07/08天川、梅雨らしくなった・・・水が??

午前中風が強くなかったので上流K川へ
d0119443_17582476.jpg
心配した濁りも薄く水量も申し分なし。
が、しかし!
ある筈の流心でのアマゴのアタックが無い・・・全く・・・予定してたのに(泣)
脇の浅瀬から
d0119443_1821339.jpg
イワナ
一つをバラシて(多分小さかった)2つ目をget
漁協から昔聞いた話では、この川はかれこれ30年くらい前からイワナは放流していない筈、まして近年は皆無。
魚体や鰭はバランス良く綺麗だが鰓蓋が少々未発達なところが気になる(養殖魚?)、この鰭の大きさは養殖魚では無さそうだ。
自然界でもこういう事が有り得るのか?

話し替わって
前日(07/07七夕)の明け方から午前中に降った雨で本流では濁りが出て水位も1m程高くなったらしいのですが、その水がこんな悪戯をしていきました
d0119443_18152395.jpg
岩の上に直径25cm程の流木が・・・あまりにも上手く乗っけられてます。
流されてきた流木が、偶然水面ぎりぎりに出ていた岩の天辺に乗っかったらしいのです・・・20数年川遊びをしてきましたが・・・『誰か冗談で乗せたんと違うん?』と言いたくなります。
そんな暇人も居ないでしょうけど(笑)
[PR]
by UncleTaku | 2009-07-09 18:28 | Fly Fishing

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ