私的フロータント考

「リキッド/ペースト/パウダーのどのタイプのフロータントが良いのですか?」と質問される事があります。
現在のメーカーが製品として販売しているフロータントはどれも高性能で、どのタイプが良いとか悪いとか言う事は無いでしょう。
しかし、リキッド/ペースト/パウダーそれぞれのタイプに使用方法や性質の特性があるので、それを利用するのがベストでは無いかと思います。
ご存知だとは思いますが、そもそもフロータントと言われる品物は「シリコン系」「フッ素系」等と言われる撥水剤、付着した部分が水を弾く事で表面張力を維持しフライを水面に浮かべる手助けをする物です。
そう!決して、フライの比重を軽くさせ浮かせる魔法のアイテムではありません(笑)

使用方法としては
リキッドタイプは揮発性の高い溶剤に撥水素材を溶かし液状にした物で、容器内のフロータント液にフライをドップリ浸けたりスプレーで吹き付けたり、マニキュアのように刷毛塗りしたり(種類は少ない)する物。
ペーストタイプは粘りがあり少量を指で伸ばしてフライに塗り着けて使用しますので、浮かしたい部分にだけ着けると言った部分着けも容易にできます。
パウダータイプは乾燥剤と撥水剤の微粉末を容器に入れその中へフライを入れてシェイクする物や揮発溶剤に混ぜて液状にしたものをスプレー容器に入れて噴霧する物、撥水剤の微粉末を刷毛塗りする物等があります。

性質的には
リキッドタイプは一般的に浸透性が良くダビングボディーの繊維を含めたフライの隅々まで撥水剤でコーティングする事ができますが、浸透性が良いため部分着けには少々技術が必要になります。
ペーストタイプは粘性があるので付着性が良くティペットやリーダー、ラインにも塗布する事ができ持続性も良い、ただ浸透性の良い物は少なくフライを隅々までコーティングする事は難しい。
パウダータイプは乾燥性能を備え持った製品が多く、そう言う製品は使用中のフライの撥水能力を素早く簡単に回復させる事ができます、ただ撥水粉末が表面に乗っているだけなので持続性は乏しい。

以上の事から個人的には3種類とも携帯して渓流に出掛けます。
ドライフライで釣る場合
ティペット/リーダー/フライラインの先端部にペーストタイプを塗付け
水面に完全に浮かせるフライはリキッドタイプを全体に着けて乾かし、使用中の浮力回復にパウダータイプ
半沈み型のフライは浮かせたい部分にだけペーストタイプ又はパウダータイプを塗布
獣毛を用いたフライにはペーストタイプがマッチする事が多く、リキッドタイプと併用
などと言う風に使い分けています。

新製品が次々開発されますので、あくまでも一般的且つ個人的見解ですが。
悩まれている方の参考になれば・・・
[PR]
by UncleTaku | 2009-08-09 15:52 | Fly Fishing | Comments(0)

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ