アマゴの追加放流・・・

を日曜日(4/18)にしたと、夕方になって漁協の監視員Y.S.氏から聞きました
今までの経験では追加放流されると活性が上がってきたはずの魚が極端にナーバスになり、当日は追加放流の魚だけが活発に餌を取り、その後1週間くらいは川全体がナーバスな状況に・・・有難いのですが、タイミングですね

そんな昨日の釣行ですが
スタート間無しに会った餌釣師は「今日はアカン、食いが悪うて朝から一匹も釣れん、放流したって言うてたのに」とぼやいていました
フライは見に来るがなかなか銜えようとはしないと、出会う殆どのF.F.M.も嘆くわ
ウェットフライも小さな魚信が来るだけで乗っては来ない、試しに水を切って水面に浮かべると魚が見に浮き上がっては元へ戻りまた浮き上がるを繰り返しアタックしてこない・・・かなりナーバスな感じです
昼を回ってやっと1尾を釣上げる事が出来ましたが後が続かない
夕方近くなって多少食い気が出てきたのか、反応も増え数尾をランディング
早瀬の中から
d0119443_13534628.jpg
メタボなニジマス
薄暗くなったプールで
d0119443_13554739.jpg
追加放流と思われるアマゴ、「会心の○×」といえるような魚には出会えませんでした

コカゲロウやエルモンヒラタらしいハッチが少量ありましたが、セキレイやツバメに片っ端から銜えられ確認するには至りません・・・そのくらい少ないという事ですけど(涙)

水温、釣果などは、H.P.に追ってUP致します

今日の雨で1m以上水位が上がるような事になれば魚が散り、この状況が一転するのですが・・・
[PR]
by UncleTaku | 2010-04-22 14:27 | Fly Fishing | Comments(0)

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ