カテゴリ:鳥類( 16 )

珍しい・・・

d0119443_14592448.jpg
今朝のウォーキング中に、珍しい鳥を見ました
頭から背中、翼にかけて青、胸が茶
イソヒヨドリ
画像に取れず、じっくり観察、記憶に留めて帰宅後図鑑でチェック
本来磯の岩場に居る事が多いらしいのですが、稀に高層ビルに巣を掛け街中で見掛ける事もあるらしい
初めて観ました ^o^v
[PR]
by UncleTaku | 2012-06-03 15:09 | 鳥類 | Comments(0)

シロハラ・・・

コカゲロウではありません(笑)

以前にも登場している野鳥の「シロハラ」
ツグミ位の大きさで・・・えぇ~!ツグミが分からない?
ならば、ハトとスズメの中間位の大きさと言えば分かりますか?
そのツグミと同様に冬から春に掛けて里に下り、晩春から晩秋は山に帰る、渡りもするようです
兎に角、寒い時期に見掛ける野鳥です

動きが機敏で、撮影しようと近付くとドンドン逃げて行く(野鳥はすべからくそうですが)
ズーム倍率の低い、我コンデジではまともに撮影するのが難しい
しかし今回は・・・あまり逃げる気配が無い
一枚(デジカメの場合、枚は正しいのか?)撮影して、更に近付いてみる
こちらを向いて首を傾げた
d0119443_1374133.jpg
撮影しているのが分かって、ポーズを執ってくれたような・・・
フ~ム・・・カメラ目線になっているところが、何と無く可愛い

そう言えば、今年は未だH.R.でシロハラ(こちらは水生昆虫のシロハラコカゲロウ)を見掛けていません、そろそろですかね~
[PR]
by UncleTaku | 2010-03-27 13:38 | 鳥類 | Comments(0)

此処に居るのに~・・・

公園の池を何気なく見ると
d0119443_15574775.jpg
冬の訪問者の鴨
今日はマガモ(Mallard Duck)一色
これは家族でしょうか?雌雄の親鳥と若鳥が3羽

諸事情で入手し難くなった、ブロンズ○○○○、グレー○○○○、○○○○クイル、DCD・・・
今、此処、目の前に居るのに・・・
残念ながら、此処では捕まえると言う訳には行きませんね~

アリャリャッ!・・・怖がらせてしまいました(笑)
[PR]
by UncleTaku | 2010-02-08 16:25 | 鳥類 | Comments(2)

冬の使者

昨夜からあまり気温が上がって無いような寒さ、今日の最高気温は一桁台になる予報。
北西から吹く風が強く、そろそろ手袋が要るかな?の時期になってきました。
火曜日までは気が着かないほど目立たなかったのに、今日は群れを成して
d0119443_132674.jpg
冬の使者
鴨軍団が今年も公園の池にやって来くれました。
ハシビロガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、一寸離れた場所にはマガモ。
[PR]
by UncleTaku | 2009-12-17 13:29 | 鳥類 | Comments(2)

コゲラ

時々、本ブログに登場するコゲラ
d0119443_124789.jpg

キツツキ目:キツツキ科:アカゲラ属:コゲラ、日本では最小の啄木鳥(キツツキ)で亜寒帯針葉樹林から亜熱帯照葉樹林と広範囲に生息する。
頭上で「コッコッコッコッコッコッ・・・・」文字では表現しきれない程忙しいドラミング、先週は高い梢で見つけたが今日は地上5mくらい、シメシメとカメラを向ける。
スズメくらいの大きさなので、我がコンデジでは此れが限界。
ピンはややあまいが、頭部はドラミング中の為完全にブレてます。
クマゲラ、アカゲラ、アオゲラ、ノグチゲラと、啄木鳥類の和名に「ゲラ」と着くのは何故?
関西弁で「ゲラ」とは「笑い上戸」の事、鳴き声が笑い声に似ているのは確かカワセミの筈?
以前に、自宅近くに営巣していた時に聞いた声は「キーィ、キーィ」と言う感じだったが?
多くの啄木鳥は緯度の高い地域に生息する鳥やから、関西弁の名前は当て嵌まらんわな~(笑)
[PR]
by UncleTaku | 2009-11-24 13:30 | 鳥類 | Comments(2)

Crow・・・カラス

最も知能が発達した鳥類と言われ、クルミを路上に置いて車に引かせて殻を割るところを目撃したと言うような逸話を持つ鳥。
太陽や神の使いとして神話に登場したり、随分昔になるがヘッケルとジャッケルと言う名の悪戯ガラスとして短編アニメの主人公になったり、歌に歌われたりと人間にとって身近な存在。
近年は人里近くどころか都会に住み着き生ゴミをあさって散らかし迷惑者扱いされるほど身近過ぎる鳥で、見かけない日は殆ど無い。
日本の留鳥でハシボソカラスとハシブトカラスと言う全身真っ黒な2種が総称して「カラス」と呼ばれていて、これらは英語で「Crow」と呼ばれる部類に属する種らしい、クロウのウィングクイルと言うのはウェットをされる方には馴染み深いのでは無いでしょうか?
d0119443_14553168.jpg
で、画像は「ハシボソカラス」
別に羽が欲しくてでは無い(ネンノタメ)、目の前の鉄道軌道(レール)沿いにある配線溝の上を右往左往、忙しく歩き回るのでツイツイ見てしまったまでである。
珍しい鳥では無いので今日まで繁々と眺めた事は無かったが、ヨクヨク見ると結構愛嬌がある、そして時には鳥としての精悍さが際立つポーズをする。
「ヘ~ッ、カラスってカッコエエ鳥やってんな~」
そう思って見ていたら何故かカメラを向けていた、しかしなかなかジッとしてくれず・・・腕悪いな~オレ!
題名「カラスの散歩」(汗)・・・止まってくれ~ ^^;
[PR]
by UncleTaku | 2009-11-19 15:43 | 鳥類 | Comments(2)

ツグミ・・・が

♪灯かりを着けましょ~♪
とは歌えない寒さ、空は重っ苦しいグレーの雲でギッシリと埋め尽くされています。
2月の後半には山へ帰るのか、住居付近では見かけなくなる
d0119443_12423878.jpg
ツグミが・・・
まだ居ます。
画像の左上部にボンヤリと浮かぶ白い影・・・小粒のアラレです。
3月3日の雛霰・・・チャウチャウ(犬とちゃう)、六角結晶の雪ではなく小さな氷の粒の。
関西では二月堂のお水取りが終わるまで本格的な春は来ないと言われてますが、三寒四温?それにしても極端な天候ですね・・・これも異常気象の一種?
ツグミも『どうしようか?』と、戸惑っているのでしょうね。
[PR]
by UncleTaku | 2009-03-03 13:11 | 鳥類 | Comments(2)

ツグミ

昨日ですが住居地域の公園で、芝生に舞い降りたツグミを見かけました。
例年だともっと山手の方に移動しているはずなのに、今年は未だ居ます。
d0119443_13332153.jpg
歩いていたら間近に舞い降りたので立ち止まってカメラを、出したらドンドン離れて行きます。
我が釣行用の防水コンパクトデジカメではズームしきれません、逃げない程度の距離にまで近付きシャッターを切るとタイミングよく走り出します ^^;
今日はシロハラを見かけましたが、これはカメラを向けた途端に飛び去りました。
今年の開花予想ではサクラは平年より1~2日くらい遅いようですが、鳥を見る限り春の歩みがかなり遅く感じます。
来週はH.R.の解禁、水温はどうなんでしょうね?「春は名のみの~♪」だったりして。
でも気持ちは o(^▽^o)(o^▽^)o
[PR]
by UncleTaku | 2008-03-09 13:53 | 鳥類 | Comments(0)

マガモ

またもや鴨の登場です。
やっとマガモを見ました、と言っても近所の公園内の池でですけど。
アヒルのような聞き覚えの有る声と思って池を見に行ったら、居ましたマガモです。
d0119443_16113184.jpg
これを家畜化し改良したのがアヒルですから、声もほぼ同じ。
綺麗な緑色の頭、胸のブロンズ続くグレーそしてウィング、全て落ち着いた綺麗な色彩です。
寒気が南下したせいか、池の鴨の数が多くなりました。

他には・・・続きを読む
[PR]
by UncleTaku | 2008-01-17 16:56 | 鳥類 | Comments(0)

再び、近くの公園内の池より。
鴨の数が増えました、前回のハシヒロガモ以外に同じ様なサイズのやら、大きいのが。
d0119443_13364675.jpg
大型の鴨は立ち位置から遠く、種の確認ができない。
大型の鳥ほど臆病なのか、近くに寄るのが難しいように思う。(カラスや鳩は別ですが ^^;)

今回のご紹介は・・・続きを読む
[PR]
by UncleTaku | 2007-12-24 14:24 | 鳥類 | Comments(0)

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ