アワセ

ドライフライ全盛期に、フライフィッシングが日本に広まったのが原因か?
あのエキサイティングなトップウォーター・ルアーフィッシングの様に魚が水面を割って襲い掛かる興奮を求めてなのか?
理由はよくは分かりませんが、ドライフライからフライフィッシングに入門される方が多く居られます。
かく言う私も、ドライフライから始めた一人ではありますが(笑)
しかしフライフィッシング暦の短い方で「ドライフライはアワセが難しい」と言われる方がよく居ます、どんな釣でも魚を釣上げるまでの流れの中でアワセは一番難しい部分になるはずなので、当然と言えば当然かも知れません。

で、今回はドライフライを中心に私なりの、アワセ(フッキング)孝を少々。

私がフライフィッシングを始めた頃は渓流の釣り上がりが主流の時代で、殆どのフライフィッシャーマンがドライフライの釣り上がりをされていました。
アップストリームにフライをキャストし流れ下ってくるラインの弛みを、竿先より下流にならない様そしてラインに不要なテンションを掛けない様にリトリーブしながらの釣りです。
リーダー&ティペットを含めたライン全体が手前に押し流されて来るのですから、魚がフライに飛び出した瞬間に上がる水飛沫と同時にアワセを入れても、フライに動きが伝わるタイミングは少し遅くなります。
ラインの状態でそのタイムラグが一定ではありませんのでフッキングが上手くいったり失敗したり、ところが数年後全体的に流行出したマッチング・ザ・ハッチの真似事(笑)をし始めるとアワセが上手く行か無くなりました。
当時は某公共放送の番組で「ヤマメは0.2秒で餌を見分ける」と実写映像を交えてテンカラ釣が紹介された事もあり、鱒族は俊敏な魚だと言うイメージが釣人の頭を占めていました、今でもそう思われている方は随分と居ますが(笑)、当然早アワセをしていました。
此処で少し考えてみて下さい。
ヤマメ、アマゴ、イワナ、ニジマス等サケマス科の魚は肉食で、彼等の餌生物は小型の甲殻類や小魚、水生昆虫を始とする昆虫等水に関わる或いは絡む小動物です。
それらの餌生物は彼等に銜えられた時に当然逃げようと暴れモガク物も居るでしょう、しかしそれは暴れる事はあっても決して在らぬ方向へ彼等を引っ張る事はありません。
テンカラ釣りは水面直下で毛鉤を操作して魚を誘き出す釣法です、毛鉤には絶えずテンションが掛かっている状態ですので魚が餌(毛鉤)を銜えた途端に在らぬ方向へ引っ張られる事になります。
余程の鈍感で無い限り違和感を感じてそれを吐き出そうとします、これが0.2秒云々の話に繋がる事になるのです。
ドライフライはどうでしょう、ナチュラルドリフトが心情のドライフライはドラッグ回避の為リーダー&ティペットはおろかラインにまでスラックが(意志とは無関係に、かも知れませんが)入っています。
当然魚がフライを銜えても何ら引っ張られる事は無いので貴方が思っているより長い時間口に銜えています、と言っても放りっ放しにして置けば吐き出すかもしれませんが(笑)
だからドライフライと言うかテンションの掛かっていないフライで魚を釣る場合は、逆に「早合わせは禁物」なのです。
「水飛沫を見て間髪入れずにアワセても掛からないのに、それ本当~?」と思われているかも知れませんね。

それでは次に魚が餌を銜える瞬間を考えて見ましょう
魚が餌を銜える時に彼等は口を開き同時に鰓蓋から水を放出して餌を水と共に吸い込みます、水面の餌を銜える時も同じ事です。
ところが水飛沫と言うのは水を勢い良く押し退けた時に発生する物です、吸い込むのとは正反対の事です。
恐らく我々が目にする水飛沫は魚が水面を割って出た瞬間の物ではないのでしょうか、フライを口にする前に引っ張っていたとすればフッキングしないのは当然の事でしょう。
ましてクロスやダウンクロスの様にスラックが伸びる方向にフライが流れている状態では尚更、スラックと言えども水面に乗っかっている以上水の抵抗を受けるので、この場合は特に竿の動きが直ぐに反映されてフライは動きます。

そうですね~例えば、もし貴方が少なくとも数年間の暦がある方なら、こんな経験をされた事は有りませんか?
釣の最中にフライを見失い諦めて次のポイントを探している間に、放りっ放しにしていたフライを魚が銜えて引っ張り結果アワセもしないのに釣れてしまった事・・・意外にそんなものなんです(笑)

今度の釣行で一度試してみて下さい
ドライフライに魚が出た水飛沫を見た時に間髪入れずにアワセるのでは無く、水飛沫が消え自分のフライが水面に残っていない(魚が銜えた)事を確認してから おもむろにアワセる。
「まさか~」と今思われているかも知れませんね、でも もしフッキングで悩んで居られるなら騙された心算で、100%と迄は言いませんがフキング率は上がると思います。
最も、信じるか信じないかは貴方次第ですが・・・

これは、あくまで私的アワセ(フッキング)孝ですので悪しからず(笑)
[PR]
by UncleTaku | 2010-01-11 16:08 | Fly Fishing | Comments(0)

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ