減水?それとも渇水?・・・

d0119443_1512555.jpg
真昼のハッチ
遡行中にウエノヒラタカゲロウが目の前を上昇
昼食休憩中にヒメヒラタカゲロウが川面から舞い上がり、側の板塀にとまったのでパチリ
「凄いハッチが」と勘違いしそうですが、殆ど確認できないほど少なく単なる偶然
と言うものの、釣りの方は低調至極
全体が浅くなってしまった今の状況で渇水と表現して良いのかどうか、兎に角減水しています
先月あたりと比べると30~40cmは低い
魚は輪をかけてナーバス(神経質)に、ウグイですらおいそれとフライを銜えてくれない
レーンのトレース最終に時折アタリが来るのだが銜え込んではくれない
水面近くを意識しているのだろうが、水面を流れる昆虫にライズもしない
結果ウグイを数匹釣ったのみ、撃沈
知り合いの餌釣師は「明け方にバタバタっと釣上げたが、午前7時以降アタリは全く無くなった」と言っていた
イヴニングにもライズなく、外灯に集まる虫の量も然程増えなかった
一雨、もっと言うなら、川底の砂が運ばれるほどの大雨が・・・欲しい! ^^;
[PR]
by UncleTaku | 2012-05-28 15:44 | Fly Fishing | Comments(0)

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ