今更・・・

天川村に通い始めて20数年、禁漁直前の高水温(ほぼ19度~20度)は記憶にありません
まして秋雨前線による長雨での増水や濁りはあっても、真夏のような渇水
d0119443_13395687.jpg
は初めてだと思います
只、昨日の気温は曇り空も手伝って高くは上がらず、少し秋を感じました

先々週まで貸切(鮎師と河童を除く)状態だった本流C&R区間も、最終日とあって一人、二人釣人が
その内の一人、先日来店された時に最終日にするかその前か迷っておられたI氏
氏は夕方から用事があり昼過ぎまでしか出来ないとの事、それまでご一緒しました
別れ際、弁天橋の上から覗き込んだ流れの筋に良型の鱒の姿
「あれ、狙ってくださいよ」お願いされたので「夕方には流心に出ると思うので、その時に」と言ってお別れしました

昼食後、空が暗さを増したので午後2時に釣再開
C&R区間のやや上流より釣り始め、そしてご注文の鱒が居る弁天橋の下の流れへ
他の魚を走らせればチャンスがなくなるので、流れ込みから順に釣り下がる
いよいよ決戦の場へ、渇水で流れの筋は幅狭くその川原寄りには幅の広い反転流
呼吸を整え流れの筋にフライとラインを・・・挑戦前に橋の上からやや流心に近く寄っていたのを確認したが、こんなに緊張する釣は始めてでした
注文品の居る辺りまでフライが届いた時、心の中で『食ってくれ~』と祈りました
その祈りが届いたのか(笑)引っ手繰るような強いアタリが
そしてその正体は?
d0119443_1357389.jpg
「ハ~イ、私、ニジマスで~シュ」
えっ!姿が良く分からない?
失礼しました、では全形を
d0119443_13592695.jpg
42cm、ブリッとグラマラスなニジマス
Iさん、ご注文の1尾はこれでした

この後雨が降り出し午後3時には土砂降り、ヒップブーツで釣をしていたのでレインジャケットを着てもお尻が濡れ、そそくさと退散しました
その後2時間以上経っても止む気配なし、イヴニングを狙う事無く今シーズンは幕となりました

「今更降ってくれても・・・遅すぎるよ」(苦)
[PR]
Commented at 2010-09-18 18:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by UncleTaku at 2010-09-18 19:04
Iさん、こんばんは。
イヤ~、偶然ですよ!
あの後橋の上から覗いてみたら、やや流心寄りに移っていたのでトライしてみたまでです。
でもリクエストがあったので緊張しました、一昨年の尺アマゴ以来です。
たまにはこんな釣も良いものですね、またご一緒しましょう。
by UncleTaku | 2010-09-16 14:24 | Fly Fishing | Comments(2)

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ