魚の居場所

昨日、川の何処を釣る?魚は何処で餌を摂る?フライは何処を流す?など、鱒を釣るには何処を狙うかと言う話で盛り上がりました。
対岸の際の流れ・・・ヤナギの陰・・・岩の下流側・・・岩の上流側・・・開き・・・色んな場所が出てきます。
しかしそんな場所を全てを狙っていたのでは時間が掛かり過ぎますし、水位や流速などの条件によっても状況が異なります。
ではどんな場所に釣れる(可能性のある)魚が居るのでしょうか?
もし自分が魚だったら川のどんな場所に居るかと考えてみれば少しは理解できるかも知れません、『そんな事しなくても大抵は本に書いてあるよ』・・・確かにそうです。
しかし筆者が考えている状況と同じ状況を読者が共有している事は少ないと思います、経験の差で同じ図や写真を見ていても感じ方が異なる事が多いのではないでしょうか。
話を元に戻して、もし自分が魚ならどんな場所・・・
先ず眠るのなら?
魚がどのように眠るのか分かりませんが、眠ると言う事は脳と体を休める事でしょうから、流れが緩やかで突然の増水でも影響が少ない深場。
尚且つ外敵から見つかり難く身を隠せる障害物が近くにある、そして水が新鮮である場所。
くつろぐのなら?
適度な広さがあり快適な温度で、ゆったりと動く事ができ水通しの良い場所。
餌を摂るなら?
餌が多く流れ集まってくる場所で余裕を持ってその物を確認でき、外敵(鳥や獣や釣人)から見付かり難く且つ餌を待つ間の体力消耗を少なくできる場所。
これらはあくまでも私的に考える居場所で、これ以外は無いと言う訳ではありません。
しかし穏やかな流れの中層に魚が居るのに、その魚にどんなフライを投じても無視されたとか。
あるいは早瀬の沈み石の上辺りで魚が出たとか、瀬の開きや淵尻とか落ち込みの開きなどで魚を掛けた言う経験はされていると思うので決して外れていないのでは・・・
個人的にはくつろいでいる魚にフライを投げない(出来心でと言う場合はありますが)、ライズが見当たらない場合は餌が流入し易い流れの筋で居付く条件が整っていそうな場所を基準にフライを投入するなどしています。
ベテランの渓流釣師(F.F.M.を含む)からは「当たり前や」と言われそうな事ですが(笑)
水温や気象、流下餌生物の季節による変化や魚の生息数など絶えず条件が異なりますので100%的中すると言う事はありませんし、相手も生き物ですからまさかの場所に居て驚く事もありますが、ドライ/ウェットを問わず狙いの基準にしています。
不思議な事に、先行者が有ってもその場が竿抜け(狙わなかった場所)になっていたりして、良いサイズ魚を手にした経験が幾度と無くあります(速い流れは特に)。
どうですか?一度『自分が魚なら・・・』と魚の立場で考えた上で川を見て攻めてみるというのは・・・
[PR]
Commented by なみはやFF at 2009-07-29 11:09 x
ちわーっす。
今回は興味深いお話ですね。
まあ、同じ溪に行きたおしていると、おのずと解ってくるのでしょうけど。
アタシの場合はフライを投じたら最後まで気を抜かない。
これに尽きます。
ちょっとしたよそ見や油断でバラスことが多々あります。
出た魚を全てヒットさせるなんてことは不可能ですが、
少なくとも大事に狙えば釣果に結びつくと思います。
もちろん出る場所を考慮したうえでの話しですが・・・・
釣りあがりの場合時として意に反する所から出てくるからね。
其処がまた面白いんだけど。(笑
Commented by UncleTaku at 2009-07-30 13:41
>なみはやFFさん、こんにちは。
どんな渓流に行ったとしても渓魚の捕食場所の条件は同じ事だと思います、ただ季節による渓魚の体力だとか餌生物の流下条件の違い等で同じ場所でも居る時と居ない時が当然あります。
同じ渓流に通う事で条件の整った筋や石を見出す力は多少養えると思いますので、それも満更悪くは無いのでは?
相手も生き物ですからセオリー通りに行かないのは常、仰る通り「えっ!」という所から顔を出してくれるのも楽しみの一つですね(笑)
by UncleTaku | 2009-07-27 17:45 | Fly Fishing | Comments(2)

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ