増水&濁り

昨日(06/24)の天川は久しぶりに増水(雑炊とは違いまっせ)+濁り
d0119443_17322957.jpg
お分かりでしょうか?川の中の草、水草ではありません。
川幅が先週のほぼ2倍(場所にも因りますが)その上濁り…濁りの原因はダムの緊急放水だと思います、放水を終えた夕方には水位は少し下がりましたがそれ以上に濁りの落ちが目立ちました。
魚の様子が少し変でした、原因は分かりませんが本来この程度の増水なら非難などせずテレストリアルを含む餌生物の流下量が多くなるので、流れ込みや開きと言ったそれらの集まり易い場所に多くの魚が陣取るのですが今回は居ません。
数箇所の大きな淵で流心や押しの強い流れ、反転流などに守られた暖流帯、そんな中に25~40cm弱が10~15尾も群れていて、それ以外場所には魚が居ない、いや見えない。
魚が見えても見えなくとも反応は鈍く、数が少ないのにフッキング直後に外れる現象多発。
やっとフッキングからランディングに持ち込めたのは
d0119443_1758963.jpg
ニジマス君(さんかな?)
しかしドロッパーに結んだアルダーグレーを「ガツン」では無く「モソッ」と言う感じで、しかも何尾も居る中で1尾だけ他は何の反応もしない。
何の集まり?会議でもしてたのでしょうかね~?
夕方近く淵の流心で「ガツン」とリードに結んだグレーハックルピーコックを銜えてくれたのは…16cmのアマゴちゃん
日が落ちるまで頑張りましたがハッチもライズもアタリも何も無く、消化不良のまま納竿。
運が悪いのか今年の天川釣行、虫が少ない、ライズの嵐に出くわさない…何故?
[PR]
by UncleTaku | 2009-06-25 18:32 | Fly Fishing | Comments(0)

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ