釣人が多くて・・・

昨日の話です

「ここ数年、天川にルアーやフライの釣人増えてません?」
「どの辺に行ってるの?」
「上流部・・、J谷やN谷、K谷は林道に駐車車両がズラリで、釣していたら直ぐ近くでも平気で入渓してくるのがいてる・・・//・・・初心者っぽい人から始めて来たような人がウロウロしてて釣になれへん」

他の川でも、この手の話をよく耳にします
雑誌などで紹介される事もあるのでしょうが、昔に比べると道路が山の奥まで整備されて車で入り易くなった事も大きな原因なのでしょうね
話の当人も行き易くなったから日帰りで上流部の釣が楽しめる様になった筈なんですが、人間誰しも自分の事はあまり見え無いものですからツイツイぼやいてしまうのでしょうね

大体の川は上流部へ行くほど水は綺麗で雰囲気は満点、餌生物が少ない分魚が居さえすればかなりの確立でフライに反応してくれる
それに引き換え中流部や本流ときたら川幅は広いわ、餌生物は多い釣人が入渓し易いなどで魚はスレてるわ、里中を流れている事が多く水の色も雰囲気も上流部には劣ります
当然、道路条件さえ良ければ誰しも上流部へ行きたがりますわな~

しかしモノは考え様で
上流部は川幅が狭く複数人で入渓すれば魚に大きなプレッシャーを与え釣り難く、場合によれば釣にならない
それに比べて川幅が広い中流域や本流は、複数人が居合わせても魚に与えるプレッシャーは川幅が広い分低くなり、容易くは無いが釣としては成立し易い環境

さて、貴方ならどちらを選択しますか?
[PR]
by UncleTaku | 2011-03-01 16:36 | Fly Fishing | Comments(0)

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ