パイプでツール・・・

ティペットを頻繁に交換する私は、テーパーバランスを一定に保ちたい為、ノットレス・テーパーリーダーを0x辺りで切り落としてループを作り、1xティペットをループ・ツー・ループでつなぎ段落とししてティペットまでを完成させます
またフライラインとリーダーの接続にもループ・ツー・ループを用いている為、現場で頻繁にパーフェクトループ(正式名称だったかどうか?)を作ります
極力小さめの一定サイズでループを作りたいのですが、なかなか上手く揃わない上に強い締め込みがし難い
先日、適度な径のパイプを見つけたのでツールを作ってみました
d0119443_13243622.jpg
リーダーやティペットで輪を二つ作りその間に先端部を挟みます
d0119443_13263585.jpg
奥の輪にパイプの先端を通し
d0119443_13275629.jpg
手前の輪を引っ掛けて奥の輪を潜らせます
d0119443_13294317.jpg
糸の先端部と基部を引っ張り、パイプをゲージにしてループのサイズを決め、結び目を作ります
d0119443_13325983.jpg
パイプと基部を引っ張り確りと締め込み、続いて先端部を引いて完全に締め付けます
d0119443_13345739.jpg
パーフェクトループに出来上がり
d0119443_13354967.jpg
こんな簡単なツールで、現場でも安定したループを簡単に作れる様になりました
[PR]
by UncleTaku | 2011-04-21 13:41 | Fly Fishing | Comments(0)

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ