NHKのデータ放送で天候をチェック
天川方面はほぼ終日曇り空と確認して出発
現地到着時ドピーカンの快晴雲一つない、その後積雲が南から流れるが空を覆うことはなかった
午前中全く反応が無く川から影が無くなった正午、ウェダーも脱いで休憩
気温が住居地より5~6℃ほど低いこの避暑地で昼食&団らん
午後3時過ぎ地形的に山の影が落ちる地点にまず入渓
午前中全く気配のなかった流れだが、目星を付けた筋の3投目にヒット
d0119443_19113330.jpg
朱点が見当たらないヤマメのような魚体、野生化した放流魚
その後、日影になった場所を選んで釣り歩くも全く無反応
むなしいがこの一尾だけにして早めの納竿
この時期雨でレインギアを着たのでは暑くて嫌だし、かといって炎天下では釣りにならんし
自宅から2時間弱かかるこの地まで、釣行を決断するのが難しい季節
河童が増えるおまけまでついてくるか・・・


[PR]
# by UncleTaku | 2017-07-21 19:35 | Fly Fishing

現地到着時、雨
そして本降り
正午過ぎ雨は上がり水位は到着時より10cm強上昇
その上、上流の川迫ダムの水位上昇でダム放流の放送
d0119443_22152896.jpg
瀬の良い流れからアマゴが顔を出すがどれも痩せている
釣行時間4時間半、水位が徐々に上がって川幅倍増
異様な増水で、魚の気配は消えました

[PR]
# by UncleTaku | 2017-06-30 22:31 | Fly Fishing

現地到着午前9時前
水位は回復してきたが、個人的にはもう10~20cm欲しいところ
d0119443_18010808.jpg
随分朱点の多いアマゴだが斑紋も腹部まで、体長は22cmあるが痩せている
d0119443_18012041.jpg
鉤掛が浅くバラシの多い1日ランディングするや否やフックが外れた、21cmこちらも野生体をしているが痩せている
夕方川虫を集める知り合いに虫の具合を聞いてみたが、浅瀬に居るヒラタ系の幼虫はかなりの量摂れたという
水位の低さ釣り人の多さが中流域CR区間近辺のアマゴをナーバスにしているのかもしれません
沖縄が梅雨明けし本州もこれから梅雨本番、水位が上がり安定することを期待して遠退きかけていた釣行意欲をもう一度振るい立て直しますか

[PR]
# by UncleTaku | 2017-06-25 19:04 | Fly Fishing

水位は低く私的良好レベルから40~50cm低い緩い流れ
やっとフライを銜えてくれたのは
d0119443_17050186.jpg
放流魚
淵の流れ込みを流し終えた緩い流れの中
他はウグイと
d0119443_17051209.jpg
このサイズの幼魚数尾
毎回思うのだが再生産の野生魚か?上流や支流に放流した発眼卵や稚魚が流れ下った言うところの放流魚なのか?
地元民は「本流で産卵はないだろう、谷から落ちたものだと思う」と言うがニジマスの野生魚がいる以上、可能性は否定できないと思う、嫌!あって欲しいと望む
話を釣行に戻して
夕方に数匹のカワゲラが産卵に戻ったりコカゲロウっぽい小型のカゲロウが数匹川面を舞ったが、何汚変化ももたらさなかった
こうなったら、雨乞いでもしますか( ´艸`)

[PR]
# by UncleTaku | 2017-06-12 17:25 | Fly Fishing

撃沈(05/26天川釣行)

たまたまアユの試し釣りに遭遇、16~18cmが目の前で吊り上げられ05/28日曜日解禁に向けて順調との事
最初に入れた稚アユの成長が思わしくなく、先週追加放流したアユだろうと地元のアユファンが話してくれた
川は前日の雨も焼け石に水、20~30cmほど減水状況
気の荒いアユが多く居るせいか減水のせいか、はたまたドピーカンの空のせいか全く反応が無くやっと掛けた一尾も目の前まで来て鉤ハズレ
夕方6時半を回ったころ俄かにカワゲラやモンカゲロウ、小型のカゲロウが川面に飛来したが、瀬の良い流れで出たのは体調20cm弱の赤い筋が入ったウグイ
鮎釣り師さん早々に大漁でアユの量減らしてくださいm(_ _)m
梅雨で水位が上がるの待ち遠しい
d0119443_18483063.jpg
日暮れの自販機に止まっていたナミトビイロカゲロウの♂、フタバコカゲロウやコカゲロウ類が数匹

[PR]
# by UncleTaku | 2017-05-27 19:10 | Fly Fishing

フライフィッシング・ランニング・自然・日常、おじさんの好奇心と色眼鏡ブログ