年魚、3年魚と言う大きな魚体の魚を放流する河川が増えた来たようです。
我がH.R.もここ数年その傾向にあり、鰭の欠けた大型がよく魚釣れています。
大型魚が釣れるのはうれしいことなのですが。
ランディング時に「ウワッ、デカッ!」と言うのではなく、掛けてファイトに入った瞬間に「これはデカイ!」と言う魚を釣りたいと思いませんか?
6/2のH.R.釣行で、15cmと小柄ですがこんな魚を出しました
d0119443_12222943.jpg
鰭は大きく透けて見え、パーマークも小判型で体こうもありバランスの良い姿
「川の宝石」と惚れ惚れしてしまう
「昔のように、こんな綺麗な魚が釣れる川になって欲しいなぁ・・・」と思うのは私だけでしょうか?
[PR]
by UncleTaku | 2007-06-04 12:37 | Fly Fishing | Comments(0)

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ