ウェットフライでライズを釣る・・・

ウェットフライ・フィッシングは水中の釣で、ライズを釣るには不向きと言うイメージがあると思います
確かにドライフライのそれに比べると決して得意とは言えないでしょう、しかし全く歯が立たない訳では有りませんし、条件次第では有利になることさえあるように思います

此処からは私家流、流行の言い方をすれば「オレ流」ライズの狙い方のお話です

一般的にウェットフライ・フィッシングは、フライを水中に打ち込んでフライ、リーダー&ティペット、フライラインそしてロッドの位置を整えてからドリフトして釣っていくのが基本的な動作だと思います
上流側からライズ目掛けてその動作をしても形が整うまで多少時間が掛かり流速が速ければ大した問題にもならないかも知れませんが、遅ければライズの主が定位している層より下へフライが潜ってしまい無視される事に成りかねません
しかもライズを発見し易いのはその様な、やや遅い流れの中と言う事が多いのでライズをウェットフライで狙っても・・・となってしまい易いのです
以前、私もそう思っていました
確かにウェットフライフィッシングの解説書には「ライズを釣るには、直接ライズを狙う」と言うような事が記されている物もあったのですが、その段階ではよく理解できていなかったのです

それでもドライフライフィッシング出身者としてライズを釣ると言う事は捨て難く、色々試行錯誤を繰り返し「直接ライズを狙う」と言うのはこの事か思えるようになったのが「ライズ直撃」と書いた方法です
それはライズリングに直接フライを打ち込むのでは無く、ドライフライ同様にライズの上流側30~60cmの同レーンにフライを打ち込む方法なのです

流れの中で定位しライズを繰り返す魚を観察していると、大抵の場合水面のライズ位置より上流側の水面下数10cmに定位して餌の流下を待っています
餌を見付けると泳ぐのでは無く流されるまま浮上し餌を銜え、流されながら水中に潜り、ある層にまで潜ったら元の位置まで泳ぎ戻るを繰り返しています(例外もある)
その深さは流れの速さによっても異なるとは思いますが、ライズした真下に居る事は稀でしょうし、そこまで危機感の無い魚を見た事は今まで殆どありません

即ちライズポイントにフライを打ち込んでも彼等の後方になり捕食行動を起こさせる事が出来ません、当然流速によりフライを打ち込む位置も変えなければならない事は言うまでもありませんが
ドライフライのそれと全く変わりはありません、違いがあるのは打ち込み後直ちにメンディングなどのテクニックでウェットフライとしてのナチュラルドリフトを演出する事でしょう
上手く行けばメンディングの直後、魚が水面に背中を出してフライに襲い掛かるシーンを目撃する事が出来ると思います
リードフライだけで釣をしている場合はドライフライと同様で良いのですが、ドロッパーシステムを駆使している場合はドロッパーとリードの間隔を少し短めにつめ(間隔は流速によって異なる)、ドロッパーをレーンに打ち込む方が良いでしょう
恐らく解説書に書かれているのはこの事ではないかと、今は思っています

あくまでも、これは私家流で絶対ではない事を再度付け加えておきます、悪しからず(笑)

追記:
背鰭から尾鰭までを水面に出してライズを繰り返す魚が、稀に居ます
またこのようなライズにドライフライを打ち込んでも反応が得られず諦めるしかない事が多いのですが、この様なライズにライズ直撃の方法がマッチする事が多く、ドライフライよりライズに有利になると言うのはこの時なのです
[PR]
by UncleTaku | 2010-05-29 17:19 | Fly Fishing | Comments(0)

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ