魚の食卓・・・

これは解禁当日午前10時前の画像です
d0119443_14475163.jpg
画像中央のF.F.マン以外は、黄色い円で囲んだエリアを狙っています
解禁3日前に成魚放流したばかりなので、そのエリアに魚が溜まっていた事は間違いないでしょう
私はこの時、中央のF.F.マンの狙っているやや上流側で1尾目を掛けました

そしてこれが一昨日、水位のサンプル用に撮影した画像の端の方に映っていたので拡大しました
d0119443_14575348.jpg
矢印の場所に2名のF.F.メンが居ます
彼等の狙っているのは赤い円のエリア、大きな淵です
解禁放流から1ヶ月、直近の追加放流から1週間、撮影時間が午前10時50分
この淵にアマゴがたむろしてはいましたが、例年に比べると少なかった様に思います

この2つの画像で彼等が狙っているエリアには共通点があります
それは、放流魚が溜まりやすく、水面が全体的に揺ったりと流れていると言う点です
彼等がどれだけの釣果を手にしたのかは知りませんが、両方ともこの時点ではライズは皆目ありませんでした
魚が定位し安定したライズを繰り替えしていればチャンスの多い場所かもしれませんが、ライズが無ければ見込みの全く無いエリアですし、その上引っ切り無しに水面にフライを浮かべる事で魚にプレッシャーを掛てしまい易い場所でもあります

それなりの流速がありハッキリした流心があるようなエリアでは、流下物は流心に引き寄せられるように流されます
それに比べ流心の存在がハッキリせず全体的に揺ったりと流れるようなエリアでは、流下物は広く拡散してしまいます

全く同じ内容の料理であれば、彼方此方のテーブルに色々盛られた品を席から離れて取りに行くバイキング(ビュッフェ?)スタイルと、次々と自分の席までワゴンで運ばれてくる品から自分の好きな物を取る飲茶スタイルとならどちらの方が楽に食べられますか?
私は席を離れず好きな物を食べられる方が楽だと思います・・・魚も同じではないでしょうか?

画像のエリアでライズを繰り返す魚が居れば見逃す手は無いでしょうが、ライズも無いの時は攻める価値のある場所の様には思えないのです
魚も食事は食物の多い食卓のあるダイニングへ行って食べるだろうと思います、ベッドルームで偶々あった物を摘み食いをする事もあるでしょうが、その確率は低いのではないでしょうか・・・?
[PR]
by UncleTaku | 2011-04-12 16:16 | Fly Fishing | Comments(0)

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ