本当のところは・・・分からない

この時期だから管理釣り場の話ですが
ある方が行かれているポンドでは冷え込む様になって活性が低下、その中でも釣果を上げている釣人が使っていたフライはマラブーを使ったパターン
それ以外のパターンは全く歯が立たない状態だった、と仰いますし
別の方が行かれているポンドでは、他のパターンへの反応が悪く
d0119443_1575349.jpg
このフライだけには良い反応があった、と仰ってました
特にポンドの管理釣り場ではそのエリア独特のフライと言う物がありますが、魚も生き物ですから「絶対」と言うものではありません

シーズン中の河川でもそうですが
ライズがありハッチやフォールも確認できるのですが、それに合わせたフライに反応が無かったり、まるで夢の様にズバリ的中したり
しかしライズする全ての魚にそれが当て嵌まる訳では無く、必ずと言って良いほどヘソ曲りが幾つか混じっているのが普通です
釣り場の観察結果に合わせたフライセレクトがベターではありますが、アトラクター的なフライを用いた事で好結果をもたらしたり思わぬマスキングがと言う可能性は何時でも起こり得ることです

まぁ~魚の考え(笑)など、我々人間には本当のところは分からない訳で
周りの環境や魚を観察し不測の状況をも推測し、色々巻貯めたフライボックスの中から正解フライを見付け出す推理ゲーム
それがフライフィッシングの楽しみの一つであり、醍醐味では無いでしょうか

もし貴方が結果が出ずに悩んでおられるなら
「○×が良い」とか「効く」とか言う他人の話に惑わされず、もっと自由に楽しみましょ・・・何処かに答はあるものです
[PR]
by UncleTaku | 2010-12-11 15:29 | Fly Fishing | Comments(0)

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ