水生昆虫に囲まれて・・・5/8天の川

昨日の釣行
午前10時過ぎ、発電放水の水がC&R区間に届き昨日の画像より水位は回復
平水より15~20cm程低い、やや減水状態で夕方7時過ぎまで維持していました
夜間は発電を止めるので、当面朝早くの釣りは期待薄でしょう
ただ川迫ダムの水が一気に地下水路経由で北角の下流から放水されるので、夏場の日中水温の上昇は多少抑えられ、夏場の発電放水はありがたいと言うのもあります

水位が戻って安定する午前中は活性が低かったが午後からは回復傾向、本日初物が今期2尾目の25cmニジマス
嬉しいような悲しいような・・・ニジマスはやはり30cm後半からで無いと釣った喜びは個人的に薄いです

その後いつものように川原をウロウロ釣り歩き「デルケドナラ~ズ」をくり返し、やっとフッキングしても遣り取り中に外される・・・と散々
夕方近くになりニジマスと同じ瀬でアマゴを2尾、1尾目が
d0119443_1253763.jpg
21cm
昨年放流の越年物でしょうか?鰭は奇麗ですが鰓蓋に欠け痕が残っています
もう1尾は明らかに当年放流の物
出た場所は異なるものの、プールでは無く結構流れの速い瀬で10m程の間で2尾
夕方6時を廻った頃からスピナーやダンが入り混じり、個人的には今年初、大量の虫に取り囲まれ嬉しいやら気持ち悪いやら(笑)
速い流れの筋でステイさせたフライに喰い付いてくれたのですが、あと2m程ですっぽ抜け
本日このパターンの多い事、7尾掛けて3尾しかランディングできず(涙)

感じた魚信だけでも10は下りません、今年も結構魚は濃いようです(放流の度に餌釣さんが来られているのに・・・)
しかし、水位低下でナーバスになっているのでしょうか?何か工夫が必要です


PS:
昨日ご一緒のⅠさんと途中で偶然合流したⅠさんのダブルⅠさん、天の川のイヴニング・ライズを楽しんでいただけた様ですね、遅くまでお疲れ様でした
これから益々面白くなって行くでしょう、また機会があればご一緒しましょ
[PR]
by UncleTaku | 2011-05-09 13:09 | Fly Fishing | Comments(0)

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ