反省・・・

4/24の天川村、曇りがちの空
時折強い風が吹き先週より肌寒く感じる、地元の人が「今日は寒い」と言うくらいだから寒いのでしょう(笑)
朝、車のドアに
d0119443_1275027.jpg
トビケラが
後で調べてみたが、サイズや色合いから「トランスクィラナガレトビケラ」のようだが、定かではない
朝から虫を見るは先週と代わり映えしない水量だが発電放水があると言うは、期待に胸を膨らませました

昼になっても水位の上昇は無い、虫は出てこない、当然これはと言うライズも見ない(ウェットですからあまり関係有りませんが)
午後1時を過ぎた頃やっと
d0119443_1220487.jpg
突き出し岩の前面、速い流れの側でフライを銜えてくれました
40分後プールへ流れ込む流心脇でも、もう1尾
その後たまにライズも見られるようになり魚の活性は上がっていると思えるのに反応が少なくなり、魚信が有っても銜え込んでくれなくなりました
イヴニングを期待しましたが気温が低い為か、スピナーすら現われず不発

今回の反省
たった2尾で充分な判断は出来ませんが
強めの流れの中でフライを銜えたので、その後も標準的なドレッシングのフライを通して使ったいた
緩めの流れでライズも見た
それらから想像するに、強い流れで表層を流れたフライに魚が反応したのではないだろうか
それに気づかず表層用のフライを使わないままその後も釣り続けた為、魚より低い層をフライが通過
ラインにテンションが掛かってフライを浮き上がった時に魚のアタックがあった為、食い付きが悪かったのでは
『水が増えない』『虫が出ない』と言う事ばかり考えていて、魚の立場で考える事ができなかった事が今回の敗因か?
『この時期だから・・・』とパターンにはめ過ぎて現状分析できていなかった事は間違いない、理由は分からないが冷静さを欠いていた事が今になって分かる
読みが当たるか外れるかは現状把握が出来ているかいないかで決まる、昨日は後者
その時には気付かないものなんですね~
[PR]
by UncleTaku | 2011-04-25 13:03 | Fly Fishing | Comments(0)

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ