オイカワ・・・か・・・6/30天川釣行

先ず結論を・・・撃沈・で・し・た(涙)
水位は20cmくらい高く、水の色は昨日の画像でもお分かりの通り非常にクリアーでした
水温も一日を通して16~18度と高すぎもせず、条件的には悪くは無かったのですが
魚はいました、脇道から見た範囲ですが瀬やプールの水通しが良い緩い流れの中に
午後7時になっても早い流れに出て行く様子も無く、活性の高い魚は見掛ませんでした・・・

水位はそこそこあるのですが九十九尾ダムのそう水量が少ないのか、温泉下の橋(4月に撤去して今は有りません)辺りがバックウォーターの流れ込み状態
これまでの経験からですが、バックウォーターが此処まで伸びたりこれ以上になった時は、C&R近辺(C&R区間よりかなり上流まで)の魚の活性が低くなります
水の動きが何か変化でもするのでしょうね
ハッチが朝方に移行する時期でもないのですが、ダンやスピナー、カワゲラやトビケラを川原で見掛る事もありませんでした
川原で見掛た水生昆虫はウスバガガンボを2匹だけ、セキレイも出てきませんでしたし当然ライズは一つも見つけられません

魚信があったのは二度、その内一つは瀬の良い流れの中
良い感じでフックセットできたし曳きもそこそこ、あまり大きくないがと期待が・・・
近くに寄せた魚の体側にパーマーク・・・は・・・無く・・・ブルーとピンクの斑模様・・・
オイカワ・・・か~・・・(体長、約20cm)

鱒族からは、チビッ子にまで「カメラ忘れたから、遊んだれへ~ん」と言われてしまいました
「もう忘れんように、気を着けよ~と」
[PR]
by UncleTaku | 2010-07-01 14:44 | Fly Fishing | Comments(0)

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ