ウェットフライフィッシングの為のロッド・・・

昨日、キャスティング練習したのは
Capras Super Drift SFXシリーズの9'9" #5 Major
d0119443_13315915.jpg
スローテーパーとかバットアクションとか言う物では無いのですが、魚がフライを加えた時に与える衝撃を出来るだけ少なくする為スムーズにバット部までが曲がり込むよう設計された
感覚で言うなれば、ミディアムテーパーのバンブーロッドを長くしたとでも言いますか
ウェットフライフィッシングの為に生まれたロッドです
通したフライラインもDT-5F
ロッド全体がよく曲がるので普段よりアークは広くする必要がありますし、ループもドライフライ用に設計されているロッドより遥かにワイドになり、そして僅かでも力むと簡単にテーリングが発生します
快適に楽しくキャスティングの練習が出来るロッドとは、お世辞にも言えません
あくまでも釣に主眼を置いたロッドです

ウェットフライフィッシングと真剣に向かい始めた10~11年前に購入、3年間程このロッドだけでシーズンを過ごしましたが、このロッドを真剣に振るのも7~8年ぶり
色んなキャスト方法を試しますが、全般にゆっくり動作しないとラインが乱れ、そればかりがラインの乗りも悪くなります
ウェットフライの釣はドロッパーを着ける確率が高い上にフライ自体がドライフライに比べて重いこともあり、ワイドループでキャストする事が多くフォルスキャストもあまりしないのですが
練習ですし重いフライもドロッパーも着けていないので、色んなループを作りながら何回もフォルスキャストをします
やはりワイドループよりナローループ(と言ってもワイドですが:笑)の方が、ラインに力が乗るように感じます

ストップの力加減やドリフトへの移行を上手くスムーズにしないとラインが暴れたり、ラインが伸びるのを待てないとパワーが乗らなかったり
スタートに僅か力が入り過ぎたりホールのタイミングや初速を誤ると簡単にテーリングが発生するなど、綺麗なループを描かせるのに大変苦労しました
未だ未だフォルスキャストで思うようなループを作り続けると言う事はできませんが、良い練習になりました

今日は、少し右肩が重いです(泣)
[PR]
by UncleTaku | 2010-11-18 14:52 | Fly Casting

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ