07/21天川本流にて・・・

朝1番はいつもより上流部に入渓
距離にして2~3kmだが渓流と呼ぶに相応しい、岩また岩
これで水量があれば最高なのに、生憎の渇水
発電所の放水口より上流に位置するため、発電放水の恩恵にも預かれない
午前8時過ぎ既に水温は17.5℃
流れも短く流れの面積も小さい
フライを銜えてくれるのはイワナ、アマゴの幼魚
午前中頑張ってみましたが消化不良でいつもの区域へ
午後1時気温は32℃、天川村も夏真っ盛り
河童が川から少なくなるのを待って、午後の部スタート
午後4時前の水温を測ると、なんと22℃
岩で水流がかき混ぜられる荒瀬か落差のある早瀬以外に可能性は無い
やっとファイトを楽しめたのは、このところの定番とも言うべき
d0119443_1513182.jpg
26cmのニジマス
高水温だから、明け方か増水したときでもない限りアマゴは難しいと言うところでしょうか
ニジマスと言ってもこの川で繁殖した野生の子だから、放流アマゴの同サイズよりファイトが激しく気分は上々
アマゴも野生の子が多くなってくれれば嬉しのですが
C&R区間が水害以前の状況に戻り、もっと範囲が拡大されれば叶う事なのかも知れません
[PR]
by UncleTaku | 2013-07-22 15:19 | Fly Fishing | Comments(0)

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ