良く釣れるフライパターン・・・

「○×は良く釣れる良いフライですね~」とか、「どのフライが釣れるフライですか?」と言う話に出くわす事がよくありますね~
そんな時に「いや~、ケースバイケースですね」と答える事が、私の場合多いと思います
多分その返答を聞かれた方は、『いい加減な人だな~』と思われた事でしょうね
そう言う話の対象になり易いフライの代表選手が
d0119443_1641464.jpg
エルクヘアカディスやアダムスに代表されるスタンダードパターン等の有名パターン
しかし永くF.F.M.に愛用され現代に生き残っているフライパターンは、全て良く釣れるフライパターンである事は間違い有りません
ただ、ライズを繰り返す鱒にその捕食対象になっている物と全く似ても似付かないパターンのフライをプレゼントすれば、それが如何に名立たる有名パターンで有ったとしても銜えてくれる確率は非常に低いでしょうが・・・
逆に考えて、全く釣れないフライパターンと言うのが有るのでしょうか?・・・あくまでも私どもが作る様な私家パターンのプロトタイプ等と言う愚かな物を除いての話ですよ(笑)
それは
どのフライパターンが良く釣れるかと言う問題では無く、セレクトしたフライがその日の鱒達に好まれる『日替わり定食』で有るか否かと言う事では・・・?
[PR]
by UncleTaku | 2010-04-26 17:23 | Fly Tying | Comments(0)

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ