07/14 天川本流にて:失敗・・・

本日午前中に用事があり、3連休の中日の昨日
不安半分、天川釣行
不安的中、川に河童が大量発生
釣り最中にその場を堂々と浮き輪のラフティング
子河童だけならまだしも、ママ河童パパ河童まで
自分勝手な振る舞いに開いた口がふさがりません
かっぱの出没し辛い場所には10m前後の竿が、はなから糸先に魚を着けて川中を散歩させてます
食事をしている間は川沿いに長竿を寝かせ他人が入り難いように、言うところの場所取り
全ての鮎釣り師とまでは言わんが、「自分勝手もいい加減にせい!」

河童が食事で河原から姿を消す夕刻、狙いを着けた2か所を探り釣
これでダメなら今季初のボーズと神経を糸先に集中
1か所目にらみを着けていた場所にフライを到着、ターンアップした途端
「グン、グン」と竿先に魚信、送り込んだが銜え込んではくれない
2度目以降のトレースには全く反応無、神経質になっている
2か所目絵にかいたようなアタリと合わせ、サイズが良いのか なかなかのファイト
あと5~6mのところまで来て、「フッ」とまるで今までが夢かの様に軽くなった
引き寄せてリードフライを良く見ると
d0119443_11322889.jpg
分かりますか?
TMC200Rをよく使われる方なら一目で気づかれると思いますが、ゲイプが僅かに開いています
魚と位置関係がクロスに近づくと、この程度でもは外れてしまう
底石に掛かってしまった時に回収したフライの鉤先ばかりを気にしてこれに気付かなかった、大失敗!
ここで諦めると本当にボーズになってしまう、フライを変えてもう少し探ってみる
1ステップ目、反応無
2ステップ目、「モソッ」と妙な振動?流れ下るラインの先が少しjの字型に
ひょっとしてとアワセを入れると
d0119443_11471216.jpg
この子がフライを銜えていてくれました
最悪のボーズは免れた
諦める事も大事ですが、やっぱり釣りにはネバリが大切なんですね
夏休み期間、一寸こだわりを捨てて本流の他の場所へ行ってみます
天川本流へのこだわりは変わりませんが、このままでは精神衛生上良くありません
河童の少ない場所「何~処だ~!」
[PR]
by UncleTaku | 2013-07-15 12:00 | Fly Fishing | Comments(0)

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ